Environment Programe through Art Education

環境を考える美術教育

■環境学習は、系統的に環境と人間との交流を研究する統合的な芸術教育分野です。

Environmental learning is the integrative art education field which systematically studies human interaction with the environment.
環境デザイン:Environmental Design

緊急の課題
Urgent Problem



なぜなら地球が重要だから
Because Earth Matters:




Art Education is basic to an individual’s perception and understanding of the earth in which we live.
●美術教育は、個人の知覚と私たちが住んでいる地球の理解のために基本的なものです。
The art program enables each student to develop positive attitudes toward self, others and the environment through creative experiences.
●美術プログラムは、それぞれの生徒が創造的な経験を通して、自分自身、他のもの、そして環境に対して積極性な態度を発達させることを可能にします。
The art program is essential to every student’s development as a well-rounded, creative and productive citizen.
●美術プログラムは幅広い教養を持ち、創造的で生産的な国民になるために、すべての生徒に不可欠です。
The use and application of skills, processes and mediums encourages self-expression, creative growth, discovery, and the realization of ideas.
●技能の使用と応用、プロセスと手段は自己表現や創造的な成長、およびアイディアの実現を奨励します。
Think and act creatively by solving problems and by responding with originality, flexibility, fluency, and imagination.
●創造的に問題を解決し、独創性、柔軟性、流暢さ、および想像性に応じるために、考えて行動してください。
Art education makes aesthetic judgements about the environment.
●芸術教育は環境に関して美的な判断をします。

環境レッスンとグローバルなプロジェクトを進めて、私たちは強く緑の教育と発達を信じます。
Advancing environmental lessons and global projects , we believe strongly in green education and growth.

1.人類と地球が生存するための美術教育
Art Education for the survival of humans and the earth.
2.子どもの環境を考えた美術作品
Children's Environmental Artworks

◆環境のデザイン*Environmental Total Design◇環境にやさしい製品*Eco-Friendly Product


2000年審査員特別賞(自治体部門
Environment Good prize 2000

◎美術教育と環境学習の掲示板を作成しました。
Enjoy communication through the Environmental Art Education BBS

小学校図画工作科*Elementary School Art Class,JAPAN
川島真紀雄 Makio KAWASHIMA

環境の教育 Environmental Education

I am a part of Nature.「私は、自然の一部である」
Protect the Environment.「環境を保護して下さい」

『沈黙の春』“SILENT SPRING”より

「自然は沈黙した。鳥たちは、どこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思った。鳥がいたと思っても死にかけていた。春がきたが沈黙の春だった―」 

レイチェル・カーソン RACHEL CARSON(新潮文庫)

I am bound together with all living things in air,in land,in water.
「私は、大気、大地、水の中で生きるすべての生き物とつながっている。」 

                                     
●環境学習とは生物が「共に生きていく力」を考え、それを実践しようとする学習である。
地球上では、自然は共に連携して生きていること、人間も連帯しないと−すべてが滅びることを理解させる緊急な生きた学習である。

To destroy them is to destoroy myself. 「それらを破壊することは、私自身を破壊することである。」
  

●この人類の共通課題が美術教育にも大きく関わってきている。「芸術は爆発だ!」のような芸術至上主義や人間中心の「自分らしさ=自己表現」を最優先する学習はもう許されない状況にきている。
●子どもの感性を育み、つくる喜びを与える目的であっても、大量の材料や資源を浪費するすような素材体験《造形あそび》は、まさに環境の破壊行為でしかないだろう。

ストーン・サークルをつくろう
Create a Stone Circle〜
 しのざきネット学習
<e-Learning>



As a member of the human race. 「人類の一員として」


●20世紀は「児童の世紀」と呼ばれたが、21世紀は「環境の世紀」として、環境を無視するような人類、子ども中心の活動は、社会・地球の一員として、承認されるべきではないだろう。

My life depends upon Nature―upon its balance,upon its resorces,and upon the continuity of both.
「私の生活は、自然のバランス、その源泉、そして両者の連続性に依存している。」

 

●即ち、これからの美術教育は、自分の個性や人生の豊かさのために「美しい作品」をつくることのみが目的ではない。ライフスタイルとして、グローバルな美の価値をつくり、その基準で行動できるような人間をつくっていこうとしている。
●それは、まさに地球の明日を創造できる子どもとして、新しい教育課程で述べられている、「環境教育」の目標と合致している。

I am responsible for its survival. 「私は自然が生き残っていくことに責任をもつ。」


●芸術は自己表現の1つの形式であるが、地球保護の1つの形式でもあるのだ。
Art is a form of self-expression and a form of the glove- conservation.
 
