安曇野穂高温泉郷 穂高温泉供給株式会社
   
  温泉が届くまで
 
引湯の歴史
    
    長野県の北西、雄大な北アルプスの裾野に、広大に開けた平野部。ここが信州安曇野であります。
    
    安曇野のほぼ中央に位置する穂高は、豊かな湧水に恵まれ、わさびの栽培やニジマスの養殖が
    
    盛んな地であります。この穂高の山麓に昭和47年、当社によって引湯がなされました。
    
      
    穂高山麓に温泉を、と夢見た先人達は、明治と大正の初期2回にわたり木管で引湯を試みました。
      
    しかし、未熟な技術に加え、雪害などにより1、2年で使用不能となり、成功はしませんでした。  
      
    戦後も幾度か引湯計画が立てられましたが資金繰りなどの理由でどれも着工には至りませんでした。  
      
    
    当社設立昭和45年2月3日。
     
    同年から特殊FW管の敷設を2年に渡って行い、ようやく全線の完成をみました。  
      
    そして昭和47年4月1日、先人たちの夢はようやく達成されたのであります。
    
    以来、温泉付別荘をはじめ、ホテル・旅館などの営業施設も建設され『穂高温泉郷』は誕生しました。
    
  穂高温泉郷の泉質
    
      
    ・源泉名   有明厚生温泉源泉と国民宿舎有明荘源泉の混合泉
      
    ・湧出地   長野県安曇野市穂高有明(長峰)7296-1(長峰貯湯槽における分析)
      
    ・泉温   69.3℃
      
    ・泉質   アルカリ性単純温泉(アルカリ性低帳性高温泉)
      
    ・分析書   詳細につきましては→〔温泉分析書(PDF)〕
       
 
    
    ・穂高温泉郷の温泉について(お知らせ)  
    
     弊社が皆様に供給させていただいております温泉は、安曇野市穂高有明の中房地籍から引湯している温泉です。  
 
     そのため、弊社の広告や穂高温泉郷の広告・ポスターなどに中房渓谷から引湯と記載することがございます。    
 
     温泉を利用される方の中には、中房渓谷「中房温泉」を同じものと思われている方もいるかと思いますが、
 
     「中房温泉」は温泉旅館の名称ですのでお間違えのないようお願いいたします。
 
     また、弊社の温泉をご利用いただいているお客様で、上記内容を掲載されるお客様は、内容に間違えがないか
 
     ご確認のうえご掲載ください。
   
   集中管理
    
        
    @源泉→

  長峰貯湯槽
 源泉は、中部山岳国立公園の中にあり、標高1,450メートル付近で自然湧出

 しているものを、2ヶ所から集湯しています。

 源泉からは自然流下により10キロメートル離れた「長峰貯湯槽」に送られます。

 最初の到着地「長峰貯湯槽」までは約700メートルの標高差があるため、引湯

 路に6基の減圧槽を設けています。

 この源泉から「長峰貯湯槽」までを送湯本管@と呼んでいます。
        
      
     穂高温泉郷 温泉供給のあらまし
      
        
    A長峰貯湯槽

  →各地区へ
 「長峰貯湯槽」に集まった温泉は、有明地区D地区方面(送湯本管A)、

 有明地区BC地区方面(送湯本管B)、西穂高地区方面(送湯本管C)へと

 送られます。そして、各送湯本管から各地区の高台にある貯湯槽へいったん

 貯められ、そこから自然圧で場内の配湯管を通り、お客様の取出口に温泉が

 届きます。
        
      
        
    B集中管理

   システム
 有明地区では長峰貯湯槽からの自然圧を上手に利用するとともに、落差のあ

 る地形を生かして温泉を供給しています。(ポンプの使用はほとんどありません)

 これを「自然流下方式集中管理」と呼んでいます。

 また、有明地区BC地区からさらに南部にある西穂高地区は、温泉の温度低下

 を防ぐために、貯湯槽からポンプを利用し場内を循環させて再び貯湯槽に戻し

 ています。これを「循環管網方式集中管理」と呼んでいます。

 また、重要な貯湯槽がある拠点は、専用回線やインターネット網で事務所と結び、

 泉温や貯湯湯量(水位)・配湯湯量などの数値を監視しています。
        
        
        
    C施設全体

   の規模
 施設全体の規模は、送湯本管31キロメートル、各地区場内の配湯管54キロ

 メートル。総延長は実に85キロメートルにおよびます。

 そして、貯湯槽は全地区で28基あり、4,893立方メートルの貯湯ができます。

 以上の施設によって安定供給がなされています。
 
        
         
     
 
 
このページトップへ