有川智己の研究業績

慶應大学の研究者総覧はこちら

1. 原著論文(査読付き)

(1) T. Arikawa, H. Tsubota, & M. Higuchi. 2006. A reappraisal of Pylaisiopsis (Sematophyllaceae). The Bryologist 109(3): 381-390.

(2) M. Sugita, Y. Miyata, K. Maruyama, C. Sugiura, T. Arikawa & M. Higuchi. 2006. Extensive RNA editing in transcripts from the psbB operon and rpoA gene of plastids from the enigmatic moss Takakia lepidozioides.  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 70(9): 2268-2274.

(3) 有川智己・木口博史・杉村康司・平岡照代・平岡正三郎.2005. 神奈川県のオオタマコモチイトゴケ.蘚苔類研究9(2): 60-61.

(4) 樋口正信・有川智己.2005. 長野県八ヶ岳のナンジャモンジャゴケ.蘚苔類研究8(12): 400-401.

(5) 樋口正信・有川智己.2005. 静岡県北部に位置する光岩で確認された絶滅危惧蘚類数種.蘚苔類研究8(12): 402-403.

(6) M. Sugita, C. Sugiura, T. Arikawa & M. Higuchi. 2004. Molecular evidence of existence of rpoA gene on the basal moss chloroplast genomes: rpoA is a useful molecular maker for phylogenetic analysis of mosses. Hikobia 14: 171-175.

(7) 樋口正信・有川智己.2004. 長野県南信濃村のイトヒバゴケ,レイシゴケ,イシヅチゴケ.蘚苔類研究8(9): 281-282.

(8) T. Arikawa. 2004. A taxonomic study of the genus Pylaisia (Hypaceae, Musci). Journal of the Hattori Botanical Laboratory 95: 71-154.

(9) T. Arikawa & M. Higuchi. 2003.  Preliminary application of psaB sequence data to the phylogenetic analysis of pleurocarpous mosses. Hikobia 14; 33-44.

(10) T. Arikawa & M. Higuchi. 2003. Preliminary phylogenetic analysis of Pylaisia (Hypnaceae, Musci) and its relatives based on rbcL gene sequences. Journal of the Hattori Botanical Laboratory 94: 87-106.

(11) T. Arikawa & M. Higuchi. 2002. Phylogenetic positions of the genera Isopterygiopsis and Herzogiella (Musci) based on rbcL gene sequences. Bryological Research 8(5): 137-147.

(12) H. Tsubota, T. Arikawa, H. Akiyama, E. De Luna, D. Gonzalez, M. Higuchi, & H. Deguchi. 2002. Molecular phylogeny of hypnobryalean mosses as inferred from a large-scale dataset of chloroplast rbcL, with special reference to the Hypnaceae and possibly related families. Hikobia 13: 645-665.

(13) 有川智己・田中敦司・西村直樹.2002. キノクニキヌタゴケのさく歯のSEMによる観察.蘚苔類研究 8(3):84-88.

(14) E. De Luna, W. R. Buck, H. Akiyama, T. Arikawa, H. Tsubota, D. Gonzarez, A. E. Newton & A. J. Shaw. 2000. Ordinal Phylogeny within the Hypnobryalean Pleurocarpous Mosses Inferred from Cladistic Analyses of Three Sequence Data Sets: trnL-F, rps4 and rbcL. The Bryologist 103(2): 242-256.

(15) 有川智己・樋口正信.1999. 中肋を2本持つヒメナギゴケの奇形葉.蘚苔類研究 7(8):265-266.

(16) H. Tsubota, N. Nakao, T. Arikawa, T. Yamaguchi, M. Higuchi, H. Deguchi & T. Seki. 1999. A preliminary phylogeny of Hypnales (Musci) as inferred from chloroplast rbcL sequence data. Bryological Research 7(8): 233-248.

(17) T. Arikawa & M. Higuchi. 1999. Phylogenetic analysis of the Plagiotheciaceae (Musci) and its relatives based on rbcL gene sequences. Cryptogamie Bryologie 20(4): 231-245.

2.総説・解説・資料・紀要等

(18) 平岡照代・木口博史・有川智己・木村全邦・平岡正三郎.2006. 箱根(神奈川県足柄下郡箱根町)のコケ類.自然環境科学研究 19(投稿中).

(19) M. Higuchi & T. Arikawa. 2006. Mosses of Mts. Yatsugatake, central Japan.  Bull. Natn. Sci. Mus., Tokyo, ser. B, 32(2): 67-83.

(20) 坪田博美・有川智己・中尾成身.2001. 分子系統学のための蘚苔類からのDNA抽出法.蘚苔類研究 8(1): 9-17.

