中村らんアトリエ


これまでの仕事


新築


増改築


プロジェクト


渡辺明設計事務所での仕事


赤の家

一戸建ての住宅 (設計監理補助として参加 )
延べ面積1499.99m2  2005年竣工

設計事務所入所初めての仕事は、とても大きな住宅でした。
クライアントは、床に使う数種の大理石を求めてイタリアを訪れたり、
温泉プールやバーベキューハウスを希望されたり、
壮大なスケールに、カルチャーショックを受けたことを覚えています。

漆喰や石、型づくりから始める外壁や天井の仕上など
様々な素材で、質の高い空間が出来ていくさまに、
とても興奮しました。

初めて描いた原寸大の施工図は、ガス式暖炉。
「納まり」について考えることの楽しさに気付き、
また、家具・造園まで含めた場の造り方を
自身の暮らしも含め、考えるきっかけになった案件でした。


千本松沼津倶楽部

会員制宿泊施設及びスパ・レストラン施設
(ホール棟増築・数寄屋建築増改築実施設計・監理担当として参加)
延べ面積1373.90m2  2008年竣工

分離発注方式で行われた工事。
版築壁や中国から輸入する分厚い敷瓦、吉野の杉材。
「赤の家」同様、ものづくりの醍醐味を感じた案件でした。
担当した部分の色々な詳細図面を、
初めて任せてもらえました。
寸法に不安を感じたら、必ず原寸で描いてみる。
そんな習慣を「赤の家」以来実践していました。

既存の数寄屋建築の改修では、
木造建築、殊に数寄屋の面白さに気付き、
仕事の合間に、村野藤吾の数寄屋建築を見て歩いたり、
一流のスパとは何かを知りたくて、都内屈指のスパへ施術を受けに行ったり、
一流リゾートを知りたくなり、アマンリゾーツを訪れたりしました。

現場でものづりに携わる人々には、
引き続きお世話になり、フォローをして頂き、頭が上がりませんでした。


高原の家

週末住宅 (設計監理担当)
延べ面積245.52m2 2009年竣工

八ヶ岳連邦を見渡す素晴らしい立地でのお仕事でした。
内装は天井は5寸角の杉を仕上げとし、
床はクロアチア産のライムストーン。
真冬でも快適に使えるよう、設備要素も重点的に設計しました。

仕入れ前後の木材や木製サッシ、鉄骨部材など、
材料が作られる土地 -吉野や富山、気仙沼- を一つひとつ訪れたことも思い出深いです。

ちょうどこの時期、一通り建築設計の流れを理解したように思えたため、
一級建築士資格試験を受験しました。勉強時間捻出のため、
一日を秒単位で区切りながら仕事をしていたことも思い出です。