●そして美術の授業においては、その理解より前に“Sense of Wonder”「驚異の感覚」として、自然との触れあいという体験を行い、神秘な自然、不思議な自然への感性を培うことが大切であろう。こうして人間環境の原点となる自然についての認識や知識が、自然界の構成を意識できる児童を育成していく。
●生命の全体を理解し、自分自身を肯定できる体験(愛情・表現)が、寛容で周りを意識した行動をデザインしていく。「自由に制作する―」とは、その今日的な感性と理性を総合する創造的な活動なのである。

●教育の目標はただ「自分探しの旅」だけではない。これからは、生命の畏敬に基づくすべての生命との共生という考え方、人間だけの世界ではないという認識が、すべての教科に含まれていかなければならないだろう。この意識は、個人的な「自己表現」とは違い、明らかに地球規模の「生きる力」を育んでいく総合的な学習である。

Education for action.「行動のための教育」

Japan's post-tsunami revival plan
日本の津波再生計画

we can proceed with rebuilding projects by this lesson. 
このレッスンで再建プロジェクトを続けることができます。
Forest at the head of a river
水源の森
Act on the Protection of Water Resources
水資源の保護に活動してください。

Art Education also further environmental education at school.
      「美術教育もまた、学校で環境学習を進めていく」

引用・参考文献: 「環境の世紀」へ いまレイチェル・カーソンに学ぶ [かもがわ出版]

●すべての造形美術が最終的に目指すところは完璧な建築にある。「グロピウス・バウハウスの教育目標」
                引用・参考文献:「美の構成学」三井秀樹[中公新書]
●すべての造形美術が最終的に目指すところは平和で快適な生活と美しい地球にある。

The Environment Learning and Art Education

The Environment Learning is the learning which the creature practices by searching for "Together Living Power".
On the earth, Environmental Education is the urgent learning which understands "dying out
when not doing solidarity" thing with the nature.
The problem of this human race concerns art education mainly.
There will be most priority of the art celestial principle and "expressing the seeming of doing it being=a self" like "the art is an explosion" without being already permitted.
Even if it gives pleasure, <<the art playing>> which spends a great deal of material and resources is the destruction act of the environment only even if it cherishes feelings.
Even if the child is protected existence, the activity of the the child
center principle and so on aren't admitted as a member of the society and the earth.
I think that the art education is not to make a beautiful work as the culture for the abundance in the life.
It make a beauty value and try to make the human being who acts with the beauty guide.
It agrees with the goal of the environment education as children which can create tomorrow in the earth.
Indeed, the art is one form of the self expression but is one form of the earth protection.
Art is a form of self-expression and Art is a form of the glove- conservation.
Then in art class , "You compose freely".
The learning to notice the back of this word especially actually in "the human being isn't free" must be contained in all subjects.
This is not "the escape from liberty" and is synthetic learning with independent global issue.


資料/教育課程審議会・教育課程の基準の改善について(答申) (平成10年7月29日)

(環境問題への対応)
エ  環境問題に対する社会の関心が一層高まる中で、環境やエネルギーについての理解を深め、環境を大切にする心を育成するとともに、環境の保全やよりよい環境の創造のために主体的に行動する実践的な態度や資質、能力を育成することは今後ますます重要なものとなってくる。
    環境教育は、現在、小学校、中学校及び高等学校を通じて、社会科、公民科、理科、技術・家庭科、家庭科や保健体育科を中心に各教科等の特質等に応じ、また、それらの連携を図りつつ、環境問題や環境と人間とのかかわりに対する理解を深めることとされている。
    今後は、各教科、道徳、特別活動及び「総合的な学習の時間」のそれぞれにおいて、地域の実情を踏まえた環境に関する学習を充実するとともに、児童生徒の発達段階に応じて、例えば身近な自然環境から地球規模の環境までを対象に環境を調べる学習など、問題解決的な学習や作業的な学習、体験的な学習を一層重視する必要があると考える。
 


環境リンクResource List:




モリコとモリリン
 中青戸小学校の「森の学習マスコット」 制作4年生 O児
Mascot of Forest created by 4th grade students

美術と環境の授業事例 Environment Lesson Plans
[Art Lesson Plans to Love the Earth]

