ニコニコ的日記
週明け  (2005.08.29)

暑かったわけでもないけど、なぜかバテている。
朝は食欲なし。
昼はボーっとして。
夕方にはめまい。
体がなまっているんだと思うけど、動かす気力もない。
悪循環。


つくばエクスプレス  (2005.08.27)

秋葉原に行ったので、開業したばかりのつくばエクスプレスを見に行く。
蔵前橋通り沿いの駐車場に車を置いて、昭和通りと中央通りの間にある新しい道を歩く。
駅周辺の再開発にともなってできた新しい道らしく、つくばエクスプレスの秋葉原駅に続いている模様。
このへん、以前は何があったんだろう。
やっと駅についたと思ったら、切符売り場はものすごい行列。
改札口を軽く見回して、脱出。
初乗りはいつになることやら。


お酒  (2005.08.26)

夕飯代わりに地元で飲む。
最近はもっぱらビール。
調子に乗ってあれこれ飲み食いしたら、驚愕のお会計。
どのくらい驚愕かと言うと、2人で8500円。
普通の居酒屋でこれは…ちょっとやりすぎたかも。


顛末  (2005.08.23)

昨日のEMS不達について、郵政公社のお客様相談室に電話してみた。
すると、下記の回答だった。

・宛先が黒く塗りつぶされた件については、事故として調査するので最寄りの郵便局の窓口へ行って調査依頼してほしい。
・郵便料金に着いては、いったんイギリスまで到着しているので、返金はできない
(この郵便物の追跡調査をしたところ、いったんイギリスに入国して1ヶ月経過してから宛先不明で戻ってきている)

まあ、予想通りの回答。
日本を出た後のことは知らないよ…というワケではないが、制度としてはそうなんだろう。
この回答を上に伝えたところ、まあ仕方ないかということになり、DHLで再送することになった。
受付時は日本の郵便局だからいいけど、引受国の郵便局も日本並みのサービスを提供するワケじゃないということか。
まあ、宛先を塗りつぶすようなマネは日本ではあり得ないと思うので、郵便局を責める気はないけど。
大事なものはDHLとかUPSとかで送ろうと思った。
授業料としての1500円は…、会社としてはどうなんだろう。
ごめんなさい。


郵便  (2005.08.22)

今日から仕事。
休み明けはツライ。頭が全然回ってない。
毎度のことだけど、自分にイライラ。

2ヶ月前にEMSでロンドン宛に送った書類が、休み中に「宛先不明」で戻ってきていた。
慌てて送り先であるロンドンの人に確認したところ、こちらが書いた住所は正しかったらしい。
しかし、戻ってきた郵便物は、住所の部分がマジックで黒く塗りつぶされていた。
それで「宛先不明」とされたのか。なるほどね。
ロンドンの人によると、イギリス内でEMSの郵便物を引き受けている「ロイヤルメール」という会社はかなりいい加減なので、大事なものはDHLで送ってほしいとのこと。
このロイヤルメール、元国営で今は民営化しているそうだが、その仕事ぶりはいい加減らしくあまり評判が良くないらしい。
DHLはお金がかかるのでEMSを使っていたのだけど、安いには安いなりのワケがあると痛感。
おまけに、会社からは郵便料金を全額返金してもらってこいと言われた。
そんなことできるんだろうか。
とりあえず、明日郵便局に行かなくては。
トホホ。


休み  (2005.08.20)

久しぶりに溜まった家事をこなす。
休みだからもうすこし細かく掃除をしたかったけど、挫折。
めんどくさかったし。
だれてるなぁ。


北九州空港  (2005.08.16)

東京へ戻る日。
佐賀の太良から高速で小倉まで連れて行っていただく。
昼食をごちそうになった後、北九州空港へ。

北九州空港へ乗り入れている航空会社は、今のところJALのみ。
今は東京へ向かう便が1日4往復している、小さな空港。
使用する機体もジャンボではなく、MD-87という134人乗りの小さめのもの。クラスJの設定が無い。
搭乗手続きが終わり飛行機に乗り込む時、すぐ後ろの見学デッキで大勢の見送りの人たちが手を振っているのが見えた。一人一人の顔もわかるくらいに近い。
その後飛行機が滑走路へ移動すると、今度は空港係員の人々も外へ出てきて、こちらへ向かって手を振っている。係員総出でお見送りらしい。
これだけの人に見守られていたら、離着陸に絶対失敗する訳にはいかない。
いいプレッシャーだと思う。
いや、たとえ見守られてなくても絶対失敗しないでほしいけど。

この空港は、来年には近くの海を埋め立てた島に移転するそうで、完成予想図によるとJAL以外の航空会社も乗り入れ、国際空港になるらしい。
そうなると、ああいう見送りを見ることもできなくなるのかもしれない。
出発窓口でさようならというのは少し味気ないなと思った。


佐賀県  (2005.08.15)

