(上) 三八式野砲を改造した超小型砲塔の砲座跡 写真提供:「もっともっと北へ」HP管理人スズ様
 意外と見落とされがちなこの砲座。詳しくは下をご覧ください。スズ様写真ありがとうございました。「もっともっと北へ」HPでは入江山観測所の写真が紹介されています。

入江山演習砲台


入江山演習砲台の略年表
1922(大正11)年2月6日 米・英・仏・伊・日の五カ国が締約するワシントン海軍軍縮条約が調印された。
 この条約により日本は主力艦の保有量を対米英六割と決められ、八・八艦隊の戦艦「安芸」・「鹿島」・「摂津」・「土佐」、巡洋戦艦「鞍馬」・「生駒」・「伊吹」を廃艦として処分しなければならなくなった。
 そのため、これらの軍艦に搭載した(搭載予定だった)大口径砲塔が多数不要となり、のちに、下記のとおり陸上用の砲塔砲台に改造して要塞に転用した。
旧砲塔搭載艦
又は搭載予定艦
右記の砲台に
転用した砲塔数
設置された「要塞名」砲台名
戦艦
(廃艦)
安芸 25cmカノン砲2門入砲塔2基 「東京湾要塞」城ヶ島砲台
鹿島 30cmカノン砲2門入砲塔各1基 「東京湾要塞」千代ヶ崎砲台
「壱岐要塞」的山大島砲台
摂津 30cmカノン砲2門入砲塔各1基 「対馬要塞」竜ノ崎第1砲台、同2砲台
土佐 40cmカノン砲2門入砲塔1基 「鎮海湾要塞」張子嶝砲台
巡洋戦艦
(廃艦)
鞍馬 20cmカノン砲2門入砲塔2基 「東京湾要塞」大房岬砲台
生駒 30cmカノン砲2門入砲塔1基 「東京湾要塞」洲崎第1砲台
伊吹 30cmカノン砲2門入砲塔各1基 「津軽要塞」大間崎砲台
「豊予要塞」鶴見崎(丹賀)砲台
巡洋戦艦
(空母へ改造)
赤城 40cmカノン砲2門入砲塔各1基 「壱岐要塞」黒崎砲台
「対馬要塞」豊砲台
1923(大正12)年6月 八八式海岸射撃具の理論上の研究と模型による実験が始まる。
1924(大正13)年9月 (津軽要塞唯一の砲塔砲台である)大間崎砲台の起工。
1925(大正14)年4月 八八式海岸射撃具の試製と試験が始まる。
1926(大正15)年7月 重砲兵学校において八八式海岸射撃具の実用試験が始まる。
1927(昭和 2)年4月1日 「函館要塞司令部」が「津軽要塞司令部」と改称。陸海軍告示第二号によって「函館要塞地帯」は「津軽要塞地帯」と改められた。
1927(昭和 2)年12月 八八式海岸射撃具仮制定の上申。
1928(昭和3)年1月23日 軍務局防備課より築城部本部長へ、「津軽要塞演習砲台増築要領」を施行するよう達。
    津軽要塞演習砲台増築要領
一、御殿山第二砲台砲台鏡観測所西側附近ニ遠距離観測所ヲ構築ス其様式ハ電気式測遠機用トシ中隊長室、測遠機室、算定具室、通信室等ヲ設クルモノトス
二、電気式測遠機附属野砲砲塔砲座一ヲ御殿山第二砲台応式分置観測所南側標高三百米十高地附近ニ設クルモノトス
1928(昭和3)年4月 海岸射撃具砲仮制定の上申。
1928(昭和3)年5月28日 築城部本部長山内静夫より陸軍大臣白川義則へ、「津軽要塞御殿山第二砲台、砲台鏡観測所除籍ノ件」の上申。
津軽要塞演習砲台増築ニ当リ首題観測所位置ニ遠距離観測所ヲ構築スルヲ適当トスヘキニ付此際該砲台鏡観測所ヲ除籍セラレ度
1928(昭和3)年6月1日 軍務局防備課長星川久七より津軽要塞司令官岸孝一へ、砲台鏡観測所を除籍しても差し支えないか調査するよう照会。
1928(昭和3)年6月19日 津軽要塞司令官岸孝一より軍務局防備課長星川久七へ、砲台鏡観測所除籍について差し支えないと回答。
1928(昭和3)年6月27日 御殿山第二砲台砲台鏡観測所を除籍するように、津軽要塞司令官へ達。
1928(昭和3)年7月17日 入江山演習砲台の遠距離観測所工事の認可を、津軽要塞司令官へ通牒。
1928(昭和3)年11月30日 入江山演習砲台の遠距離観測所竣工。
1929(昭和4)年7月26日 入江山演習砲台に八八式海岸射撃具と同具砲(野砲砲塔)の据付竣工の件、報告。
1929(昭和4)年9月 大間崎砲台の竣工。(津軽要塞に砲塔砲台誕生)

 (上) 津軽要塞演習砲台増築要領の付図 陸軍省「密大日記」昭和4年(防衛研究所蔵)
出典:アジア歴史資料センター
 上の図で「現在」と記されている観測所が、1928(昭和3)年1月の段階で使用されていたことがわかる。
 すでに廃止されていた函館山山頂の御殿山第一砲台の観測所が、御殿山第二砲台の右翼観測所として利用されているのが興味深い。
 この段階では、砲台鏡観測所の隣に遠距離観測所を増築する計画であったが、その後、砲台鏡観測所を除籍してその位置に遠距離観測所が築かれた。
 (上) 戦後の海岸射撃具砲(野砲砲塔)砲座  (上) 海岸射撃具砲(野砲砲塔)のイメージ
 八八式海岸射撃具は、ワシントン海軍軍縮条約の影響で陸揚げされる砲塔砲台のために開発された。その射撃具の演習のために考案されたのが、「海岸射撃具砲」と名付けられた三八式野砲を改造した超小型砲塔である。
 青森県大間崎に砲塔砲台が築かれるのと平行して、その演習用として設置されたようである。
 「八八式海岸射撃具砲ノ概説」によると、「(八八式海岸)射撃具ハ電気的ニ連絡セル測遠機、算定具及火砲ニ附属スル照準具ヨリ成立シ之等ノ操作ハ三者ノ連繋ニ依ラサレハ演練スルコト能ハス而シテ本砲ノ目的ハ之等ノ連繋操作ヲ円滑ニシ八八式海岸射撃具ノ訓練ヲ容易ナラシムルニアリ」、「砲身及揺架ハ三八式野砲ヲ応用シ砲架トノ結合ノ為メ僅少ナル改造ヲ加ヘタルノミトス」ということらしい。
 射程は7,800mであった。
 (上) 位置関係 (陸上自衛隊函館駐屯地蔵)
 函館産業遺産研究会会員の山道四郎様より、遠距離観測所の現状写真をいただきました。ありがとうございました。
 
遠距離観測所へつづく
 

Home > 津軽要塞 > 入江山演習砲台