うちのMac
■現行機
MacBook
 −MB466J/A 

搭載OS
 −MacOS 10.5 Leopard

搭載メモリ
 −4GB

実際に買ったのは2008年11月15日だけど、ここを更新したのは2009年7月1日。
勢いで買い換えたのはいいが、ここの存在をすっかり忘れていた。
ついでにホームページの更新方法もすっかり忘れてしまった。

最近のMacは中を開けることができないのね。キーボードが埋まってる。
仕事でいくつかのノートパソコンを分解させてもらったけど、Macではもうこんなことできないのかな。
先代のiBookでメモリ増設してAirMacのカードを入れたのが懐かしい。
いや、今思えば素人の私がいじってよく壊れなかったな。

買い換えた理由の最たるものが、bootcamp。
……と思ったんだけど、結局Windowsを起動するのは月に一度程度。Windows Updateのため。
いろいろ機能はあっても、結局使いこなせない私。
それはそうと、XP上では(32bitだからというのを差し引いても)メモリを2.7GBまでしか認識しないのは何でだろう。
特に困っているわけではないのでいいけど。

MB466J/A


■旧2
iBook G4
 −M9164J/A iBook 12.1/800 G4/256MB/30G/combo

搭載OS
 −MacOS 10.3.9

搭載メモリ
 −640MB

 AirMacExtreme:有

iBook


■旧1
PowerMacintosh7300/180
 + I・O DATAの外付HD(8.4GB)

搭載OS
 −MacOS 8.6

搭載メモリ
 −208MB

買い換えに伴い、引退させることに。
今までありがとう。

7300/180

■追記〜ドナドナの日(2004.08.28)
去年から始まったPCリサイクルに関する法律(正確には「資源有効利用促進法」というらしい)にともない、パソコン本体を廃棄するときは粗大ゴミではなくメーカーにお願いしなければならない。
というわけで、24日にAppleへ電話して廃棄を依頼。
電話はなかなかつながらない。まあ、「粗大ゴミ廃棄センター」みたいな感じ。
最近のパソコンは、価格にリサイクル費用が含まれていることになっているが、今回捨てるPowerMac7300/180には含まれておらず(1997年前後の機種だし)、別途廃棄費用が必要になる。
7300/180は3,150円(税込)。面倒なのでクレジットカード払いを選択。
たしかコンビニ払いもできたはず。
電話で対応してくれた方によると「入金が確認でき次第、着払いゆうぱっく伝票を送るので、本体を梱包して最寄りの郵便局に集荷を依頼してください」とのこと。
うちからすぐ近くに本局があるので、直接持ち込む事にした。
で、その伝票は26日には到着。結構早い。
梱包作業は週末に。
家にあった紙やエアパッキンなどでぐるぐる巻いて、ゆうぱっく伝票を貼って、すぐ近くの本局へ持ち込み。
ということで、わりとあっさり作業は終了。
今までお世話になりました。
新しいマシンに生まれ変わって、また活躍してくれることを祈っております。


 

Last Update Dec.14.2005