 平成10年度
4年生の総合的な学習の時間
Environment Lesson Plans
-4th grade students

森に関する一連の学習です。

葛飾区立中青戸小学校図工室
Nakaaoto Elementary School Art Class




 平成11年度
4年生の総合的な学習の時間
Environment Lesson Plans-4th grade students

森の役割について調べました。

葛飾区立中青戸小学校図工室
Nakaaoto Elementary School Art Class



 平成12年度
4年生の総合的な学習の時間
Environment Lesson Plans-
4th grade students

江戸川区立宇喜田小学校での活動「森の新聞」
私たちの学校には森があります。それは《宇喜田の森》です。

The Woods Newspaper *Ukita Elementary School Art Class,JAPAN


平成10年度
5年生の総合的な学習の時間
Environment Lesson Plans
-5th grade students

インターネットで意見を発信しました
葛飾区立中青戸小学校図工室
Nakaaoto Elementary School Art Class




 平成11年度
5年生の総合的な学習の時間
Environment Lesson Plans
-5th grade students

地球環境新聞の制作です。

葛飾区立中青戸小学校図工室
Nakaaoto Elementary School Art Class





 平成12年度
環境統合デザイン
Environmental Total Design
A Dissertation
美術と環境の論文です。
Design with Nature


6年生の総合的な学習の時間
Environment Lesson Plans-6th grade students
よいクルマをつくろう

Produce A Ecology-Conscious Car  
Produce A Ecology-Conscious Car in e-Learning education

環境を意識した自動車の新車発表学習です。 



 平成14年度 
5年生の総合的な学習の時間
バードウォッチング"Birdwatching"

インターネット上での野鳥観察とCG制作です。


6年生「自動車を創ろう」"Automobile Production"<6th Grade>

3年生「落ち葉のデザイン」"Leaf Design"<3th Grade>

自然に関する作品を作ると、自然とのより深い結び付きと対話が与えられます。
Making art about nature allows a deeper connection and dialogue with nature.

"ALL-SCHOOL SKETCH FESTIVAL"全校写生会


3年生「未来の町」"Urban Planning Design"<3th Grade>

4年生「未来の学校」"Our School in the Future"<4th Grade>

4年生「落ち葉の絵詩」2002"Fallen Leaves:Paintings and Poems"<4th Grade>

4年生「落ち葉の絵詩スライド」2003"Fallen Leaves:Paintings and Poems Web slide show"<4th Grade>

4年生「命をまもる森」″
Learning of Forest″<4th Grade> 

5年生「森の旗」"Flag-Art"<5th Grade>

5年「環境彫刻」"Environmental Sculpture"<5th Grade> 

20周年記念野外彫刻in宇喜田の森"20th Anniversary Sculpture in Ukita Woods"<5th Grade>

野外彫刻展
Field Sculpture Exposition 2005 Ukita Elementary School

5年生「ストーン・サークルをつくろう」"Create a Stone Circle"<5th Grade>
5年生「ストーン・サークルをつくろう2」"Create a Stone Circle"<5th Grade>

宇喜田小学校美術館UKITA ART MUSEUM
http://www5f.biglobe.ne.jp/~eLearning/gallery.html
篠崎小学校美術館Shinozaki Art Museum
http://www.edogawaku.ed.jp/shinozakis/zukou4.html

5年生「温暖化を防ごう」"Global Warming"<5th Grade>

6年生「環境ポスター」Environment Poster<6th Grade>

6年生「俳句と絵」HAIKU &illustration <6th Grade>

「環境にやさしい製品」an eco-friendly product

環境に優しい自動車:eco-friendly car

5年生「よいクルマをつくろう」Produce A Ecology-Conscious Car in e-Learning education<5th Grade>

6年生「よいロボットをつくろう」Good Robot Production in e-Learning education<6th Gdade>


平成21年度  
「森林時計」The Forest Clock, 2009


森林プロジェクト Forest e-Learning  

森林公園アートフェスタ2010
shinrin koen art festa国営武蔵丘陵森林公園 




石庭をつくろう
Create a Digital Stone[Rock] Garden


Moving Boxes: Fun Crafts for Kids
リサイクル工作のサイト

http://www.upack.com/moving-services/articles/moving- boxes-fun-crafts-for-kids
Kids can begin to learn how to recycle at an early age by using recyclable materials, such as cardboard, in many craft projects.
●子供は段ボールなどの工芸品のプロジェクトで、再生利用可能な材料を使用することによって再生する方法を学び始めることができます。


Environment Programme by E-learning
図工・美術のeラーニングによる環境学習Art e-Learning Product

E-learning will complement traditional education rather than supplant it.
インターネット学習は、伝統的な教育に取って代わるよりむしろ教育の補足となる。


●美術教育は、調和であり、持続可能な世界の理想を伝えます。
Art education is harmony and conveys the ideals of a sustainable world.
●美術教育は、全体的であり、持続可能な世界のモデルを作ります。
Art education is holistic and makes the models for a sustainable world.

