★★★ バベルの塔 ★★★                   2000.2.9

 旧約聖書に出てくる「バベルの塔」
天にも届くほど高い塔を造ろうとしたため、神の怒りに触れ人間の言語を混乱させて建造を妨害し、塔は崩れ落ちてしまいます。
この絵は、ブリューゲルが 1563年に描いた「バベルの塔」です。

           ( マイペディア98から )            

 バビロン(バベル)は、バグダッドの南約90kmのところにあります。 
実際の「バベルの塔」は、ブリューゲルが描いたような、らせん状の塔ではなく基底部が方形で7層の建物でした。塔の跡は現在も残っていますが、今は、窪地だけに なっています。 
 

バベルの塔復元図と現在の「バベルの塔」跡地 ( イラク文化芸術省のパンフレットから )

 

 

Google マップの航空写真 バビロンの遺跡 (航空写真、上のほうは「七不思議 空中庭園」の跡です)

 

 この塔とよく似た建物がイラク南部に残っています。ウルのジッグラトという約4000年前の建物で、現在は2層だけが残っています。最上段には神殿がありました。

 

 なんの知識も持たず、この建物に近づいていったとき、これは、最近造られたものだと思いました。それほど現代的と思えるほど立派な建物だったのです。日干しレンガは、天然のアスファルトで固められています。レンガのところどころに、楔形文字の刻印が押されているのが、4000年前の建物であることを実感させます。
 余談になりますが、この近くの住居跡には、旧約聖書に出てくるアブラハムが、カナンの地に赴く前に住んでいた家というのがあります。
 遺跡発掘のため深く掘られた穴の地層には、「ノアの箱船」の物語を連想させる、大洪水の跡が見られます。そして、ここからさほど遠くないところに、チグリス川とユーフラテス川が合流した地点があり、緑豊かなこのあたりは「エデンの園」と呼ばれています。川辺にりんごの木があり、人差し指と親指で円をつくったぐらいの大きさのりんごの実がいっぱいなっていました。

Google マップの航空写真 ウルのジッグラト (衛星写真右下の建物跡にアブラハムの家があります)
 
 ブリューゲルは、実際の「バベルの塔」とは違う形の塔を描きました。
ブリューゲルが「バベルの塔」のモデルにしたと思われる塔が、バグダッドの北約50kmのサマッラにあります。

Google マップの航空写真 サマッラ 

 この塔(ミナレット)は、約1000年ぐらい前のものと思われます。
らせん状の上り坂は、はじめは幅が広いのですが、上に行くにしたがって狭くなり、おまけに頂上付近は崩れていて、落ちてもしょうがないと思いながら登ったのですが、上からの眺めは最高でした。 フォトギャラリーNO.22の写真「黄金色のモスク」は、この塔のてっぺんから、サマッラの町を撮ったものです。
                   Photo Gallery No,22 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 イラクには、何万ヶ所という古代遺跡があります。

バビロンなど、ほんのわずかの遺跡を除けば、ほとんどが野ざらしの状態でした。

しかも、遺跡の側に軍事基地があるところも多く、チャーターした車で砂漠を何時間も

かかって遺跡に着いたのに、銃を持った兵士に「30秒以内に立ち去らないと逮捕する!」と警告され、やむなくUターンということもありました。

 湾岸戦争と、今も続く米英の空爆(ほとんど報道されていませんが、つい最近、イラクから帰国したNGOの人の現地報告を聴きましたが、今でも、爆撃は続いており民間人が被害にあっています。)により、古代遺跡の破壊がどれほどのものなのか分かりません。

 

 古代遺跡の話からそれますが、湾岸戦争に参加した米兵とその家族に「湾岸戦争症候群」という病気が広がっています。原因のひとつに考えられているものに、戦車を破壊するほど威力のある「劣化ウラン弾」の影響があります。

弾が破裂した後、劣化ウランは粉塵となって大気中に広がり、それを吸い込んだためと考えられています。今、イラクでは白血病の子供たちが急増しており、経済制裁によって医薬品も入らないため、ほとんど何の治療も出来ず、苦しんで死んでいきます。

風に乗った劣化ウランの粉塵は、クゥエートの子供たちも苦しめています。公式には発表されないため、実態は分かりませんが、NGOの人の話では、イラク以上に白血病の子供たちが増えているのではないかということです。

 経済制裁によって苦しむのは、サダム・フセインではなく、一般の国民です。

アメリカにとっての「正義の戦争」は、何の罪もない女性や子供たちを苦しめます。

 かつての旧約聖書の世界で・・・石油と金と権力への欲望ために、イラクの子供たちを殺しつづける、アメリカ政府を許すことが出来ません。

 

 ─── イラクの子供たち  バスラ市 シンドバッド公園で ───

 ご質問、ご意見は、こちらまで