(21) 有川智己・後藤好正.1994. 3. 蘚苔・地衣類.後藤好正(編),横浜市港北区域の鶴見川生物相調査報告書,pp. 22-23.鶴見川流域自然環境調査会,横浜.

(22) 後藤好正・樋口一孝・有川智己.1991. 横浜市のミカヅキゼニゴケについて.神奈川自然保全研究会報告書(10):47-51.

3. 著書等

(23) 有川智己・平岡照代・木口博史・平岡正三郎.2006. コケ植物.(所収)高桑正敏・勝山輝男・木場英久(編).神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006, pp. 131-145. 神奈川県立生命の星・地球博物館,小田原.

(24) 坪田博美・有川智己.2003. 分子系統解析法.日本蘚苔類学会記念出版物編集委員会(編),コケ類研究の手引き,pp. 79-88. 日本蘚苔類学会,岡山.

4. 雑文/その他

5.学会発表・国際会議

(1) 有川智己・長谷部光泰・加藤雅啓.コケ植物Physcomitrella patensの形態形成遺伝子のスクリーニング.日本蘚苔類学会第26回広島大会,広島県比婆郡西城町・県民の森公園センター,1997年7月.

(2) 有川智己・樋口正信.シトネゴケ目(蘚類)の分子系統解析.日本蘚苔類学会第27回高知大会,高知県高知市・サウスブリーズホテル,1998年7月.

(3) 有川智己・樋口正信.腋蘚類 (pleurocarpous mosses) における分子系統解析.日本植物分類学会第29回大会,東京都文京区・中央大学理工学部, 1999年3月(ポスター発表).

(4) E. DeLuna, W. Buck, A. Newton, S. Maeda, L. Hedenaes, H. Akiyama, T. Arikawa, H. Tsubota, C. Cox, R. Tangney, B. Goffinet, K. Kosuge, D. Gonzalez, J. Shaw, M. Higuchi. Phylogeny of Pleurocarpous Diplolepideae based on morphological and molecular data. XVI International Botanical Congress (第16回国際植物科学会議),アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス・America's Centre, 1999年8月(シンポジウム,共同発表者).

(5) T. Arikawa & M. Higuchi. Molecular Phylogenetic Analysis on Hypnales (Musci). XVI International Botanical Congress (第16回国際植物科学会議),アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス・America's Centre, 1999年8月(ポスター発表).

(6) 有川智己・樋口正信.葉緑体遺伝子を用いたナンジャモンジャゴケの分子系統解析.日本蘚苔類学会第28回和歌山大会,和歌山県西牟婁郡白浜町・ホテル古賀の井,1999年8月.

(7) 坪田博美・有川智己・中尾成身・山口富美夫・樋口正信・出口博則. 分子データを用いた蘚類シトネゴケ目(Hypnales)内の系統.日本蘚苔類学会第28回和歌山大会,和歌山県西牟婁郡白浜町・ホテル古賀の井,1999年8月(共同発表者).

(8) T. Arikawa & M. Higuchi. Phylogenetic Analysis of Plagiothecium (Hypnales, Musci) and its relatives based on two chloroplast-encoded genes. Workshop: Recent Researches on Environmental Biology and Biodiversity of Terrestrial Cryptogamic Plants−Ecological and Taxonomical Points of View−(ワークショップ:「陸上隠花植物の環境生物学および生物多様性に関する最近の研究」), 茨城県つくば市・国立環境研究所, 2000年8月.

(9) 有川智己.キヌゴケ属の分類学的研究(II)属の概要と位置づけについて.日本蘚苔類学会第29回茨城大会,茨城県稲敷郡茎崎町・森林総合研究所,2000年8月.

(10) 有川智己.キヌゴケ属の分類学的研究(I)近縁群との分子系統.日本植物学会第64回大会,静岡県静岡市・静岡大学,2000年9月(ポスター発表).

(11) 有川智己.キヌゴケ属の分類学的研究 (III) さく歯の構造.日本植物分類学会第31回大会,岐阜県岐阜市・岐阜大学,2001年3月(ポスター発表).

(12) 有川智己・田中敦司・西村直樹.キノクニキヌタゴケのさく歯について.日本蘚苔類学会第30回大分大会,大分県別府市・鶴見園グランドホテル,2001年8月(展示発表).

 (13) 坪田博美・有川智己・秋山弘之・E. De Luna・D. Gonzalez・山口富美夫・樋口正信・出口博則.rbcL遺伝子にもとづく蘚類ハイゴケ目の分子系統学的研究.日本植物学会第65回大会,東京都目黒区・東京大学教養学部,2001年9月(共同発表者).

