新規サイト005

メニュー2


    訴状 

  BPO血液型慰謝料請求事件

東京地方裁判所             御中

原告  岡野誠     印


2011年8月8日

郵便番号351
埼玉県和光市●●●

原告  岡野誠  

電話・FAX ●●●



〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1-1 
千代田放送会館7階

被告 放送倫理・番組向上機構(BPO)    代表者  理事長  飽戸 弘  


電話   03−5212−7333  
FAX 03−5212−7330






   請求の趣旨  

1,  被告は、原告に対し、金20万円および2004(平成16)年12月8日から完済まで年5分の割合による金員を支払え。

2, 本来の血液型人間学 (ABO式遺伝子の人間学) に関する番組を放送することは、民放連が定める放送基準の「第8章表現上の配慮」54条には抵触しないことを確認する。 

3,  本来の血液型人間学(ABO式遺伝子の人間学)とは、4つの性格の話でもなく、占いの世界でもない学術的なものであることを確認する。

4,   2004(平成16)年12月8日付け、被告から放送各局へ要請した「血液型を扱う番組」に対する要望を即刻取り下げろ。

5,  放送倫理・番組向上機構(BPO)ホームページ上に現在掲載中の上記本件要望をすみやかに削除しろ。

6,  訴訟費用は被告の負担とする。

  との判決及び仮執行の宣言を求める。


  請求の原因は、別紙のとおりとする。






          次へ