直線上に配置
プロフィール

 千葉サーフは、1975年(昭和50年)千葉市にあった「さつきが丘団地の釣りクラブ」より投げ釣り部門が独立し、全日本サーフへ加盟し産声をあげました。初代会長は杉浦孝雄氏、昭和57年2代目会長佐久間順蔵氏、平成5年3代目会長廣石勝司氏、平成14年4代目坂井勇二郎氏、平成20年5代目増村隆氏、平成22年坂井勇二郎氏により現在に至っております。
 活動はスタートから全日本サーフ形式でしたが、他の関東の投げ釣りクラブ同様、「キスの数釣り」も楽しんでおり、房総を活動拠点としていた関係から必然的に堤防、磯、根回りの小場所の釣りが多く、浜からのキス釣り一辺倒ではなく「根回りの良型キスの数釣り」という、現在ではあまり考えられないような贅沢な釣りをしていました。この房総の地形と自然を受け入れた自然体の釣りが、現在の大物志向の釣りの下地になっていたと思われます。
 千葉サーフは平成27年創立40周年を迎え、スタートから一貫して全日本サーフのクラブとして活動してきました。平成元年に東京協会が発足するまでは、関東で唯一の全日本サーフ加盟クラブという異色の存在でしたが、東京協会発足後全日本サーフ加盟クラブが増え、また「磯投げ」というジャンルの釣りが認知されるようになり、自分たちの釣りの方向性が一層明確になったような気がします。
 今後も周りの環境に惑わされずに、全日本サーフの釣りを楽しみながら、若手の育成とクラブの活性化を図れれば、と考えております。
 活動内容はこちら
                                            



平成28年度会員

 役  職  氏 名  現 住 所 出身地 誕生年   備  考
  廣石勝司 神奈川県川崎市 下関市 1937 元千葉協会長
大物事務局 坂井勇二郎 千葉県君津市   1959 前千葉協会長
千葉協会長 町田冨士雄 埼玉県桶川市   1960 中京サーフより移籍
前千葉サーフ会長 増村 隆 東京都中野区   1961 福岡サーフより
元大物事務局 海宝伸 千葉県富里市   1960  
副会長 横手 千葉市 熊本市 1953 若戸サーフより 
   内藤親 香川県高松市 静岡県 1947 NFCサーフへ
  鵜澤 千葉県本埜村   1962  
  伊藤 東京都東大和市      
前大物事務局   藤村 千葉県市原市 木更津市 1964  
元大物事務局  竹内英 千葉県船橋市 香川県 1961 高松サーフより移籍
  野上 愛知県豊橋市   1964 福岡サーフより
   内藤子 石川県金沢市 東京都 1975 NFCサーフへ
  小椋 神奈川県鎌倉市 愛媛県 1958  
青木 茨城県つくば市 新潟県 1969  
  渡辺 千葉県成田市   1974  
事務局、会計  遠藤 千葉県習志野市   1965   
  柳沢 神奈川県横浜市    1958  
  稲垣 神奈川県平塚市 市川市 1961  
友部 千葉県千葉市 1954
大山 神奈川県藤沢市 1961  
神崎 神奈川県藤沢市 1980 竜神サーフより
工藤 千葉県市川市 1964
泰地 東京都世田谷区 1975
大越 茨城県牛久市 1970






トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置