モリアオガエル

    の ジオラマ

 

カエル工房

 

 

 

樹木に若葉が茂る5月、モリアオガエルの繁殖が始まる。

メスをよぶオスの鳴き声は,盛夏まで夜通し続き、その声に導かれてメスが現れると、抱接,産卵が行われる。

ふだん、樹上生活を送るこのカエルの産卵場所は、池や沼に張り出した枝先である。

枝先につくられた泡巣の中で卵はかえり、オタマジャクシとなって水に落ちる。

 

「週刊 日本の天然記念物

 07 モリアオガエル」 から 

 小学館/発行

生息地によって、背中の斑紋があるものと、ないものがいる。

カエルになって、森に住めたら

  いいねぇ・・・・

 

 

                                     2003.9.19