USB LANアダプタを試す



 I・Oデータ機器のUSB-ET/TX-Sです。100Base−TX/10Base−T両方対応。

 USB LANアダプタって、従来凄く大きかったのですが、この機種はPCMCIAタイプのLANアダプタに付属のソケット大
にこじんまりとしています。
 PCMCIAのLANアダプタでは、カードも持ち歩かなければならないことを考えると、コンパクトさで「勝ち」です。

ただ、買ってみましたではつまらないので、幾つかデータなど。

  転送速度(実測):550KB〜570KB/S
  消費電流(マニュアル):200mA
  重さ:34g

 こんなところです。転送速度はWindows2000のパフォーマンスモニターでの読みなので、いい加減なのはご容赦を。
 ちなみに、コレガの同等品と速度は「同等」でした。大きさは「半分」。

 ☆一応トラブル報告

 Windows2000では、製品添付のドライバーVer.1.00ではセットアップに失敗します。
 メーカーサイトのVer.1.01を入れるとOK。
 IOさん、しっかりしてや。

 ☆結論

 評価は長期ロードテスト後が良いかと。USB LANアダプタには過去に随分泣かされたので。
 上記の通り、100BaseTXの速度は出ません。USB1.1自体が12MBPSしか伝送できないので無理。
 でも、いい買い物だったと思います。



トップへ
トップへ
戻る
戻る