参考データ

 

参考データへ戻る 穴の交差域クラス
面粗度
硬さ換算表
・面粗度
  表面あらさの種類
種類
記号
求め方
説明図
最大
高さ
Rmax
断面曲線から基準長さLを抜き取り、その部分の最大高さを求め、これをミクロン単位(μ=0.001mm)で表す。傷とみなされる並はずれて高い山や谷は除外する。
十点
平均
あらさ
Rz
断面曲線から基準長さLを抜き取り、高い方から3番目の山頂と、深い方から3番目の谷底を通る2本の平行線の間隔を測定し、同じくミクロン単位で表す。
中心線 平均
あらさ
Ra
断面曲線を中心線から折り返し、右図の斜線を引いた部分の面積を長さlで割った値。
一般的に中心線平均あらさ測定器で目盛りから直読する。
図面記入法の場合の最大高さRmax,+点平均あらさRz,中心平均あらさRaの区分値および基準長さ Lの標準値ならびに三角記号の区分。


表面あらさの区分値と三角記号
最大高さ
Rmaxの区分値
十点平均あらさ
Rzの区分値
中心線
平均あらさ
Raの区分値
Rmaxの区分値
三角記号
(0.05 S)
0.1 S
0.2 S
0.4 S
(0.05 Z)
0.1 Z
0.2 Z
0.4 Z
(0.00125a)
0.025a
0.05a
0.10a
---
▽▽▽▽
0.8 S
0.8 Z
0.20a
0.25
1.6 S
3.2 S
6.3 S
1.6 Z
3.2 Z
6.3 Z
0.40a
0.80a
1.6a
0.8
▽▽▽
12.5 S
(18 S )
25 S
12.5 Z
(18 Z )
25 Z

3.2a

6.3a

2.5
▽▽

(35 S )
50 S
(70 S )
100 S

(35Z )
50Z
(70 Z )
100 Z

12.5a

25a
8
(100S )
200 S
(280 S )
400 S
(560 S)
(140Z )
200 Z
(280 Z)
400 Z
(560 Z)

(50a)

(100a)
---
---
[備考] かっこをつけた区分値はとくに必要のない限り使用しない。
 
HOME参考データに戻るお問い合わせ | Tokyo Honing Service Co,.ltd