Profile


  1956年9月12日、香港生まれ。(もう四十路突入!)紡績業を営む富裕な家庭に、10人兄弟の末っ子として生まれる。高校卒業後、イギリスのリーズ大学へ留学し、テキスタイルマネージメントを学ぶが、家庭の事情(父の病気)のため中退し、1977年に香港へ戻る。その年の夏、ATV(麗的電視)主催の歌謡コンテストに出場し、準優勝。それがきっかけとなり、1977年、芸能界デビュー。芽が出ない時期が続いたが、1982年『烈火青春』で俳優としての評価を得るとともに、1984年には、歌手としても『モニカ』のカバーバージョンがヒットし、一躍トップアイドルの座につく。その後、順調にキャリアを築いていたが1990年、突如芸能界からの引退を宣言し、カナダへ移住。しかし、その2年後に俳優活動に復帰。『さらば、わが愛』、『ブエノスアイレス』などで国際的名声を得ている。さらに、1995年には歌手活動にも復帰し、ワールドツアーを敢行するなど、意欲的な活動を続けている。1999年には、世界最王手の環球(ユニバーサル)との契約が成立。音楽界でもますますの活躍が期待されている。
 確かな演技力と稀有なスター性は、海外でも評価されており、近年は、中国本土の映画や日本との合作映画にも出演している。ハリウッドからも『Mバタフライ』『バッフィ ザ・バンパイアキラー』など、数多くの作品にオファーされているが、今のところ断り続けている。本人曰く、「ハリウッド映画でいい役は、まずトム・クルーズのところへいく。僕のところまで来る訳がない。」とのこと。ハリウッド映画への進出に関しては、限りなく否定に近い言動を繰り返すレスリーであるが、ヨーロッパ映画への出演には興味を持っているようで、ドイツ映画への出演を考慮したこともあるという。また、映画製作にも積極的で、近いうちに監督業へも進出する予定である。 
 日本には、公式には、東京音楽祭で数度来日のほか(森進一、アラン・タム、チョー・ヨンピルとともに『冬のリビエラ』を歌ったことも!)、1989年(『チャイニーズ・ゴースト・スト―リー』のプロモーション)、1993年(『さらば、わが愛』のプロモーション)、1994年(授賞式出席)、1995年(『君さえいれば』プロモーション)、1997年(1月と6月、二度の来日コンサート)、1998年(写真撮影、ニュー・アルバム『Gift』&『上海グランド』プロモーション、映画『もういちど逢いたくて』撮影、)、1999年(『もういちど逢いたくて』プロモーション、写真集『Leslie』発売記念サイン会、世界音楽祭オーガスト・イン・ヒロシマグランドコンサート『Toghether』出演)に来訪している。