液晶パネルを片手でも開けやすく

FTOSHIBAの会議室(nifty:FTOSHIBA/MES/14/5)の受け売りです。
メタリアムズさん、済みません。
ま、自分のマシンの改造日記と言うことで。

Libretto L1の開けにくい液晶パネルを開けやすくするのは、実に簡単なアイデアでした。
発案者に感謝。

すなわち、液晶パネルのロック(左右に有る爪のこと)の一方を効かなくします。



本体をばらした人は知っているのですが、本体右側の爪は、パネルを閉じたことのセンスをする
スイッチを押す役割があります。

ですから、左側の爪を効かないようにすればOK.

もちろん、この改造後に開けるときは右側を押し開けるように。

(01.07.01追記)
 つまようじの長さが短すぎると、パネル開け閉めの瞬間に爪がスライドしてつまようじが外れ、本体の中に
入ってしまいます。
 パネルの開け閉めの際に爪がスライドしないことを確認してくださいね。
 なお、爪を目一杯押し上げると、今度は爪の反対側の角が爪の入る穴の端にぶつかる可能性も有ります。

 意外と微妙な調整が必要です。



トップへ
トップへ
戻る
戻る