P-51 Part Two

 

 

P-51Ds lower firewall. Coolant and engine oil tubing pass through the slot between wing and the firewall. A pod attached near to the leading edge of LH wing is for sampling and de-watering the main fuel line.

 

配管類はみな交換してあるようです それでなくては信頼性が保てないでしょう

主翼後桁についているフラップヒンジ金具のボールベアリング(ギョロ目)に注目A P-51 with flaps and wing root fairings removed.

 

これも別の-Dモデルのホイールウェル内部 油圧配管が目立ちます

 

 

防火壁 わずかに下ぶくれの形状で非常にすっきりした線です

 

エンジンマウント エアスクープアセンブリー(空気とりいれ口)は鋳造と見ました

ゴム製の円筒形エンジンサポートに注目

 

ラジエーターのエアスクープから内部を覗く 手前の楕円形はオイルクーラーでしょう

 

これは1984年に再訪したときに撮影したものです キャブレターが外れています

 

磨きこんだ金具

 

これは別の機体です

 

ラジエター、オイルクーラーむき出しの状態 主翼面は平滑です

 

エンジンはオーバーホールニューです