株式日記 2004年 9〜12月分



(株式日記過去ログ一覧へ戻る)



 12月30日(木)

 本年の株式市場、終了。
 まあ、1年を簡潔に振り返ると、

 1〜4月:利食い千人力
 5〜6月:休むも相場
 7〜12月:一進一退

 てところだったねぇ。4月中旬の急落寸前で保有株を全て売り、逃げ切ったのが今年最高の判断だった。
 来年は、信用取引にも手を広げる予定。売りも出来るようにして市場環境に左右されないようにしたい。

 で、来年に持ち越す株は、

 日産自動車(7201)
 コマツ電子金属(5977)

 の2銘柄。どちらかと言えば、コマツ電子の方に期待している。

 12月26日(日)

 インドネシアの大地震がどのような形で影響するか気になる。プラント系建設、海運、旅行関係には影響が出ると思う。
 自分にとっては、為替への影響の方が大きいが・・・
 今年は、もう取引する事は無さそう。
 来年も、1〜2月はまともに銘柄選別する余裕が無さそうなのであまり動けそうにないねぇ。

 12月23日(木)

 明日、ユニプレスを手じまいする。805の指成。
 この前、日産の減産に伴う業績悪化を発表したが、入っているのは本年分のみらしいので、再修正がありそうに思えるため。

 12月19日(日)

 今日、掲示板で教えていただいた関東つくば銀行(8338)のMSCBに、面白い条項が入っているのを見つけた。
 開示資料の第15条3項(2ページ目)、「本社債権者の選択による繰上償還」である。
 ・・・自分が理解したところでは、要するに、「株価が下限転換価額を下回ったらメリルリンチは関東つくば銀にMSCBの元本償還を要求することが出来る」ということのようである。
 おそらく、先日のアソシエント祭りの教訓をふまえてのことではないだろうか。
 あのときは、リーマン・ブラザーズはMSCBを転換しないまま持っており、アソシエントがその全てを買い取ることでおさまったようである。
 この方式を、いわゆる信義則で行うのではなく、明文化したことになるんだろうねぇ。
 ・・・まあ、セーフティーネットとしては当然とも言える。ことさらに神経をとがらせる必要もないはず。まさか、アソシエントのようなことをやっていることを知った上で引き受けたりはしないだろうし。
 だが、万一そのセーフティーネットが発動される時は・・・MSCB発行以上に大変なことが発生しているはずだよねぇ。そんな場合でも、引き受け手は無傷と。
 ・・・いやはや、よく考えねぇ。

 12月18日(土)

 今週は各銘柄とも上昇したので一安心。特に、コマツ電子が1000円台を回復したのでほっとした。
 このままの勢いが続くかどうかは、為替次第になるのかねぇ。

 さて、ここ最近で、今後の株価の先行きが怪しくなるのではないかと思われる兆しが3点ほどある。

 まず、機械受注や日銀短観など、各種指標で景気の減速傾向が鮮明になってきた点が挙げられる。
 今現在、一時的な踊り場なのか不景気の入り口なのかはまだ不明なれど、各社一様に増益、という期待はできなくなったといえる。

 次に、最近、初心者向けの株セミナー?などが広まりだしているらしき点である。
 今朝、偶然日テレで株特集をやっているのを視たが・・・今、女性向けセミナーが大人気らしい。野村の女性向け開拓部門?の女の人が出ていた。あと、大学生向けの口座の模様があった。さらに、少年向けということで「M.I.Q.」も紹介されていた。
 ・・・
 ・・・
 いや、一連の特集を見て・・・「うさんくさいはめ込み屋さんたち大集合」特集に思えたのよ。
 なんか、「高いところでは買わないようにして下さい」のような何の意味もないことをさも素晴らしいアドバイスのように語っている女相場師?がいたし。
 「M.I.Q.」の原作者が何か語っているのを持ち上げている上に、なぜか編集者?まで出て来るし。
 ・・・自分には爆笑ものの十数分だったわけだが・・・株価について考えてみると、「マスコミが株をあおったら天井」はかなり当たるから気をつけたいところ。しかも、今回は煽り方がかなり悪質なので十分警戒したい。

 で、最後の兆しは、身近なところから。
 ・・・後輩が、株をやりたいと言い出した。
 ちなみに、別の後輩(複数)が以前、株をやりたいと言い出したのは去年9〜10月頃と今年3月頃だった。その後始めたという話は聞いていないが。
 ・・・今回言い出している彼が口座開設をしたら逃げるべきかも知れない。

 ・・・まあ、いずれにしろ、銘柄選別はしっかりやっておかなきゃねぇ。

 12月12日(日)

 今週は四季報が発売される。
 鉄鋼不足で減産を行う日産と、そのあおりを受けて減益予想のユニプレスの動向が気になるところ。
 そのほかの銘柄については、新興市場の動向に注目する予定。市場全体ではまだ下げると思うが、そろそろ買いを入れて良い銘柄が出てこないかな?

