★皆さまの作品

大江委久子の著書やキットから作ってくださった皆さまの
作品&メッセージを紹介します。


【このほか、ご自身のHPで紹介してくださっている方もあります。】
(リンクのページからご覧いただけます)

いつでもどなたでも、写真&メッセージをお寄せください。

皆さまの作品集 2002〜2011年は ここをクリックしてください

   
【布えほん「おやこ」/Nanakoさん】


 
 7か月になる娘へのクリスマスプレゼントに
 布絵本「おやこ」にチャレンジしました。

 裁縫も素人で、娘のお世話をしながらの布絵本作りは
 思うように進まずなかなか大変でした。

 でも「どんなふうに遊んでくれるかな」、
 「こんな声かけをして一緒に遊ぼう」
 と考えながら一針ずつ縫っていくのはとても楽しかったです。
 最後のページには娘仕様で、名前の刺繍を入れました。

 クリスマスの朝、さっそく娘に見せると、
 少し様子をうかがった後、引っ張ったり、
 動物の赤ちゃんを手に取って遊んでくれました♪

  【2016.12】 
     
【ピヨピヨかあさん/Nobukoさん】
 
 ピヨピヨかあさんを中国上海で作りました。
 
 6月に一時帰国したときにキットを購入した後、
 だいぶ時間が掛かってしまいましたが、
 ついに完成させることができました。


 よく考えればお裁縫で何かを作るのは中学生以来で、
 非常に苦戦しましたが
 子供は「ニワトさん」「ヒヨコちゃん」と毎日喜んで遊んでくれて、
 とても嬉しいです。


  【2016.12】 
  【いないいないばあ/Minakoさん】

 いないないばあを舐めながら育った長女が、
 4月から保育士デビューしました。

 中学校の同級生の出産祝いに何かを買おうと思った彼女が、
 宇治の絵本と木のおもちゃの店キッズいわき・ぱふで選んできたのが、
 何と「いないないばあ」のキット!

 仕上げたのを見せてくれたので、
 目の表情がとてもかわいいねえと言ったところ、
 毎日実物を見てるしなんて言ってました。

【2016.8】 
  【くるりんザウルス/Tomomi さん

 4歳の次女が、今年は自主保育をしていて、
 わらべ歌で遊ぶ広場にお世話になっていました。

 4月からは他の園に入園するので、
 わらべ歌の先生にお礼をお渡ししたいと思い、
 くるりんザウルスを思い出しました。

 そして早速作りました。やっぱりかわいいです。

【2016.3】  
   
   
【いないいないばあ/Minako さん】

 9月月末に出産した知人が、いないないばあを
 赤ちゃんへのクリスマスプレゼントに早速作られたのこと。

 筒は近所の畳屋さんでもらって、
 棒は御主人がホームセンターで買ってきてくださったそうです。

 手作り大好きなので、図書館で大江さんの著書も借りられて、
 いろいろ期待されてるようですよ。

 来年4月からは保育園へ入所される予定なので、
 余計に今を大切にされてる感じが伝わります。


【2016.1】
    【布えほん「おやこ」/綾子さん】

 娘の3歳の誕生日プレゼントにと作った、
 布えほん「おやこ」ができあがりました。

 カンガルーのページに、キットにはなかった草原を
 フェルトで縫い付けました。
 ぶたさんとコアラさんのページは、マジックテープで取り外しのできる
 雲と太陽を付け加えました。

 娘がこぶたさんを雲の上に乗せて遊んでいます。

【2015.9】
 
 
【オリジナルのガラガラ/Hさん】

 
 地域のお母さんのオリジナルのガラガラです。
  赤ちゃんが喜んでなめて何回も洗ったので、
  毛羽立ってきたそうです。かわいいですね。


     ★9月1日の「きのう・きょう」でお伝えした、
        布絵本をあきらめて作ったというガラガラの写真を
        Hさんが送ってくださいました。

 【2015.9】

    【三つ折り布絵本・ホットケーキ
       おもちゃばこフォーラムin京都21th】


 おもちゃばこフォーラムin京都の
 夜のおとなのためのワークショップで、布おもちゃは
 三つ折り布絵本「ホットケーキ」を作りました。

 プログラムでは1時間半なので、
 その時間内で仕上げられるように逆算して、
 5人の定員分の土台をほとんど完成させて提供する、
 という大サービス! 
 おかげで男性も気軽に参加してくださいました。

 当日はホットケーキを2枚を縫って、
 材料やトッピングは縫わずに作れる方法で
 それぞれに工夫して完成させました。


【2015.6】
 
 
 
【くまさんガラガラ&あんよガラガラ/由美子さん】


 娘が無事に男の子を出産しました。
 退院して実家に帰ってきた日の写真です。
 
 私が作ったあんよガラガラは少し顔が曲がってしまいましたが(汗)

 くまさんガラガラはかわいくできました!

