実践5 総合的な学習の時間 "Period for Integrated Study"


A.活動名
「コンピュータによる卒業アルバム」

A−1 図画工作科・美術科 
A表現 (1)造形活動[絵や彫刻]○(2)絵,立体,つくりたいもの [デザインや工芸]○ B 鑑賞
A−2 総合的な学習の時間
  a. 国際理解○ b. 情報 c. 環境  d. 福祉・健康 e. 地域や学校の特色 f. 児童の興味・関心


将来の夢 私の将来の夢は、学校の先生になることです。 
先生になるためには、いろいろ勉強しておこう、と思います。
M.N

B.実施日「1999年 3月」

C.学校名「東京都 葛飾区立 中青戸小学校 」
  ○C−1 小学校 C−2 中学校 C−3 高等学校 C−4 養護学校

D.学年「6 年3クラス」

E.先生「 川島真紀雄 」

F.時間数「8 」時間

G.場所 「コンピュータ室 」

H.題材について・ねらい
 小学校で1番の「思い出」や「将来の夢」を絵や文字で記す卒業アルバムの制作
○目的や意図に応じて,自分の考えを効果的に書くこと。[国語5,6内容B]
○表したいことを表すために,形や色,材料の特徴や構成の美しさなどを考えるとともに,表し方を構想し計画して,創造的な技能などを生かして表現する。[図画工作科5,6年表現A(2)]
○情報の発信・受信の基本的ルールを身に付けるなど情報活用能力を培うとともに、インターネットで発信することについての理解を深める。[総合的な学習(情報)]
○問題の解決や探究活動に主体的,創造的に取り組む態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにする。 [総合的な活動の時間ねらい(2)]

I.活動計画・活動内容
1.小学校の思い出か将来の夢を絵と文字で構想する。(文字は25字以内にした)
2.コンピュータのワープロソフトで班毎に文を書き,フロッピーに保存する。
3.コンピュータのペイントで絵を一人一人つくり同じフロッピーに保存する。
4.完成した班から絵と文字を合わせHTML文書にして,インターネットで発信した。
(氏名はイニシャルで表記)
5.卒業式前日に全部の班が発信を終え,ネットで見れない児童のため印刷して展示した。

J.支援・準備・評価
○ワープロに不慣れな児童のために,班で教え合いながら制作を進めた。
○使用ソフト:ハイパーキューブ(スズキ教育ソフト)一太郎8(ジャストシステム)

●インターネット発表Site http://kawama-web.hp.infoseek.co.jp/Dream.htm


図工と総合の学習 Back to Integrated Lessons