(14) 有川智己.キヌゴケ属の分類学的研究 (IV) rbcL遺伝子による分子系統解析.日本植物分類学会第1回大会,東京都新宿区・国立科学博物館分館,2002年3月(展示発表).

(15) 有川智己.キヌゴケ属の分類学的研究 (V) 日本産ビロウドゴケの正体.日本植物分類学会第2回大会,兵庫県神戸市・神戸大学百年記念館,2003年3月.

(16) 有川智己.キヌゴケ属の分類学的研究 (VI) 日本産キヌゴケ属.日本蘚苔類学会第32回大会,神奈川県小田原市・神奈川県立生命の星・地球博物館,2003年8月(展示発表).

(17) 坪田博美,有川智己.分子系統解析法.公開シンポジウム,コケ類研究の手引き.日本蘚苔類学会第32回大会,神奈川県小田原市・神奈川県立生命の星・地球博物館,2003年8月(シンポジウム,共同発表者).

(18) 有川智己,坪田博美,樋口正信,出口博則.Pylaisiopsis speciosa (ハイゴケ目,蘚類)の形態と系統的位置づけ.日本植物学会第67回大会,北海道札幌市・札幌コンベンションセンター,2003年9月.

(19) 坪田博美,有川智己,M. Ignatov,出口博則.セン類ハイゴケ属の分子系統学的研究(予報) 日本植物学会第67回大会,北海道札幌市・札幌コンベンションセンター,2003年9月(ポスター発表,共同発表者)

(20) 坪田博美,西村直樹,有川智己,出口博則.rbcL遺伝子に基づく蘚類クシノハゴケ属(ハイゴケ科)の分子系統学的研究.日本植物分類学会第3回大会,広島県東広島市・広島大学理学研究科,2004年3月(ポスター発表,共同発表者).

(21) 樋口正信,林善雄,有川智己,坪田博美.台湾に新しく見つかったナンジャモンジャゴケ.日本植物分類学会第3回大会,広島県東広島市・広島大学理学研究科,2004年3月(ポスター発表,共同発表者).

(22) 蔭西知子・坪田博美・有川智己・山口富美夫・出口博則.日本産オオトラノオゴケ属 (蘚類) の系統・分類学的研究.日本動物学会・日本植物学会・日本生態学会・生物系三学会中国四国支部大会徳島大会,徳島県徳島市・徳島大学工学部,2004年5月(ポスター発表,共同発表者).

(23) T. Arikawa.  The monospecific genera Giraldiella and Pylaisiopsis should be synonymized with Pylaisia (Hypnaceae, Musci). International Symposium on Asian Plant Diversity and Systematics, 千葉県佐倉市・国立歴史民俗学博物館,2004年7月(ポスター発表).

(24) 有川智己・樋口正信.ナンジャモンジャゴケ属のrbcL遺伝子の塩基配列?種間変異・種内変異・RNA editing?.日本植物学会第68回大会,神奈川県藤沢市・日本大学湘南キャンパス,2004年9月(ポスター発表).

(25) 坪田博美・有川智己・樋口正信・出口博則.RbcL遺伝子の大データセットによる蘚類の系統関係.日本植物分類学会第4回大会,高知県高知市・高知県立牧野植物園,2005年3月(共同発表者).

(26) T. Arikawa & M. Higuchi. Highly frequent RNA editing in rbcL gene of Takakiophyta.  XVII International Botanical Congress (第17回国際植物科学会議),オーストリア共和国ウイーン・Austria Center Vienna, 2005年7月(ポスター発表).

(27) 宮田有希・丸山かおり・杉浦千佳・有川智己・樋口正信・杉田護.ナンジャモンジャゴケ葉緑体における高頻度RNA編集.第28回日本分子生物学会年会,福岡県福岡市,ヤフードームほか,2005年12月(ポスター発表,共同発表者).

(28) 有川智己・樋口正信・宮田有希・丸山かおり・杉浦千佳・杉田護.複数の葉緑体遺伝子によるナンジャモンジャゴケ類の系統解析.日本植物分類学会第5回大会,沖縄県中頭郡西原町・琉球大学大学会館,2006年3月(ポスター発表).

受賞歴

平成17年8月27日 日本蘚苔類学会奨励賞 受賞

平成18年3月19日 日本植物分類学会大会発表賞 受賞

外部資金導入状況

・文部科学省 科学研究費補助金(若手研究(B))17770073

 「維管束植物の起源を探る:葉緑体遺伝子によるナンジャモンジャゴケ類の系統解析」

平成17年度 280万円,平成18年度 90万円.


ホームページに戻る