 ヘラクレスの名物銘柄、サンライズ・テクノロジー(4830)がまたやってくれた。
 現在の株価が250円近辺にも関わらず、それよりもはるかに低い1株70円での新株予約権の発行を決議した模様である。1株の価値、という観点からは妥当かも知れない値ではあるが。
 ・・・MSCBでまだ懲りてなかったのかねぇ?というか、懲りるつもりもないのだろうけど。
 これに似た例としては、新株予約権ではなく第三者割当増資ではあるが、キーイングホーム(現・千年の杜)(1757)が挙げられそう。
 ここは、かつて、株価が600円台だった時期(02〜03年くらい?)に、第三者割当増資をなんと1株50円で行ったことがあり、当然のごとく、その後株価は増資価格にさや寄せする形で暴落した。

 ・・・まあ、サンライズTを扱う人は、自分が扱っているのはどういう銘柄か十分承知だと思うので、このくらいでは驚いたり怒ったりしないはずだが・・・

 追伸。↓のAA、大好きです。

                          ___
                        / /   
                       /__/  ←MSCB 
                        ̄\    
                          \ 
                           / )
                    ∧_∧  / /\    
                    (  ´Д`) ./ /  \
                  /    _二ノ ←サンライズ・テクノロジー
                 //   /     
                (_二二づ_∧ 
                 /   (  ´Д`)  ←ロータス
           -=≡ /⌒( ヽ/⌒ヽ/\   
    -=≡ ./⌒ヽ,  /    \ \ \\ ヽ/⌒ヽ,
   -=≡  /   |_/__i.ノ ,へ _  / )/ \\/  .| /ii  ←丸石
   -=≡ ノ⌒二__ノ__ノ  ̄ | / i / .\ヽ  |./ |i           ((( )))
  -=≡ ()二二)― ||二)    ./ / / / ()二 し二) ―||二)    -=≡(Д`; ) キモイヨー
  -=≡ し|  | \.||     ( ヽ_(_つ  |   |\ ||      -=≡ / つ_つ
   -=≡  i  .|  ii      ヽ、つ       i   |  ii      -=≡ 人  Y   ←ホルダー
    -=≡ ゙、_ ノ               ゙、 _ノ       -=≡ し'(_)


 12月5日(日)

 コマツ電子は高く寄りついたものの、その後も上昇したので結果オーライと言うところか。
 下げてきたら再度ナンピンの予定。

 ↓アソシエントのスレで見かけたこのAA、好きです。

      .|;. | ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ.||  ||  ||
     . | .:|⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒||==||==||==
    . . .|. i|  ゚ o     ゜   。  ||_||_||_
  . .:.:.::|;. | 。   ゜ ゚ o       || ̄|| ̄|| ̄
 . . .:.:::::|l i| 。  ゜   ゚ 。   o  . ||==||==||== 雪が溶けると何になるか知ってますか?
. . .:.:::::::::! .,!     .    。     。||_||_||_ 雪が溶けると春になるんですよ・・・
.:.:.::::::::::::| ;i|   ゚ 。 o    。   || ̄|| ̄|| ̄ 
:::::::::::::::::| | ゚  o     ゜      ||==||==||==
:::::::::::::::::| |____ ∧∧ _____.|| ̄ ̄ ̄ ̄ 金が溶けるとどうなるか知ってますか?
;;;;;;;;;;;;;;;;;|;i |三二三ニ.:/⌒ヽ) ニ三ニ||____ 金が溶けると樹海に逝くんですよ・・・
:::::::::::::::::::::      〜(___)     .:.::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::      .::::::::::      .:.:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::      .:.::::::::. .     .:.::::::::::::::::::::::::::::::

 12月2日(木)

