ライトを継ぐ者たち

tsutiura_fusai.jpg



タリアセンにて夫婦でライトとの親交を深めた

土浦 亀城

(つちうら かめき)1897−1996

茨城県水戸市に生まれる。東京帝国大学建築学科に在学中、先輩である遠藤新の紹介で工事中の帝国ホテルを訪れ、フランク・ロイド・ライトに出会った。現場を手伝うようになった土浦は、大学を卒業した1年後の1923年4月、信夫人とともに渡米し、当時ウェスト・ハリウッドのハーパー通りにあったライトの事務所に勤務した。翌年ウィスコンシン州タリアセンに移り、1925年秋まで勤めたのち、1926年1月に帰国した。

ライトの事務所では、コンクリート・ブロックの住宅や、「Doheny Ranch」「Lake Tahoe Summer Colony」「National Insurance Company Building」「Gordon Strong Automobile Objective」などの計画に携わった。

帰国後、株式会社大倉土木に勤務し、1934年に土浦亀城建築事務所として独立した。以後、日本における国際様式のリーダー的存在として、1969年に事務所を閉鎖するまで多数の作品を残した。

住宅作品としては、自邸2件を含めた初期の木造乾式構造の小住宅がよく知られている。

tsutiura_jitei.jpg土浦亀城邸
主な作品
1931年 トクダビル
1935年 野々宮アパート
1935年 土浦亀城邸
1938年 強羅ホテル
1954年 国際観光会館






土浦 信

(つちうら のぶ)1900ー1998

吉野作造の長女として、本郷に生まれる。誠志小学校、東京女子高等師範学校附属女学校、アテネ・フランセで学び、1922年に土浦亀城と結婚。翌年亀城とともに渡米し、フランク・ロイド・ライトのもとで建築を学ぶと同時に、通信教育で設計の基礎を学んだ。ライトの日本美術コレクションの整理なども手伝い、ライトから「ビッグ・リトル・ノブ」と呼ばれるほど親交を深めた。

帰国後、日本初の女性建築家として、個人または土浦亀城との協同設計をとおして昭和初期の日本の住宅改良に貢献した。しかし、1937年頃より建築界を離れ、写真や抽象画の分野で活躍した。

1935年(昭和10年)に完成した二つ目の自邸「土浦亀城邸」は、白い箱型のモダニズム建築でありながらも、ライト独特の流れるような空間構成が基調をなしており、現在東京都有形文化財に指定されている。

信個人の作品
1929年 朝日住宅設計モデルハウス

土浦亀城との協同設計による作品
1930年 谷井邸
1930年 大脇邸
1931年 五反田の自邸
1935年 土浦亀城邸

(田中厚子)