評価 ASSESSNENT



オゾン層の破壊 OZONE LAYER DEPLETION

あなたは何色が好きですか?
美術教育においては、児童が自分のカラーを出すことはとても大切なことです。それは自分らしさを確認し、一人一人の個性を生かす学習です。しかし、環境教育とは社会的な課題の学習です。全員が生き残るために地球の色を護らなければなりなせん。なぜなら、それは、すべての生物にとってたった一つの色だからです。
What color do you like?
In the art education, that the child emits his color is a very important thing.
It is the learning which utilizes one personality by confirming that it seems to do it being.
However, the environment education is the learning of a social problem.
I become if not keeping the color of the earth for all the members to survive and it isn't possible to accomplish.
Because, it is only one ozonic color for all creatures.

あなたは何色に住んでいますか?

What color do you live in?

この画像(アニメーション)はアメリカの気候予測センター(CPC)による南半球のオゾン層(量)の色です。−画像は動きます。
This moving image is the color of the ozone layer ( the quantity ) in the Southern Hemisphere by Climate Prediction Center (CPC) in America.
http://www.cpc.ncep.noaa.gov/products/stratosphere/polar/polar.shtml

●Total Ozon Image Animation:Climate Prediction Center


南半球1997年9月〜10月。
Southern Hemisphere Sept-Oct 1997

CPC:成層圏−TOVS 総オゾン分析。 CPC:Stratosphere−TOVS Total Ozon Analysis.
http://www.cpc.ncep.noaa.gov/products/stratosphere/sbuv2to/sbuv2to_shem.gif
http://jwocky.gsfc.nasa.gov/


あなたは色の意味がわかりますか?

Do you find the meaning of the color in the image?

メールで質問をすると返事を送ってくれました。
Thank you for the mail.


メール<和訳>

破壊されたオゾンの地域は、9月と10月と11月と早い12月の間に、南半球極領域に存在します。破壊とは、価値220未満のDobsonユニット(DU)で、暗い青、紫色、暗い赤、および茶色の色を意味します。破壊された低いオゾン合計は北半球極領域に存在するかもしれないけれども、一般にはより少なく、ほんのわずかの日か週に続きます。これは、普通、熱帯地方が低い量のオゾンを持っているので、オゾン枯渇に起因していません。私は、これがあなたの質問に答えていることを望みます。

 クレイグロング 米国海洋大気庁/国民天候サービス

Meil<原文> Subject: Colors on TOVS total ozone images Date: Wed, 30 Dec 1998 19:01:46 GMT From: long@ndsc.wwb.noaa.gov
To: kawasimaqa@ma2.justnet.ne.jp
The areas of depleted ozone occur in the Southern Hemisphere polar region during the September, October, November, and early December months.
By"depleted" I mean values less than 220 Dobson Units (DU) which are the dark blue, purple, dark read and brown colors. Depleted or low ozone amounts can occur in the Northern Hemisphere polar regions, but are usually smaller and last just a few days-weeks. The Tropics normally has low amounts of ozone so this is not due to ozone depletion. I hope this answers your questions.
Regards,
Craig Long NOAA/National Weather Service
long@climon.wwb.noaa.gov

●数字のオゾン全量(m atm-cm)(DU:Dobson Unit)の減少に伴って紫外線の量(UV-B)が増加します。そしてオゾンホール(ozone hole)ができます。
あなたは、何色が好きですか?

The quantity (UV-B) of the ultraviolet rays increases as all ozonic quantity (a atm-cm)(DU:Dobuson Unit) decreases.
What color do you like?


オゾン層観測状況(気象庁)Japan Meteorological Agency

http://www.jma.go.jp/jma/index.html

オゾン層の破壊(環境問題の部屋)
http://digarc.pd.saga-u.ac.jp/sin-kyozai/kankyou/


AlGore.com ゴア元アメリカ副大統領サイト 
http://www.algore.com/
不都合な真実An Inconvenient Truth

ArtLex on Earth Art and Earthworks
http://www.artlex.com/ArtLex/e/earthart.html

日本では美術教育の情勢もだんだん破壊されそうです。
The art-educational climate, too, seems gradually destroyed in Japan.

●THE GLOBE ART“IS THIS ART?”これは、美術ですか?




青戸平和公園の紅葉 1998年 
[Aoto Peace Park in Autumn]
In autumn the leaves of the trees turn red.

カタクリと山サクラアニメーション 2002

 

Send us a web link.

Written by Makio Kawashima
Last updated on 8/18/2013

 Comments*ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 

小学校図画工作科 The Home Page of Art Education