 明日、成行でコマツ電子のナンピン買いを行う。
 半導体関連で連結PER6倍台は安いと思う。
 さらに、300mmウエハー生産設備への投資が無駄になるとは思えないので、先行きは明るいと思うが・・・?
 ・・・あとは、四季報新春号まで様子見の可能性大。

 名鉄の公募MSCBは、特に波乱もなく当初転換価額が決まった模様。今後も、暴落とかは無さそうな気配であるが・・・今後の展開を期待。まあ、小口だから仕掛けにくいだろうしねぇ。

 11月28日(日)

 不二サッシ、損切り。165円の指成。
 得た現金で、コマツ電子か日産をナンピンする予定。

 コラムMSCBに関する一考察 (7)当初転換価額が後から決定されるMSCBを追加しました。気が向きましたらご一読を。
 ・・・この記事は、本来、優先株についての記事と題して番外扱いにするはずだったのだが・・・名古屋鉄道(9048)がこの方式でMSCBを発行するようなのでMSCBに関する記事に変更した。
 ・・・MSCBの記事は、6回で終わりにする予定だったのになぁ。
 ちなみに、J.P.モルガンが引き受けた三菱自動車(7211)の優先株や、2003年春先にみずほFG株の大暴落を引き起こした優先株はこれに分類されると思っている。
 さらに興味深いことに、名鉄はこのMSCBを私募ではなく公募で発行するらしい。
 どうなるのかものすごく楽しみ。

 11月27日(土)

 まずは訂正から。
 11月6日の日記で「アソシエントのMSCBは既に全株転換されているのではないか」という疑惑を書きましたが・・・明確に間違いだったことに気づきました。
 5%ルールは株式のみを申告するものだと思っていましたが・・・金融庁のEDINETを確認したところ、どうやら新株予約権付社債も含まれる模様。
 つまり、疑惑だと認識したMSCBは、転換されていたわけではなく、単に、リーマンがMSCBを取得したので、潜在株式を5%ルールで報告しただけの模様です・・・
 謹んで誤りをお詫びし、該当記事を削除いたします。

 持ち株は・・・日産とコマツ電子の下げがきつい。ただ、ファンダメンタルズが変化したわけではないのでまだ保有継続。
 一方、業績の下方修正を発表した不二サッシは、週明けに処分する予定。

 11月15日(月)

 IT関連の会社18社ほどが、春先に上場廃止となったメディア・リンクスと架空取引をやっていたという疑惑が報道されている。
 その代表格にライブドア(4753)があると言うから、どうなっていくか楽しみ。
 ITバブル崩壊時、光通信(9435)暴落の直前にも、週刊誌のスキャンダル疑惑報道があったと言うから、今回も同じ運命をたどるんじゃないかと興味津々。
 プロ野球新規参入が楽天で良かったと思うよ。

 松井証券でFXを初めてから1週間あまりが過ぎ、早速の巣立ちを決意。
 ・・・あちこち調べたら、松井は他と比較して異様にスプレッドが大きいことがわかってしまった上に、システムも貧弱であることがわかったので。リアルタイムチャートがないのには当初から不安を抱いていたけれども、ここまで差があるとは。
 とりあえずの落ち着き先は楽天証券の予定。専業業者を相手にするにはまだ経験不足であると思うので。

 11月13日(土)

 持ち株はじり下げの展開。しばらくは待ちの一手か。

 アソシエント、ついに上場前からの粉飾を認めて上場廃止に向かっている模様。
 なんというか・・・
 ・・・
 ・・・ゴキブリ1匹発見、あと何匹いるのか?と言った感じ。最初に見つかったと言うことは、特に悪質なゴキブリなんだろうけど。
 中央青山が監査しているところは怪しまれそう。場合によっては、監査法人が青山というだけで下げる相場が来るかも。
 自分の持ち株には青山のところはないが、気になるねぇ。

 あ〜そうそう。
 アソシエント前社長の成重は私財提供すると言っているらしい(記事)ですけど、その私財の元は何だったかをお考えの上で感動することをお勧めいたします。

 11月6日(土)