本日は佐賀県太良町へ。
途中、吉野ヶ里歴史公園と祐徳神社と有明の干潟へ立ち寄る。
向かった宿は「蟹御殿(http://www.kanigoten.com/index.php)」。
その名の通り、夕食には焼きガニに茹でガニが出てきた。
そのカニとはワタリガニだが、この有明海周辺で取れるのは特に「竹崎ガニ」と呼ばれ、大変おいしいと評判らしい。
ワタリガニなら関東のスーパーでも割と簡単に手に入るけど、それらとは比べ物にならないほど身が詰まっている。
甘くておいしい。
この宿には「有明海の湯」という温泉もあり、露天風呂からは有明海を一望できる。
う〜ん。シアワセ。


小倉  (2005.08.14)

帰省のため小倉へ向かう。
とりあえず、北九州空港からバスで小倉駅に向かう。
その後電車で門司港へ移動し、お昼は焼きカレーを食べる。
まぶしい日差しの中門司の街を一回りして、小倉へ戻る。
旦過市場はお盆のためかほとんど閉店。ひっそりとしていた。
小倉城と小倉城庭園は観光客でそこそこにぎわっていた。
それにしても、九州の日差しは強い気がする。
まぶしくて目を開けていられない。


iTMS  (2005.08.12)

Appleが満を持して(?)日本に投入したという音楽配信サービス、iTMS。
http://www.apple.com/jp/itunes/store/
音楽なんて通勤時すら聴かなくなっている私にとっては無縁のサービスだと思っていたが、実際試してみたらなかなか面白い。
どの曲でも一律30秒の視聴が可能。これがハマった理由の最たるもの。
このサービスを利用するにあたっては、まず「iTunes」という専用ソフトをダウンロードしなくてはならないが、私はもともとMacユーザーなのでその点は特に抵抗はなかった。
他人のオススメをクリックして視聴してみると「あ、これ聞いたことある」。
そして、その曲をダウンロードしている人はこんな曲もダウンロードしています、というリンクの先でまた新たな発見をしたりとか(それはAmazonも同じか)。
収録されている曲やアーティストに偏りがあったり、検索方法がよくわからなかったり(日本語とアルファベットのどちらかでしかヒットしないものがある)で、ちょっと使いにくいような気もするけど、時間つぶしにはちょうどいい。
ダウンロードに際してかかる費用は、1曲あたり150〜200円。
その程度ならうっかりクリックしてしまいそう。
といっても、今月はAmazonでかなりの衝動買いをしてしまったのが良いブレーキになっているけど。その効力がいつまで持つのかは不明。
そんなわけで、今日も夜更かし。
早く寝なくては。


スパムメール  (2005.08.11)

いわゆる出会い系のメール。
ようやく私のところにも来るようになった。
以前から周りはこのスパムメールに悩まされていたみたいだが、私のところには全然来なかった。
記載されているURLを不用意にクリックすると、変な架空請求が来るとか来ないとか。
もちろんそんなものは踏まないけど。
でも、今まで私のところには全然来なかったので、ちょっとだけ寂しかったりして。
これで私もみんなと同じっていう、ヘンな安心感。


適応  (2005.08.10)

最近、昼間PCに向かって仕事をするときには、メガネをかけた方が楽になってきた。
慣れてきたということか。
メガネの度が安定してきたら、もう1つくらい作ってもいいかな。
まあ、だいぶ先の話だけど。


誰のために  (2005.08.08)

ベランダ菜園のシソがひどい目に遭っている。
原因は、イモムシ。
毎朝起きると箸でつまんで引きはがしてるんだけど、奴らはどこからくるんだか、全然減らない。
おかげでシソはほぼ丸ボーズ。
イモムシよ、このシソはお前らに食わすために育ててるのではない。
…といっても通じないから困る。


札幌  (2005.08.06)

朝8時の飛行機で札幌へ。
5時半起床。羽田は遠い。
お目当ては、札幌ドームの日ハム-西武戦。
ここ数年は西武の負け試合ばかり見ていて不安だったが、久しぶりに勝った。
夜はすすきのでジンギスカン。ちょっと食べ過ぎたかも。


停滞  (2005.08.04)

仕事が進まない。
確認中で放置されているものが多数。
毎度のことだから慣れてはいるけど、今回はやたら時間がかかるような気がする。
私は何かしたのだろうか。よくわからない。
待つ間のモヤモヤした気分は何とかならないものか。


やっぱり  (2005.08.03)

メガネに慣れない。
電車の中で手元の本を読んでいて、ふと顔を上げて景色を見るとくらっと来てしまった。
視界が揺れる。
度が合わないのだろうか。
結局、会社でもほとんど裸眼で過ごした。
メガネをかけるようになってから、頭痛と首痛?がひどくなったように思う。
メガネを外すと解放感が訪れる。これでいいのだろうか。


デビュー  (2005.08.01)

本日より職場でメガネデビュー。
通勤時の読書にはちょうどいい。本を近づけても目が疲れなかった。
でも、30分近くたつと目が疲れてきた。いったんはずす。
出社して始業。もういちどかける。
気のせいか、前より手元が見易くなった気がする。
それでも、目の周りと鼻の上の方にものが乗っかる感覚に慣れていないのか、かけたり外したりを繰り返していた。
慣れればよく見えるようになるのだろうか。


 

build by HL-imgdiary Ver.1.25