TBD
TBDとは アプロ−チ 実例・実務 雑考・情報 毎日ご案内









ビジネスマンが知る法的キ−ワ−ド

テクノビジネスプロデュ−サ−  張輝


No 関連法 例示 個人的コメント 注目シ−ン 参考http
1 知的財産関連法 特許法、商標法、 著作権法、不正 競争防止法、etc 知的財産は「創造性重視」の現代的企業経営に必要な「戦略的資産」の一つであり、大きな価値のある「競争の武器」となっている。事業戦略の展開の中でそれを戦略的に活用するためには、知的財産という資産が何らかの形になってはじめて検討するのではなく、最初から何を狙って、普段からどう構築し、そしてどう戦略的に展開するかで勝負していく必要があろう。 別途 例示
2 独占禁止法 私的独占、不当 な取引制限、不公正な取引方法、etc 日本では「経済憲法」と言われるほど重要と思われながらも、司法試験では選択科目として扱われている。しかし、規制緩和が加速化されつつある中では、市場競争が更に激しくなり、公正な競争秩序が一層求められ、公正取引委員会への増員もその必要に応じたものと考えられる。不当な取引制限、優位な地位の濫用、不当廉売など、常に心がける必要があろう。 入札談合など独占禁止法に違反した企業に対する罰金を現在の1億円から5億円に引上げる方針が発表。 後日
3 安全保障輸出管理法 今日、輸出管理は「ココム型輸出管理」から「不拡散型輸出管理」へと変わってきた。世界の平和と安全を維持するために、経済活動の一部(輸出活動)を制限することがこの法律の目的であるが、グロ−バルな経済活動言い換えれば後述する国際取引が当然のようになってきている現在、何が制限されているのかについて国際取引契約の前に確認すべきであろう。 別途 後日
4 証券取引法(インサイダ−取引規制) 後日 別途 例示
5 労働派遣法 平成11年12月に労働派遣法が改正され、派遣できる業種が一部を除いて自由化された。人材派遣ビジネスを行おうとする方も人材派遣の対象とされている方も労働関連法に定められている権利義務関係等にチェックする必要があり、労働派遣法改正の目的や指揮命令系統の関係、そして他の労働関係法との関連性などには特に留意すべきであろう。 別途 後日
6 製造物責任法 日本では最も短い法律とも言われる、いわゆるPL法であるが、物の製造者等について、その製造物に欠陥があり他人の生命・身体・財産に損害を与えた者の損害賠償義務を定めている。あくまで、商品の欠陥により、怪我をしたり、火災の発生をもたらしたりした場合に適用される法律ではあるが、民法との関係を踏まえながら、事前に関連対策を構築して行くのが大変有益と思われよう。 別途 例示
7 環境関連法 環境基本法、省 エネルギ−法、大 気汚染防止法、etc 公害問題から地球環境問題へと変貌されてきた中で、気候変動枠組条約が締結されたことに続き、つい最近、京都会議で更に二酸化炭素を抑制する新しい数字目標が決定された。今後どのような形で各関連企業のビジネスの中で実現されて行くかが問われることになるが、環境ビジネスが現代ビジネスの中で重要なキ−ワ−ドの一つになったことからもそれにフォロ−しよう。 米国抜きで京都議定書の運用規則が最終合意したことに日本企業の温暖化対策が加速。 後日
8 商法 従来であれば、商法は企業間のビジネスというよりも企業内部の諸関係を規定する法律と思われる部分が大きかったが、近年、日本企業の国際的競争力の増強などに資する「企業分割法制」等の改正のように、企業間のビジネスそして「集中と選択」という企業の事業戦略や事業再編にも大きな影響を与えて行くことになりつつあることから、商法に対する実務的再認識を改めよう。 別途 後日
9 独立行政法人法 独立行政法人個別法 後日 別途 例示
10 国際取引法 現在のところ、「国際取引法」という単一の法体系は存在しないが、取引の権利義務関係を直接的に規律する民法や商法などの規範(実質規範)のみならず、権利関係を準拠法の選択により間接的に規律する狭義の国際私法たる規範(適用規範または抵触規範)も含まれ、さらに実体法と手続法も併せて適用され、国内法のみならず国際法も含まれる。国際ビジネスに従事されるビジネスマンにとってはその基本を知る必要があろう。 別途 後日

日経BP社 ビジネスマンの新常識−−IT法律知識でしっかりリスク管理