 ワラントの損切り完了・・・自分の学習能力の無さを反省_| ̄|●

 市況の好調に乗って、日産やコマツ電子がしっかり戻してくれている。このまま続いてくれればいいのだが。

 FXで早速NZドルを買ってみた。・・・レバレッジは最初ということで8倍程度にしておいた・・・これは果たして高いんだか低いんだか?
 まあ、10%近く変動してようやくロスカットラインに到達するようにしたから、平均?よりは低いと思うが・・・。
 ・・・初めて取り引きする際、チャートを見たとき戦慄した。値動きが思ったよりも大きい。レバレッジのかけ方次第ではあっという間に樹海行きになるではないか、と。
 でも、手前味噌ではあるが、チャートを見て戦慄するということは、今からやろうとしている取引のリスクをある程度は理解できているということで、挑戦する資格が自分にもあるのではないのか、とも思う。
 さて、どういう運命が待っているのやら・・・

 <この部分削除>

 11月5日(金)

 外国為替証拠金取引(FX)の口座開設を申し込んでしまった。
 松井のNetFxである。1口座で色々出来るのは、いいねぇ。
 ここのシステムで何よりありがたいのが、取引単位が1万単位(1万ドル、1万ユーロなど)であること。
 これが10万ドルだったりすると、追証即樹海の可能性があるが、1万ドルの追証なら、最大でも数万円ですむはずだからねぇ。
 追証リスクがある取引に手を出すのは初めてなので、細心の注意を払って運用の予定。
 まずは、スワップ狙いで豪ドルまたはNZドルあたりのロングで行こうと思うのだが?

 11月4日(木)

 米大統領選はあっさり決着が付いてしまった・・・オハイオ州に期待したのに。しかし、暫定投票分は11日後までに判明するって、あちらはそういう制度でいと思っているのだろうか・・・?
 ワラントは含み損が膨らみそうだが、もう少しホールド・・・

 11月3日(水)

 米大統領選は激戦のまま投票日になったが・・・どちらが勝つかということ以前に、4年前のような混乱が発生して政治空白が出ることの方が心配。
 とりあえず、そのリスクをヘッジする気分で昨日ドルプットと日経平均プットのeワラントを買ってみた。ちょっとだけど。
 まあ、どちらが勝って欲しいかといえば日本の民主党に嫌悪感を感じるのと同じ理由でケリーも胡散臭く見えるのでブッシュである。さて、米国民はどう判断するか?

 11月1日(月)

 有楽土地、売り。
 先月発表した中間決算見通しが減収だった点がどうしても気になる。
 市況(特に新興)が良くないので少しキャッシュを増やしておこうかと。
 ・・・どうやら、買った日は自分の成行注文のせいで買い気配で始まってしまったようなので、今回は371円の指成注文(場中、指値注文が約定しなければ大引けで成行注文を行う方式)で売る。
 流動性低いって、やっぱり面倒だねぇ。新興は、こっちの面からもこれから大変だろうねぇ。

 ここで買い増しをするとすれば、本日一時1000円割れしたコマツ電子か、不二サッシを狙うところだが、今は待ちの一手。

 10月31日(日)

 持ち株のコマツ電子が軟調な展開を続けている。
 電気株が下げているのに引きずられていると思われるからしばらく続くことが予想されるが、まだ持続。1000円割るかねぇ?

 先週粉飾が発覚して監理ポスト行きになったアソシエントは、MSCBの全額償還(買入消却)という興味深い事態になっている。
 まあ、それ自体は、粉飾決算の発覚と言う事態を考えれば当然のことであるし、引き受け手のリーマン・ブラザーズにとってみれば当然の権利であるといいたいだろう。
 ただ、ちょっと気になるのが、開示資料では、この決定が取締役会で行われたということになっている点。
 しかも、粉飾決算発覚の翌日という異例のスピードで。
 リーマン側が言い出す前にアソシエント側が率先して動いたのだろうか?
 まあ、責任を感じてと言うことだろうが、何か腑に落ちないものがあるんだよねぇ・・・
 それはそうと、資金繰り、大丈夫なのだろうか?

