第5段『ゆらぁいずおぉぶぁ〜♪』

ひっそりと改修を続けていた草薙さん。
室温34度と猛烈な湿気に作業を阻まれながらも、ようやく完成しました。
さぁ、ご覧あれ。








とまぁ、こんな仕上がり具合となりました。
はい?『
どこを改修したのかわからない?』。
そうですね…懐かしのウォーリーを探せ並みに解りにくいですね。

では改修箇所を、列挙いたしましょう。

1・顔
誰を造っても『
うわっ!男前っ!』などと評される私ですので、少佐も存分に男前だったんですが。
改修版では少しばかり肉を厚くして、男前度を緩和してみました(当社比)。

2・首
首が長くないですか?』との声がありましたので、1mmほど短くし、顎を少し引いてみました。

3・髪の毛
ところどころ線を増やし、右側に流れていた跳ね髪の様子を変更しました。
前髪の側面部を少々後ろへ膨らませ、前後髪の毛パーツ合わせ目を調整。
襟足も後髪に渉しにくいよう造り直しました。

4・右腕
ちょいと華奢だったかなぁと感じてましたので。
筋肉のつき具合を多めにして、若干逞しさを増しました。

5・各部のパーツ接合
レオタードへの両肩/首/ブルゾンなどの接合部を調整。
レオタード内へ肌が入り込むよう工作しましたが、複製時のパーツ収縮によって、若干はめ込みが厳しくなっています。
削らねば入らない、というわけではありませんが。
パーツの合い具合をよく確認し、調整した上で組み立てる必要があります。

その他、ズボンへの接触が少々難しかった左手も、ブルゾンの接合性向上に伴い、接触させやすくなっています。

6・右胸にサングラス
少佐愛用のサングラスです。
改修前版の当初構想に入ってたんですが、工作が間に合いそうになかったもので断念。
此度の再販売に合わせて、工作してみました。
右胸側面に差し込まれています感』を楽しんでいただけます。

きっとバトーさんら9課のおっさんたちも…
少佐、そのサングラス、胸に差してたツルだけでいいから、俺にくれないか?CV:大塚明夫さん
などと執拗に迫っているに違いありません。

7・ベルト
別パーツ化して、見た目の現実味と塗装しやすさを向上させました。
ズボンの左右合わせ部も、布が重なってます感を加えてみました。

8・9課マークの台座
湯飲み敷きとして大人気との噂もある台座です。
改修前版の原型はスカルピー製であの形でしたので、複製時に大破。
改修版では、複製品を原型として再生しました。
そのため『1%』ほど小さくなっています。
湯飲みを載せる際にはご注意ください。
また、よりサイバーパンクな塗装を楽しんでいただけるよう、台座にボルト/ナット表現を加えてアクセントとしています。

…といったところが主な改修箇所です。
地味な改修の数々なんですが、顔の角度と肉付きが少々変わり、胸にサングラスがってところで、少し印象が変わっています。

なお、此度の改修版は、胸元に差したサングラス、各部の接続精度向上、ベルトの別パーツ化、など。
『Mustang's Sculptures』のムスタングさんに作業していただきました。


さて塗装です。
改修の中身以上に、私にとっては大きな挑戦だったのが…
ちょっと明るめの色調で仕上げてみようよ
…ってことだったんです。

なにせいつも『明るすぎだろ、これ』との感覚に襲われ、フィギュアなのに『エナメル・ウォッシング』したり。
明度/彩度を落とすべく、上吹きをかけたり。
そして仕上がってみりゃ、どことなく漂う
戦車の香り…。

そんなミリタリーミニチュア風味から脱するべく。
たまには明るめに仕上げてみようじゃないか、ってことで挑んだんですが。
………なんか…………違うような気が。
鮮やかでもない、さほど暗くもない、なんか……半端なんですよね。
それどころか、なんだか色調に統一感が足りない気もします。
難しいもんですね。

台座の『9課マーク』も、少しばかり明るめのグレイ系としてみました。
例によって
サイバーパンク->->という単純発想で、全体に軽く、錆/油/雨だれのような汚しを施しています。
ボルト/ナットが加わったことにより、汚しがいがありますよ。

そうそう、サングラスの偏光反射を表現しようと、
ッジカラーに挑んでみました。
光があたる角度によって、異なる色を反射するというアレです。
パールですらまともに使えない私にとっては、そりゃもう大冒険
まずは2000円という価格に仰け反って、背中を痛めそうになりましたが。
そこはなんとか乗り越えて、塗装に漕ぎ着けました。
説明書をしっかと読んで、下地に黒を吹き付けて、その上にッジ

が…しかし………。
想いのほか、あのキラキラ成分の粒が大きくて、オーバースケール気味な仕上がりに。
吹き方に問題があったのかもしれませんが、でもまぁ偏光反射は『わずかに』得られていますので、よしとしましょう。

・キット仕様

キット名称 草薙素子
サイズ 1/6スケール
全高260mm、全幅80mm、全長140mm
材質 株式会社ユウビ造形複製、レジンキャスト
パーツ数 28個
付属品 組み立て説明書
版権者表記 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会
協力 乳房監修/台座素案:サングラス等設定資料提供
天真らんらん天衣むほー!』美少女愛好家:四角ゆりさん

サングラス/各部の接続精度向上/ベルトの別パーツ化など
Mustang's Sculptures』:ムスタングさん
販売価格 11000円(WonderFestival2009Summer当日限定)

・パーツ構成

そんなわけで、此度もなんとか完成しました。
誰もが羨む楽しい職場『公安9課』で、少佐から邪険に扱われてみたい方。
実は欲しかったんだけど買い損ねてしまった、という方。
そんな方に、お薦めするキットです。
来るワンダーフェスティバル2009夏、皆さんご自身の目で、お確かめください。

ご意見ご感想などございましたら
とどのつまりブログまで、お寄せください。


9課へおいでよトップページへ一期栄華一杯酒トップページへ