ライトを継ぐ者たち

amano_taro.jpg



遠藤新の薫陶を受けライトの下に学んだ

天野 太郎

(あまの たろう)1918ー1990

1918年(大正7年)に広島に生れる。
早稲田大学卒業後に鹿島建設設計部に入社し、目白ヶ丘教会の設計のため遠藤新建築創作所に樋口清、吉原正らと出向する。遠藤新の薫陶を受け、1952年(昭和27年)に彼の師であるライトの下に遊学する。
1955年(昭和30年)工学院大学建築学科助教授、教育の傍ら吉原正、武藤章とともに設計活動を始める。
1961年(昭和36年)トルコ・アンカラ中近東工科大学建築学科客員教授。
1964年(昭和39年)には東京芸術大学教授となり、教鞭をとりながら芸大のキャンパス計画を行なう。

初期の作品では、ライトやアルヴァ・アールトの影響を受けながらも、模倣に終わらないヒューマンでのびやかな建築を創作した。日本における伝統的な空間を評価しつつ、時代性を読み取りながらも生活に根ざした建築のあり方を考察し、戦後のモダニズムを昇華させた。

shinhanayashiki.jpg新花屋敷ゴルフクラブハウス
主な作品
1955 音羽の家(石川六郎邸)
1959 新花屋敷ゴルフクラブハウス
1959 日本オルガノ商会
1961 武蔵嵐山カントリークラブ
1962 親子の家
1964 東京芸術大学図書館
1968 東京芸術大学絵画棟
1970 旭川神楽岡ニュータウン
1970 ホテル長野国際会館
1971 東京芸術大学彫刻棟
1973 旭川文化会館

主な著述
1954『フランク・ロイド・ライト』天野太郎・樋口清・生田勉 彰国社
1967『フランク・ロイド・ライト1』天野太郎・浦辺鎮太郎・二川幸男 美術出版現代建築家シリーズ
   『十軒の家 三つの枡目』建築07 
1972『現代日本建築家全集13 生田勉・天野太郎・増沢洵』栗田勇監修 三一書房
1979『住宅建築7 特集 天野・吉原設計事務所の仕事』建築思潮研究社
2001『有機的建築の発想—天野太郎の建築』吉原正編 建築資料研究社

(平井 充)