 ・・・と言う事態を観察していたところ、またもや監理ポスト行きのMSCB銘柄が。
 エム・ピー・テクノロジーズ(3734)である。
 まあ、こちらは粉飾決算とかではなく、自身(MPT)より規模が大きい非上場会社との合併、いわゆる「不適当な合併等」が理由らしいので、株券紙切れ化の危機が迫ったりしているわけではない模様。
 自分が知っている前例としては、AOCホールディングス(5017)誕生時がある。
 確か、上場企業のアラビア石油よりも、合併相手の富士石油(非上場)の方が規模が大きかったので問題になった記憶が・・・
 まあ、東証の開示情報をみるに同様のケースが時折あるようなので上場自体についてはアソシエントほどは危機的では無さそう。確実かどうかはなんとも言えないが。
 それよりも面白いのがMSCB発行のタイミング。監理ポスト入りの前日である。
 と言うか、MSCB発行の目的そのものが監理ポスト入りの事由である「不適当な合併」を行うための買収資金であると言うから爆笑である。
 また、転換下限価額が23万5000円と、当初転換価額97万4000円の約25%と言うかなり低い値に設定されているのも注目。
 ・・・引き受け手のリーマン・ブラザーズは監理ポスト入りを知っての上で、この有利な条件で、MSCBを引き受けた可能性が極めて高い。
 いや、事情(手取り資金の使途)を知るリーマンにとっては至極当然なのだろうけれども。
 監理ポスト入りすれば株価下落は容易に想像できるから、その分のリスクも(転換下限価額を低くすることで)織り込むのは当たり前のことだし。
 あと、純粋にファイナンスとしてみれば、50億という多額の資金(株主資本の3倍、総資産の2.5倍!)を得るには公募増資や借入、社債発行ではまず無理だろうから、MSCB発行を選んだのは悪いとは言えないと思う。
 また、下限転換価額でも一株株主資本(5万円強)の4倍以上なのだから、この観点からも、決して、一方的に悪いとは言えないと主張してみる。
 ・・・本当に50億必要ならだけど。
 ・・・でも、今回の一件、企業(MPT)にとっての良し悪しはさておき、既存株主にとっては災厄そのものなのだからやりきれないねぇ・・・
 今後は、リーマンがどんな動きをするのか(と、発行前にしていたか)に、大いに注目。
 はめ込みが存在していたのか否か、興味津々。

 10月29日(金)

 持ち株は相変わらず一進一退の状態だが、昨日、気になるニュースが・・・
 「三菱自動車(7211)、日産と軽自動車分野で提携」というやつである。
 ・・・三菱自にとってはメリットがあるだろうが、日産にとって、この時期に疫病神と手を組むメリットは何かあるのだろうか?
 三菱自の工場を新会社に移して生産させると言うことだから、良くない噂がついて回ると思うのだが・・・

 「M.I.Q.」、第一部終了と言うことで打ち切りだと思っていたけど、本当に第二部が始まるらしいね。
 今度はどんな手法を紹介するのだろう・・・

 10月23日(土)

 持ち株は週末もこれと言った動きはしなかった。しばらくは現状維持か。

 新潟の地震、影響あるかねぇ。新幹線は脱線したにもかかわらず、けが人無しとは大したものだねぇ。
 ただ、被害軽微とは言えそうもない・・・被災地の皆様のご無事をお祈りします。
 で・・・参考までに昨年5月の宮城地震の時に子会社が被害を受けた沖電気工業(6703)の株価を調べてみたが・・・特に目立った下げはなかった模様。
 ただ、今回はそれ以上の規模の可能性が高いので、影響が出るところも出そう。
 どちらにしろ、状況をしっかり見るべきだねぇ。

 10月21日(木)

 持ち株はここしばらく一進一退の状態が続いている。
 その中では、コマツ電子の下げが少し大きくなってきたので、さらに下げるようならナンピンすることを検討中。
 また、最近、有楽土地の売買高がかなり細っているのが気がかりと言えば気がかり。

 今朝は大変興味深いニュースが入ってきた。
 もちろん、アソシエント・テクノロジー(3714)の粉飾決算事件である。
 まあ、経費処理するべきものをなぜか資産として取り扱い、資産を水増しするというやり方自体は、古典的なものといえそう。エンロンもやっていたと聞くし。
 今回おもしろいのは、上場前から粉飾をやっていた可能性がかなり高いという点。そもそも上場できないところをさせてしまったと言うことで、幹事証券会社や東証は結構大変なことになりそう。
 ある意味、アルデプロ(8925)の再来とも言える。どっちもどっちと言うこともできそうだが、株主から見れば今回の方が逃げ場がない分だけたちが悪いと言えるだろうねぇ。
 これからの期待が楽しみでしょうがない。MSCB発行銘柄でもあるようだが、引き受け手はこの事態まで見越していたのだろうか・・・?

