Apache Axis2を使ったWebサービスの構築

- Axis2開発環境の構築 -

ホーム
Axis2開発環境の構築 Axis2運用環境の構築 自作Webサービスの作成.
NETクライアント・アプリの構築 Java クライアント・アプリの構築 チューニング



WARをインポートできるIDEを使う場合には不要な作業ですが、NetBeansはどうやら出来ないので、ZIPを解凍してAxis2開発環境を作成します。

1.Axis2実行ファイルのダウンロード

  Apache Axis2のサイト(ダウンロードはここから)よりaxis2-1.5.1-war.zipをダウンロードします。

2.IDEのインストール

  まず、このサイトから最新のJDK 6をインストールし、さら、「NetBeans IDE 6.x] をダウンロードします。
  JavaパッケージにはApache6が含まれているのでこれをダウンロードします。

  ダウンロードか完了したらインストールして下さい。なお導入時にカストマイズを選択して実行環境をApacheに変更して下さい。

  なお、この資料では「NetBeansインストールディレクトリ」を「C:\NetBeans」とし、

  「Apachesインストールディレクトリ」を「C:\Tomcat」として話を進めます。

3.Axis2プロジェクトの作成 

  NetBeansを起動したら「ファイル(F)」から「新規プロジェクト(W)」を選択します。

  @プロジェクトを選択 

   「Java Web」と「Webアプリケーション」を選択し「次へ(N)>」を押下します。

  

  A名前と場所

    「プロジェクト名を設定(この資料ではaxis2)し、「プロジェクトの場所」を設定(この資料ではc:\Java)する。

   「次へ(N)」を押下します。

  

   「完了(F)」を押下します。

  

  

4.Axis2実行ファイルの解凍とプロジェクトへの配置

  axis2-1.3-war.zipを解凍して取り出したフォルダーを確認(axis2-web、META-INF、WEB-INF)

  C:\java\axis2\web\index.jspは不要なので消したら、

  上記の3ディレクトリ(axis2-web、META-INF、WEB-INF)をすべて上書き移動します。

  次に、ホットアップデートをtrueに変更し、adminのパスワードを変更します。(この例ではpasswordに変更しています)

対象ファイル c:\java\axis2\web\WEB-INF\conf\axis2.xml
修正内容 25行目
<parameter name="hotupdate">false</parameter>
                     ↓
<parameter name="hotupdate">true</parameter>

49 行目
<parameter name="axis2">axis2</parameter>
              ↓
<parameter name="password">password</parameter>