国際理解学習と美術教育
International Understanding Learning&Art Education

葛飾区立中青戸小学校 Nakaaoto Erementary School


○私たちは言葉は違っても、親しい心のコミュニケーションを望んでいます。
同じ様な夢を持っています。中青戸小学校のメッセージ。

We want to communicate.We have the same dream.
Nakaaoto Elementary School Message.



アニメの共同制作
Joint creation of Animation

Dudley Schools Art http://www.edu.dudley.gov.uk/art/compart/anim.html
Tom Reynolds さんの学校のアニメーションのページです。


折り紙の国際交流
International Cultual Exchange with Origami



資料/教育課程審議会・教育課程の基準の改善について(答申) (平成10年7月29日)

(国際化への対応)
イ  国際化が急速に進展する中で、国際社会に生きる日本人の育成という視点に立った教育の展開は、今後一層重要なものとなってくる。国際化の進展に対応した教育は、広い視野をもって異文化を理解し、異なる文化や習慣をもった人々と偏見をもたずに自然に交流し共に生きていくための資質や能力の育成を図ることをねらいとするものであるが、そのためには、我々はまず我が国の歴史や文化・伝統に対する誇りや愛情と理解を培う教育が重要であると考える。
    現在、国際化の進展に対応した教育は、社会科、地理歴史科、外国語科を中心に各教科、道徳、特別活動の特質等に応じて行うこととされているが、各教科等に加え「総合的な学習の時間」においてもこのような視点に立った教育の充実を図っていくことが必要である。なお、今後、国際化の進展に対応した教育を進めるに当たっては、これまでとかく欧米先進諸国に目を向けがちであったことを改め、アジア諸国等に一層目を向けるよう留意することが大切であると考える。
    また、外国語教育については、自分の考えや意思を適切に表現できる基礎的・実践的コミュニケーション能力の育成を一層重視しつつ、中学校及び高等学校において外国語を必修とするなどの改善を図る必要があると考える。
    また、小学校における外国語の取扱いとしては、各学校の実態等に応じ、「総合的な学習の時間」や特別活動などの時間において、国際理解教育の一環として、児童が外国語に触れたり、外国の生活や文化などに慣れ親しんだりするなど小学校段階にふさわしい体験的な学習活動が行われるようにする必要があると考える。


図工と総合の学習Period for Integrated Studies Plans

kawama@js4.so-net.ne.jp

Written by Makio Kawashima
Last updated on 1/5/2003