江戸期の神戸城

神戸氏と沢城][神戸信孝と天守閣][神戸城下町][BACK][歴 史

   天正10(1582)年、織田信長が近畿、中部地方をほぼ手中にしたこの年に、日野城に幽閉されていた神戸友盛が許されて神戸の地に帰り、隠居城として沢城に入った。本能寺の変で信長が倒れ、羽柴秀吉によって明智光秀が倒されると、神戸信孝は美濃一国をもらい受け、岐阜城に転封となった。神戸城には枝城である高岡城主・小島民部が新城主となった。しかし、亀山城主・関盛信の留守に滝川一益によって亀山城と峯城が奪われると、羽柴秀吉は両城を攻め滅ぼしてしまった。天正11(1583)年に賤ヶ岳の戦いで柴田勝家が破れると、神戸城にいた小島民部は織田信雄の家臣・林与五郎正武によって追放されてしまった。秀吉と信雄の関係が悪化すると、関盛信は神戸・沢両城を攻め、神戸友盛は津城に、林与五郎は美濃に敗走し、ここに200年以上続いた神戸家は事実上断絶した。

  天正12(1584)年に生駒親正が4万1千石で神戸城主に、天正13(1585)年には滝川雄利が2万石で城主となった。文禄4(1595)年、神戸城の天守閣は解体され、桑名城に移築された(本丸西南隅に「神戸櫓」として残る)。その後一時、水野忠重が城主となったが、再び滝川雄利が城主になると、1600年、関ヶ原の戦いで雄利が西軍の石田三成に味方して敗れると、徳川家康は一柳直盛が5万石で入部した。慶長8(1603)年に江戸幕府が開かれると、直盛が神戸藩の初代藩主となった。

 

 一柳直盛の時代

  一柳直盛(ひとつやなぎなおもり)が藩主の時、大坂の陣がおこり、直盛も出陣し活躍している。また、神戸4町(十日町、石橋町、小山町、新町)に加え、河町、萱町、竪町、鍛冶町も地子免除となって城下町に組み入れられ「神戸八町」と呼ばれた。

 

 石川氏の時代

  寛永13(1636)年。一柳直盛は伊予西条藩に転封となり、その後15年間は幕府直轄地となり、四日市代官所の支配下にあった。この時、神戸城の諸施設はことごとく解体され、一部は亀山城や桑名城に移築された(亀山城二の丸東北隅の二重櫓は「神戸櫓」)。慶安3(1651)年、近江の膳所藩主・石川忠総の次男・総長(ふさなが)が、神戸城の新城主となり、1万石の領主となった。城のない神戸には陣屋がおかれた。その後、石川氏は総長から総良(ふさよし)、総茂(ふさしげ)と3代続いた。総茂の時、1万7千石に加増され、幕府の寺社奉行や若年寄の重職を歴任している。

 

 本多氏の時代

  享保17(1732)年、石川総茂は常陸下館藩に転封となり、替わって近江膳所藩(本多氏)の分家で、河内西代陣屋にいた本多忠統(ほんだただむね)が1万石で神戸藩主となった。忠統は譜代大名で、将軍・徳川吉宗の信任が厚く、ほとんど江戸城に詰めて、寺社奉行や若年寄(筆頭)として活躍した。その功績により、延享2(1745)年、5千石加増され、都合1万5千石となった。内訳は河曲郡で1町14ケ村、三重郡で1ケ村、河内国錦部郡で14ケ村の領地である。

  延享3(1746)年、本多忠統は、幕府に願い出て、神戸城を大改修することになった。普請惣奉行に畠山彦左衛門(物頭)と中川左兵衛(郡代)を、普請奉行に堀市右衛門と森谷勝右衛門に任命し、江戸から石垣工事として上総屋治助と大工棟梁として長兵衛親子が呼ばれて、普請にとりかかった。石垣の石材は三河の岡崎から、建築の材木は遠江の掛須から取り寄せた。普請は約3年間かかり、寛延元(1748)年にようやく完成し、費用は総計で3887両かかり、その内2000両を幕府から借財した。

 本多氏は初代忠統以後、2代忠永(ただなが)、3代忠興(ただおき)、4代忠「(ただひろ)、5代忠升(ただたか)、6代忠寛(ただひろ)、7代忠貫(ただつら)と続き明治維新を向かえた。5代忠升の時代に、藩内に倹約令を出し、財政の引き締めをはかる一方、文化9(1812)年には城内に藩校・教倫堂を設立して藩士の子弟の教育に尽くした。また7代忠貫の時代、攘夷運動で揺れる中、文久3(1863)年、河内領の代官・吉川治太夫を中心に庄屋・百姓らが天誅組に参加して、活動した。

 


 神戸城の構造

 本多忠統によって大改修された神戸城は、本丸を中心に二之丸、三之丸、西曲輪、南曲輪(厩)を悌郭式に配置する縄張りで、基本的に神戸信孝の神戸城を引き継いだものと考えられている。東西約500m、南北約300m、総周り約1450mの城郭で、1万5千石の城郭としては破格の城である。

神戸城縄張り図 はここ 

 本 丸  現在の神戸城公園の本多神社あたりがこれで、城の中心であった。神戸信孝が築いた天守閣はすでになく、天守台だけがそのまま残された。ここは空き地で、当時の絵図面を見ても建物は見あたらない。

  二之丸  本丸の北から北東側にあり、現在の神戸高校の校舎の地がこれにあたる。東側に二の丸御殿があり、藩主の居所と同時に、神戸藩の藩政の場でもあった。東北隅に二重櫓、南東隅に太鼓櫓があげられた。二重櫓は天守閣をもたない神戸城にあってはシンボル的存在であり、特にその鯱は目立っていたという(鯱のひとつが市指定文化財)。太鼓櫓は登城の合図をする櫓で、現在、東玉垣町の蓮華寺に移築、現存している。

 神戸城二重櫓古写真(25004 バイト)       神戸城大手門と一重櫓(20641 バイト)

二之丸二重櫓古写真                    三之丸大手門と隅櫓(絵画)

 三之丸  二之丸の東方にあり、現在の神戸高校グランドの場所にあたる。北側は筆頭家老の中條家の屋敷地、南側は作事所があり、北端に大手門があった。大手門は、神戸城の正門で、高麗門形式の門構えであり、現在、四日市市西日野町の顕正寺の山門として移築、現存している。大手門の東に隅櫓があり、この隅櫓の鯱一対も現存している。南側ははじめには御用屋敷があったが、5代忠升の時、改築して藩校・教倫堂を設立した。教倫堂東脇には南大手門があり、やはり高麗門であった。

 西曲輪  本丸の西方にあり、現在の神戸公園一帯にあたり、焔硝蔵と鉄砲矢場があった。南側は下級武士の長屋があり、その北側に西大手門があり、神戸城の搦手門(裏門)であった。  

 南曲輪  本丸の南側で三之丸から続くのが南曲輪で、藩主の厩と馬場があった。

神戸城大手門(28818 バイト)    神戸城太鼓櫓(26372 バイト)

神戸城大手門(四日市市顕正寺)                太鼓櫓(東玉垣町蓮華寺)    

神戸氏と沢城][神戸信孝と天守閣][神戸城下町][BACK][歴 史