【2015.5】 
  【あんよガラガラ/順子さん】

 孫にあんよガラガラを作りました。
 5月の連休に会いに行きます。

 お嫁さん情報によると、音の出るものが好きの
ようですが、
 大のお気に入りはタマゴからヒヨコの変身のようです。


 
 
【2015.4】 
  【おべんとうミニタペストリー
  /大阪府高槻市立如是公民館】


 小学生が、縫わずに作れて、何度でも取ったり付けたりして遊べる
 お弁当ミニタペストリーを作りました。

 29人の参加があり、高学年は友達同士で、
 低学年はお母さんやお父さんと相談しながら、
 彩り豊かなお弁当が完成しました。

 型紙を用意していきましたが、ナスやブロッコリー、豆、卵焼きなど、
 型紙のないオリジナルのおかずもたくんさん生まれました。

 おにぎりも、見本は海苔巻きだけでしたが、
 ゴマや梅干しなどもできました。

 
 【2014.7】
  
 
 
 

【ごっこミカン/綾子さん】

 ごっこみかんが出来上がり、娘のお気に入りになっております。

 私におもちゃのみかんを渡すと、
 本物のみかんとかえっこしてもらえると思っているらしく、
 「ん!」
 と言って私にごっこみかんをくれます。

 ごっこバナナも同じようにします。

 もちろん食べるまねをして遊んでくれたりもします。

 喜んで遊んでくれているのがわかるので、
 本当に作って良かったなぁと思う瞬間です。


【2014.2】
   【くっつきミニタペツリー
  /大阪府高槻市立芥川公民館】


 小学生の親子が、オーナメントを取ったり付けたりして遊べる
  ミニタペストリー(18p角)を作りました。

 お母さんのオリジナルのトナカイやトナカイや、
 男の子が作った恐竜やバナナがくっついているツリーもあります。


【2013.12】
 
 
 


【おおきいいないいないばあ/Motokoさん】


 10月31日、子うま文庫主催の「いっしょに作ろう布おもちゃ」の講習会で
 「おおきいいないいないばあ」を作りました。

 当日は月1回開いている「子育てサロン」に来ているおかあさんと
 子どもたち、 お孫さんのためにと参加してくれた方々、

 北醍醐の社協の役員さん、産休中の保育園の先生、、、
 といろんな世代の方が集まってくれました。

 久しぶりに針と糸を持つという人もいましたが、
 みんな、時間内にかわいく作ることができました。

 出来上がった「いないいないばあ」を早速、
 おりこうさんで待っていたお子さんに見せてあげるお母さんの笑顔が
 素敵でした。

 この事業は京都新聞社会福祉事業団の「子育て仲間を応援」
 助成を受けて実施しました。

【2013.11】 
   【身長計/Toshioさん】

 
TA-TANつうしんNo.95 &No.96 に載っていた、
 身長計と手型スタンプノート(注)を見て、 
 娘が、孫に作りました。

 盆帰りのいい記念になりました。

 (注:「新・幼児と保育」2〜3月号に提供)


【2013.9】
  【いちごのケーキ/Ayakoさん】
 
  1歳の誕生日を目前にして、
  やっとこさケーキが出来上がりました!

  華奈が大喜びでろうそくを食べています。

 
【2013.8】
     【おはなしペンケース
 /高槻市立富田青少年交流センター】


 夏休みに、大阪府高槻市立富田青少年交流センターで、
 小学生と一緒におはなしペンケースを作りました。
 フェルトを三つ折りにして、ふたと内側が絵本のページのように
 お話になるように、アップリケを考えて貼ったり縫ったりします。

 たとえば、山吹色のフェルトを使った低学年の女の子は、
 膨らんだつぼみに雨が降って、
 ページをめくると虹が出て、花が開くというお話を、
 お母さんと一緒に考えました。

 1人で参加した4年生の男の子は、
 海の中で魚たちが仲良く泳いでいると思ったら、
 次のページで、みんな黒い魚に食べられてしまう、というお話を
 作っていました。