 どうやら、「M.I.Q.」の打ち切りが決定した模様。ここ最近は、内容がウソなだけでなく、漫画としても面白く無かったようだしねぇ。
 ・・・ただ、株をやったことがない人にとっては、「ためになる」という意見もあったようだ。自分にとっては信じがたいことであるが。
 それを考えると、やはり1回でも早く打ちきりにするべきものだったんだろうねぇ。・・・来週の最終回に期待。それとも、第2章として、また新手の商法の紹介でも始めるのだろうか?

 10月15日(金)

 今週は、不二サッシの突然の乱高下があった他は、特にこれと言った動きはなかった。
 今日出た有楽土地の中間決算見通しは減収増益と、微妙な結果になった。通期予想がどうなるか、注視する予定。
 ・・・ここで利益確定してしまうことも考えたが、もう少し追いかけてみる予定。

 鉄鋼・非鉄・海運をはじめとする中国関連は、いよいよ天井を打ったかのように思えてくるが、どうなのだろうか?
 肝心の中国そのものがどうなっているのか、はっきりわからないからねぇ・・・統計は当てにならないし。
 まぁ、ここから買いを入れない方が良さそうであるのは確かだが。

 10月10日(日)

 先週は有楽土地が上昇くれたおかげで含み益がでてくれた。
 今週は、特に動きがなければ様子見の予定だが・・・有楽土地とコマツ電子はしっかり注目。

 今朝の読売朝刊に、MPOの記事が出ていた。
 ・・・仕組みについては、ちゃんと要約して書いていると思うが、株価や既存株主にどういう影響があるか全く述べられていないのが不満。
 MSCB(と言う用語は出していないけど)や三菱自動車・みずほの優先株の時はそっちも書いたのに。
 ・・・それと・・・HPO(ハイブリッド・プライベート・オファリング?)って何ですか?
 初めて聞いたのですが・・・いやまあ、私ごときが知らない金融商品もいっぱいあるんだろうけど・・・

 それと、株とは直接関係ないものの、先日素晴らしいお笑いネタを入手。
 親から、「こんなのが届いたんだがどうよ」と言われ渡された小包を見てみると、なんと外国為替オプション取引の案内。
 早速封を開けて読んだところ、「ローリスクハイリターンの画期的商品」としてオプションが称えられている!!!
 リスクは買付代金の範囲内、リターンは無限なんだからだとさ。
 すごい。自分の思考範囲が如何に狭いか思い知らされた。だったらロト6なんか最高の金融商品じゃないか。リスクは一口200円で、リターンは最高4億円なんだから。
 また、外貨預金及び外国為替証拠金取引(FX)との比較が載せられており、如何にオプションの利益率が高いかが表とグラフで詳細に述べられている。
 あはははは。オプションのプレミアムと手数料を乗り越えられるだけの激しい動きが為替でどれだけあるというのだろうか。
 あと、一番笑えたのが取引例のところ。
 「相場が1ドル105円50銭の時、ストライク・プライス(権利行使価格)1ドル105円のコールをプレミアム2円30銭で購入し、相場が1ドル112円の時プレミアム6円50銭で転売」
 と言う説明が。一ヶ所あり得ない仮定がある。わからない人は、株式掲示板に知りたい旨書き込んで下さい。
 ・・・為替も、日経平均オプションも基本はいっしょのはずだからおかしいと思うのだが・・・。

 10月5日(火)

 明日、買値付近まで戻って来た新日本建設を手じまいする。どうせなら、もっとPERが低い銘柄に乗り換えておこうかと。
 が・・・先週から、「TOKYOMARKETを観る」さんの相場見通しが弱気になっているのも考慮し新規買付は見送り。
 昨年10月の急落では、弱気記事を無視した結果、新興市場の暴落にもろに巻き込まれて、含み益完全消滅という大打撃を受けたので、その再来を警戒し慎重に行くことにする。
 まあ、あちらの管理人さんがおっしゃっているとおり、急落が来なければ何よりなんだけどねぇ。

 10月3日(日)

 明日は久々にまとまった買いを入れる。
 不二サッシ(5940)、ユニプレス(5949)、コマツ電子金属(5977)、有楽土地(8838)と、いずれも東証2部の割安感が強い銘柄を選んでみた。新興はまた下がると見ているので。
 このうち、もっとも強気になっているのはコマツ電子である。半導体関連銘柄でありながら、予想PERは8倍程度と、かなりの割安水準に見える。買い増しも検討中。
 次に注目しているのは、有楽土地。成長性という観点からは新興不動産銘柄に及ばないのは承知しているけれども、売上・利益の大きさから見ればもっと高く評価されても良いと思える。
 ユニプレスは、割安感がある自動車部品銘柄の中から営業利益率が高いところということで選択。
 不二サッシは、低PERが決め手。今期予想で7倍弱、来期予想5倍というのは魅力的。

