三宮麻由子の箸休め
麻由子のリトルエッセイズ 著作案内 活動報告 プロフィール リンク Home


「自然環境アカデミーの講演会場にて」
「大阪、玉造教会にて」
What's New


ブログのご案内

 ブログ「三宮麻由子の箸休め」を本格的に稼動しました。文字入力が中心となりますが、お楽しみください。
 なお、2017年以降の活動報告については、ブログにアップしてまいります。少しまとまった時点で投稿する場合もあると思います。
 最新情報につきましては、以下のアドレスからアクセスをお願いいたします。
http://ameblo.jp/mayukonohashiyasume/

代理店向け販売で「おでこにピツッ」がハードカバーとなりました

 福音館書店の絵本「おでこにピツッ」が、代理店向け販売用のハードカバー20選に入りました。
 一般書店ではご購入いただけませんが、代理店のみなさまにはお見知りおきいただけましたら幸いです。

国際俳句交流協会HPにショートエッセイを書き始めました

 「名句迷訳」のタイトルで、不定期に名句の英訳を試みています。
 私自身の勉強の場としても楽しみに書かせていただきます。
http://www.haiku-hia.com//report/meiku/archives/01.html


共著『父へ母へ』発刊のお知らせ

 『父へ母へ。100万回の「ありがとう」』 2016年9月、『PHP』編集部編
 月間「PHP」誌のリレー連載コーナー「心に残る、父のこと母のこと」に寄稿した原稿が、このコーナーのアンソロジーに収録されました。
 厳選された58編を収録したとのこと。書店やネットでどうぞ。ぜひお楽しみください。


「子供の友」八月号に執筆しました

 福音館書店「子供の友」八月号の「私の子供時代」コーナーにしっぴつしました。
 シーンレスに鳴りたてのころの、小さいけれど大きな経験のお話です。
 ぜひお楽しみください。


「バスはっしゃしまあす」が出版されました

 福音館書店「小さな科学の友」2016年一月号に、「バスはっしゃしまあす」を執筆しました。
 バスに乗っているときの「揺れ」に焦点を合わせた異色の絵本です。お子様を膝に乗せてお読みいただけるよう、体感を重視しています。
 ぜひお楽しみください。


文庫版ミステリーに解説を執筆しました

 丸山正樹氏のミステリー『デフ・ヴォイス』(文藝春秋)の文庫版に解説を執筆しました。
 本編と会わせてご一読ください。


「かぜ ふうほっほ」が単行本になりました

 福音館の「小さな科学の友」に執筆した絵本「かぜ ふうほっほ」が、単行本となり発売されました。秋の街の風、欅の音、気持ちの良い涼風を全身に受ける楽しさを、ぜひお楽しみください。




私のエッセイが収録されました

「ベストエッセイ2015」、日本文芸家協会編。昨年、新潮社の「考える人」に寄稿したエッセイです。お楽しみください。


新しく私のエッセイが収録された本をまとめてご案内いたします

『星の王子さまとサン=テグジュペリ 空と人を愛した作家のすべて』
河出書房新社編集部 編 定価1,680円(税込み)
『ベスト・エッセイ2012』 光村図書出版 定価:2,100円(税込み)
『こころを言葉にーエッセイのたしなみ』 (集英社、定価1900円+税)



第四回幼稚園絵本大賞を受賞しました

 福音館書店の「おいしい おと」が、第四回幼稚園絵本大賞を受賞しました。みなさまのご愛読に、あらためて御礼申し上げます。
 「あの本はうちの子の職育の第一歩となりました」など、多数の嬉しい声をいただいている本です。引き続き、広くご愛読、ご紹介いただけますよう、応援宜しくお願い致します。


福音館「ちいさなかがくのとも」四月号のご案内

 三年をかけて丁寧に作り上げた絵本、「そうっと そうっと さわってみたの」が、発売となりました。書店でもお求めいただけます。
 草花を静かに指で触ることを通じて、野原で植物とお話できるかな? という気持ちで書きました。ぜひお楽しみください。


「点字毎日」連載を継続します

 今年度は「よもやま日本語」のテーマでお送りします。引き続きご愛読のほど。


「ルポエッセイ 感じて歩く」発売のお知らせ

 岩波書店より発売。三年の時間をかけてじっくり書き上げました。私の経験を通して、シーンレスにとっての歩行環境からユニバーサルな共存社会まで、多彩な角度からアプローチを試みたルポエッセイです。考えるヒントにぜひご一読ください。


共著「いまこそ私は原発に反対します。」に執筆しました

 日本ペンクラブ編で、52人が執筆。俳句やエッセイなど、それぞれの思いがつづられています。私は、人間という種として、体の素朴な声を聞きながら、原発とではなく、まず自然と、命と向き合ったとき、放射能の存在や原発に対して導かれた考えを俳句エッセイの形で書きました。さまざまな視点からの作品が満載で、考えるヒントとなると思います。ぜひご一読を。





ツイッター

ツイッターのアドレスは以下の通りです。活動情報についてはこちらのほうがリアルタイムでごらんいただけますので、ぜひフォローしてくださいませ。
 リンクは、
http://twtr.jp/user/mayubird/follow  です。検索は「mayubird」で出てきます。つぶやきのリクエストや耳寄り情報も大歓迎です。






麻由子の季節の俳句

佐保姫の 近く居るらし 今朝の風
手を出せる 夜具の淵より 冴返る
辻に来て また北風と 出会いけり
緩まざる 街の動きや 夏の夕
武蔵野の 始まる辺り 秋暑し
踊る輪に 薄日の戻る 文化の日






トップページ更新しました。2016年10月8日

トップページ、プロフィール、書籍案内更新しました。2016年9月19日

トップページ、活動報告更新しました。2016年7月11日

トップページ、活動報告更新しました。2016年3月15日




 このページは、エッセイスト三宮麻由子の公式ホームページです。本サイトでは、私の活動や日々のちょっとしたお話、著書などをご紹介しております。
 質問、お便り大歓迎。どしどしお寄せください。
  メール:hashiyasume@hotmail.com

 送信の際には、おところ、お名前と簡単な自己紹介を必ずお書き添えのうえ、添付ファイルなしのテキスト形式(通常の文章)でお願いいたします。ホットメールのシステムが添付ファイルをブロックしてしまい、読むことができませんのでご理解ください。
 なお、メールはすべて拝読しておりますが、読者のみなさまと公平に意思疎通させていただくため、私信やご感想へのお返事、および個人的なメールの交換には対応しておりませんので、予めご了承ください。また、ご好意で提供していただいた資料や物品等の活用の有無や活用方法についてのお問い合わせ、個々の作品の音訳に当たっての読み方等に関するお問い合わせにも対応しておりません。そのほか、内容によってはお返事できないと判断する場合がありますので、ご理解いただけますようお願いいたします。

Page top
Thanks for your visit:    since 27 Nov 2002
本サイトの内容の無断転載、および無断利用を禁じます
当ページへの個人リンクはご遠慮ください

Copy right (C) 2002 Mayuko Sannomiya All rights reserved.