松尾葉子プロフィール

松尾葉子写真 名古屋市生まれ。お茶の水女子大学文教育学部音楽科を卒業後、東京芸術大学指揮科に入学。指揮法を渡辺暁雄、小林研一郎両氏に師事。

 1979年、同大学大学院に進み、1年間、群馬交響楽団の学生のためのコンサートの指揮者を務める。

 1981年、国際ロータリー財団の奨学生としてフランスに留学、パリ・エコールノルマル音楽院指揮科でピエール・デルヴォー氏に師事。

 1982年にフランスのブザンソン国際指揮者コンクールで女性として史上初めて、また日本人としては小澤征爾についで二人目の優勝という壮挙により、一躍注目を集めた。同年帰国し、名古屋フィルを指揮して名古屋デビュー。この年、東海テレビ賞受賞。

 1983年、『若い芽のコンサート』でNHK交響楽団を指揮、絶賛を博した。以後、東京交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルほか、国内の主要オーケストラを次々に指揮して高い評価を得る。 この年、エイボン女性芸術賞受賞。

 1999年にセントラル愛知交響楽団の常任指揮者に就任。次々に新しい企画を成功させ、注目される。

 2000年名古屋能楽堂での『ドン・ジョヴァンニ』は茂山千之丞の演出により話題をよぶ。都市文化奨励賞を受賞。

 2003年には『異説カルメン情話』(文楽様式を取り入れたオペラの演奏)、2004年にはセントラル愛知交響楽団の東京公演を行い、この『異説カルメン情話』が絶賛されるなど指揮者・プロデューサーとしても活躍。

 2004年、文化庁海外特別派遣としてパリ管弦楽団で研修する。

 2005年、中部国際空港開港式典の指揮。愛知万博ジャパンデー開幕式典の指揮。海外での活躍は1982年以来、ブザンソン交響楽団、パリ・ラムルー管弦楽団、ベルギー・ブリュッセルの放送オーケストラのコンサート、録音をてがける。

 著書「指揮者にミューズが微笑んだ」(論創社)2003年新装改訂。中日新聞・東京新聞コラム執筆。

 1992年より毎年、水彩画を大潮会展に出品。 1982年より東京芸術大学指揮科講師。セントラル愛知交響楽団指揮者首席客演指揮者。女声合唱団マドンナ「かきつばた」ディレクター。アンサンブル・フォルテ指揮者。


このページのトップへ戻る