 一方、現在保有中の2銘柄については、日産は保有継続の予定だが、新日本建設は損切りを考え中。

 ・・・昨日、預かり資産残高百数十円の野村證券から郵便物が届いた。
 ちょうど期末が過ぎた時期なので口座残高かMRFの目論見書かと思い開けてみたところ、
 「いっしょで便利に資産管理『野村の特定口座』も『野村のホームトレードで』キャンペーン」に当選とのことで、2000円分の商品券が入っていた。
 いや、ありがたく使わせてもらうけど、当選者が自分で良いのか?応募したことも忘れていたのに。
 抽選で1万名様だったはずだが、人気無かったのか?
 ・・・百数十円で2000円稼いだので、本口座の今年の収益率は1000%を超えてしまった。わーい。

 9月27日(月)

 四季報を一通り見終えた。
 業界として目を引いたのは、鉄鋼・機械・自動車部品・商社と言ったところか。個別でおもしろそうなところも多いけど。
 特に、小型機械株は業績回復でずいぶん先行きが明るそう。
 ・・・まあ、だからといって急いで買う必要もないだろうからのんびり行こうかと。
 ここから、新興が反発できるとは思えないし。

 9月23日(木)

 なんかこの一週間で新興市場がずいぶん愉快なことに。
 まだまだ下がると見ているので、このまま様子見。・・・次の四季報を待っても良いかな?

 9月15日(水)

 JFEは朝、小高いところで逃げることが出来たが、シキボウの下げがきつかった。・・・ひと相場終わったように思える。
 そのシキボウ、並びに富士紡績を明日手じまいする。両者とも長期ではおもしろそうな銘柄ではあるが、短期的には伸びそうもないので。
 新日本建設については保有持続。小動きが続くのならば、中間配当までは保有持続してみようかと。

 9月14日(火)

 明日、JFEを手じまいすることに決定。
 チャートでは現在の株価が天井圏のように見え、なおかつ出来高が減少しているので、そろそろ引き時のように思えるため。

 あとは明日の四季報次第。

 9月13日(月)

 シキボウは大引けにかけて伸び悩んだが・・・まだホールド。
 富士紡績ものびているし、繊維株全体が活況だねぇ。両銘柄の買い増しも考えたけれど、明後日買っても良いわけで、明日は、動かないことにする。

 9月11日(土)

 木、金はシキボウの上昇でどうにか持ちこたえた展開だった。機械受注、GDPと、景気減速が明らかになりつつあるねぇ。
 シキボウはいつ売るか迷ってはいるけれども、まだPERが10倍を割っている状態であるのでホールドの予定。
 それよりも、JFEをどうするか思案中。3000円を割り込んだら売るかも。
 あとは、15(水)発売の四季報を待つ。

 ・・・「M.I.Q」はなんかもうどうでもいい展開になってきているが・・・そもそも、この作品は漫画としておもしろいのだろうか?
 いや、自分は株をやっているのでだいたいの用語とかはわかるけれども(でも、先々週あたりの「done」はわからなかった)、やっていない人にとっては意味不明だと思うのだが・・・
 どうなんだろう?

 9月7日(火)

 現在盛り上がっている低位株相場に乗ってみることにした。
 新日本建設(1879)、富士紡績(3104)、シキボウ(3109)、買い。いずれも、一株利益から見れば高くはないと見るが・・・?
 期待度は、新日建>シキボウ>富士紡である。
 新興が冷えている今、現在の低位株活況が続いてくれることを期待。と言うか、続いてくれると思う。
 ユアサ商事(8074)も検討したが、今年すでに2回もMSCBを発行していることを警戒して見送り。

 9月4日(土)

 業績の上方修正を好感して上昇していたJFEが昨日は反落。市況に引きずられたと考えてはいるものの、調整局面に入る可能性も否定できないので、警戒しつつ様子見。
 その市況の動きが気になる。朝方は堅調に動いていたことを見ると、インテルの決算のみが原因ではなく、国内要因もあるように思えるのだが・・・
 どちらにしろ、四季報待ちの状態。



(株式日記過去ログ一覧へ戻る)