 1人で来たこの中には、4年生でまだかていかを習っていないので、
 ボタンをボンドで貼り付けようとしていました。
 そんなときはお手伝いをしましたが、それ以外は
 自分で考えて、自分の手で形にしていく楽しさを
 味わってくれたのではないかと思います。

【2013.8】
   
   
   
  【にぎにぎガラガラ/Junkoさん】
 
 友人の娘さんが出産するのでお祝いにキットを送ったら
 「裁縫は苦手だけど、できました〜!」と写真が届いたので、転送します。

【2013.5】
 
  【エプロンうさぎとおんぶひも/由美子さん】

 習い事の先生のお子さんへのプレゼントに半年掛けて作りました。
 「作った〜」という満足感でいっぱいです。

【2013.1】
 
 
     【ツリーベル・天使のベル/真上公民館】


 大阪府高槻市立真上(まかみ)公民館で、
 小学生の親子向けの講座を担当しました。

 内側に鈴を付けて、円すい形の後ろ側と裾のステッチは針と糸で縫い、
 飾りは自由に貼り付けました。
 円すいを持ち上げると土台と離れて、揺らすと音が鳴ります。

 上段左は、真ん中がおばあちゃん、左が孫の女の子、
 右がその弟くんの作品です。
 女の子が作ったツリーには、足もとにプレゼントが置いてあります。

 耳や手足が付いている天使は、
 一人で参加した6年生の女の子の力作です。

 下段左は親子で作ってくださいました。

 それぞれに楽しんでいただけたようで、よかったです。

【2012.12】
   
   
   
【オリーブタワー/アトリエ・オリーブ】 

 
 TA-TANつうしんに「オリーブだより」と題して、
 アトリエ・オリーブの活動を紹介してくださっているKuzeさんから、
 2012年11月発行のつうしんNo.94の「オリーブタワー」の画像が届きました。

**********************************

 自宅にあったいろいろな空き箱を使い、子ども達の絵も貼り、
 完成したら高さは2.5メートルになりました。
 床には子ども達1人1人が作った「お店」が人数分並び、
 とても賑やかな「オリーブタワー」のある町作りになりました。
 (TA-TANつうしんNo.94より)

**********************************

 ちなみに左側にあるのは、Kuzeさん作の「ちいさなシャガール美術館」です。

【2012.11】
 
【季節を楽しむミニタペストリー/Tamaちゃん


 6月のおもちゃばこで作ったタペストリー、
 今回の月替わりで貼り替えられるテーマは、娘ががとても気にいっています。

 夏は金魚鉢とスイカを貼っていたのですが、9月のがない!ということで、
 お月見テーマで作りました。

 11月の紅葉の葉が一枚だと寂しいから二枚目を作ったり、
 12月はツリー横にプレゼントを作ったり、
 4月の分がない!ということで、本人希望の桜を作ったり…と
 裏面が随分にぎやかになりました。

 本人が切りたいと意欲満々で作りました。

【2012.9】

 
【プチいないいないばあ・おおきいいないいないばあ/佐知子さん】

 最前列が、キットで作ったプチいないいないばあ、後ろに大勢いるのは、
 ペットボトルで作った、おおきいいないいないばあです。


 「いないいないばあのくまちゃん」は、児童館の0歳児の集いなどで、
 大活躍です。
 私も1歳児のつどいの最後のお楽しみとして、毎回おこない好評です。

【2012.7】
 
  【プチいないいないばあ/恵子さん】

 NPOで働いているのですが、職場で大人気です。
 意外なことに、男性の間でも人気を博しています。
 女性の中には、自分も作ってみたいとおっしゃっている方もいて、
 話題が広がり、楽しい時間を過ごしています。

 
【2012.5】
  【おっぱい子ブタ・切り株から子リス・
 カタツムリの指人形
 たぬき・きつね・ねこのハンドパペット/ゆきこさん】 


 手元にあるタオルやフェルトを利用して、
 甥や姪の子ども達に作ってみました。


【2012.5】
 
 
【布絵本/登志江さん】

 滋賀県草津市で保育士をしています。
 
 児童館に勤務して0歳の親子から小学3年生までの子どもと
 関わっていたときに作りました。

 おせち料理はお正月のお料理として、
 子どもたちにこんな食べ物があることを知ってほしくて作りました。
 作り始めた時はお重いっぱいになるのかなと思いつつ作っていましたが、
 出来上がった時には3段いっぱいになり、とてもうれしかったです。
 布絵本は子どもよりもお母さんたちが興味を持って見てくれました。
 (子育てサロンといって親子で活動する場で使用しています)

【2012.4】