おきあがりタヌキ

   秋の夜長に月を眺めていると、どこからか、
たぬきの腹つづみの音が聞こえてくる・・・。
都会のお月見では、そんなことを想像することさえ
難しいようになってしまいました。

 でも月夜にたぬきって、なんとなく似合う気がするのは、
昔話や童謡の印象のせいでしょうか。

 「おきあがりタヌキ」は、赤ちゃんのために考えた布おもちゃですが、
たくさん作って一斉に揺らしたら、
幼い子どもたちの心の中に、物語の世界が生まれるかもしれません。

 

ガムテープの芯でおなかを作り、
中に鈴を入れます。
底におもりを固定させると、
左右にゆらゆら揺れます。

        からだはガムテープの芯の再利用。
おもりには、釣りの小道具の鉛を使っています。 
      静かな音を鳴らしながらゆっくり揺れて、やがて自然に止まる動きは、
赤ちゃんのリズムにピッタリです。

おきあがりタヌキ  ¥1800


 材料になりそうなものが手元にない、
赤ちゃん連れでは買いに行くことができないという方のために、
キットを用意しています。
ぴんくっしょん(教室)でも作っていただけます。
遠方へは、郵便でお届けします。
 いずれも、「ここを縫いますよ。」という線も描き入れていますので、
型紙を写し取る必要がありません。
◆ご希望の方は、インフォメーションをご覧ください。