東方ネタ絵 その5


2004年01月25日

【東方 ラヂヲ】

魔「なんか音が鳴ってるぜ」
霖「これはラヂヲと言って、特殊な電波で
  騒霊を召喚して音を奏でる装置だよ」
霊「これを使えばあの三姉妹を呼び出せるかしら…」


2004年01月26日

【間 違った着用法】

マフラーとコート


2004年01月27日

【少女 秘封倶楽部】

─ 世界を隔てる壁はあまりにも厚くて

─ 世界を結ぶ入口は意外にも多くて

2004年01月28日

【ヴ】

2004年01月29日

【マー ベラスなトキメキ】

2004年01月30日

【宵闇 逆転】

あのねルーミアはね
頭のリボンが何故だか取れないんだよ
ル ルル ルルル
ルーミアはね

妖怪なんだ
妖怪なんだ
妖怪なんだけれど

友達なんだ可愛い奴さ

いつもお腹を空かせているんだよ

「だけど巫女にはとっても弱いんだってさ」

2004年02月01日

【不屈 の条件】

2004年02月02日

【ふゆ のうさぎ】

           -==- 、
            ,- 、_ノノ
      , - '  ̄     `ヽ-- 、            ,ヘ
     /              ヽ         /ヽ /  ∨
    , '                リ    l\/  `′
   ,'   , '   i          ヽイ  _|
   /   リ   i r\,_i  イリ    レ'  \  レティは
   i ノ ヽ_.  yr ̄ ヽ Yノ /リレ   >   >   雪兎
   i i  i 'ゝゝ __ ノ ⌒ i ('] i Yレ'  ∠__  だったんだよ
  ノ /  ゝi i      、` -iイ |       / !!!!
  -イ  i ヽゝ   , =- 、  .i ノリ     /_
    レ iルi iヽ   i_  ノ ,イイリ         |  ,、
      ,- 、Vi `' 、___ , /i レ_   ,-⌒.    |/ ヽ   ,ヘ
 rヽ.--|  |イ-/ヽ---'  ̄i ̄ /`、 ̄   y       \/ ヽ/
 i  ト |  i _r-、 \ 〜 i  i    、
r´i  i i   i i  i'ヽ  \/  /    i /
.i ヽ V   V i  i  /  /     >/
 '、  、   ,  , i

2004年02月03日

【節 分】

─ 節分 ─

冬の鬼神「青鬼」と春の鬼神「赤鬼」
の二つを憑けた式神が太巻を持って
幻想郷の丑寅の外れから出発し、
幻想郷を一周して戻ってくる事で
幻想郷全土に季節が変わったことを伝える行事

幻想郷の住人達はこの式神を見ると
「鬼は外」と叫びながら弾幕を浴びせるのが
古くからの習わしであり
弾幕ごっこで太巻きを奪ったものは福が訪れるという

太巻は「馬遁(ばとん)」と呼ばれ
人間界に伝わった後に馬遁里励(ばとんりれい)
へと変化したのは有名である

─ 美鈴書房刊「節分と弾幕の歴史」より─

2004年02月04日

【携帯 ストラップ】

神綺の地位向上のため
アリスが開発した最終兵器

デラックスうごめくしんきちゃん

魔界で好評発売中
定価1980GIL

2004年02月05日

【少女 は花嫁に憧れる】

今日 はいつものやかましい二人が来ない。
本日第一号の客は人形を持った金髪の少女だった。

目的は無く、ただ立 ち寄っただけらしいが、
僕が以前手に入れたいわくつきの
ウェディングドレスが気に入ったらしく試着したいと言った。
断る理由は特に無い。

色白の肌と金色の髪 が
この純白のドレスとうまく調和していて、
まるでこのドレスは彼女のために作られた物にさえ思えた。

彼女はこのドレスが 欲しいと言い出した。
元々売るつもりなど無かったのだが、
笑顔の彼女を見て気が変わった。
結局、彼女の持っていた人形と
交換ということで手を打った。

あの少女はきっと素 敵な花嫁になるだろう。
未来の新郎よりも先にドレス姿を見た僕は
誰にでもなく少しだけ優越感を感じた。

2004年02月06日

【やう やう白く咲く百合】

節分を過ぎ
春が近付くと

彼女達は生まれてきます

2004年02月08日

【春人 形しらゆり】

魔界にて好評発売中
希望小売価格1280GIL

※お近くの香霖堂でも購入できます

通信販売始めました
魔界霊波通信 666-666-66
66
送料・手数料は
マカネット・シンキが負担します

2004年02月09日

【ス ター棒ブレイク】

2004年02月10日

【三色 巫女】

2004年02月11日

【白魔 理沙】

霊「何持ってるの?」
魔「ちょっと古着を見つけてな、
  まだ着れそうだから…」
霊「じゃあ着てみたら?」

── 数分後 ──

魔「うふふ、魔理沙よ(はぁと)」
霊「そんなっ!口調まで変わって!?」
魔「うふっ、うふふふふふふふふ…」
霊「誰か!誰かぁ〜〜〜〜!!(怯」

2004年02月12日

【聖 レーヴァテインデー】

霊芭手印の日

はるか太古の神話の時代、
炎の魔神スルトが人間の娘に恋をした。
しかし神と人、決して許されることの無い
恋に嘆いたスルトは
自らの持つ炎の魔剣
「霊芭手印」(れいばていん)で
娘の体を焼き尽くした。
そして娘は肉体という呪縛から開放され、
その魂はスルトと結ばれたのである。

この伝説から、
炎の弾幕を用いて恋人の愛の深さを試す
「レーヴァテインデー」の試練が
毎年2月14日に行われるのである。

─ 美鈴書房刊「炎の弾幕と炎の愛」より─


2004年02月13日

【Star gazer】

人間には元来

太陽の光で
月の光で
星の光で

時を知り、自分の位置を知る能力があった

文明の進歩が人間からそれを奪ったのだろうか

2004年02月14日

【ちゆ りチョコ】

これは小さくても本命のチョコだ。
受け取った方が身の為だぜ。

2004年02月15日

【春が うたう日】

リリーのとんがり帽子の内側には
とても立派なアホ毛があります

神綺様は
自分の眷族なのではないか
と思っています



もどる

トップページへ