Windows2000を導入する(LibrettoL1編)

注意!ここに書いてある通りにセットアップを行っても何らかの不慮のトラブルでうまく行かない場合がありま
す。
皆さんの責任で行ってください。

Windows2000のセットアップを一度もやったことの無い人は、まずWindows2000セットアップそのものの
解説書もしくは解説ページをご覧下さい。

ここでは、LibrettoL1に限って注意すべきポイントに絞って説明します。

なお、基本的に次の物を除いてWindows2000用のドライバーはハードディスクの
C:Windows2000以下のディレクトリに入っています。
 ですから、Windows2000のセットアップ時にハードディスクは消してはいけません!

<無いもの、無いと思ったほうが良いもの>
  PCMCIA CD-ROM用ドライバー(カードドライバー含む)
  Savage IX ビデオドライバー(注)

(注)有るけど不具合をおこす可能性が有る。

最悪の場合、購入時の状態に戻る覚悟ができましたら、以下のステップでトライしてみてください。




0)セットアップ用ハードウエア・ソフトウエアの準備 & 心の準備

ハード編:
−PCMCIA駆動のCDドライブを用意する。
−上記PCMCIAカードのWindows2000ドライバを用意する
−USB FDDで、ブート可能なものを用意する。
※旧Lib用のPCMCIAタイプFDは、いろいろ問題があるのでUSBタイプを調達してください。

ソフト編:
−Windows2000 標準版もしくはUpgrade版
−ビデオドライバー Savage IX Windows2000用最新ドライバー
 www.s3graphics.comから入手してください。

あと、C:Windows2000ディレクトリの各ディレクトリに有るReadme.docもしくはReadme.rtfに一通り目を通してください。




1)非互換ソフトのアンインストール。
 Windows MEの起動後、CD-ROMドライブにWindows2000セットアップCDを入れてセットアップを実行すると、
互換性チェックが実行され、レポートが表示されます。

 このレポートで互換性が無いと言われたソフトを全てアンインストールします。
 ここで、さぽると後で痛い目にあうので、必ず全部消してください。




2)Windows2000セットアップ(Windows ME上から)
 再度Windows MEの起動後、CD-ROMドライブにWindows2000セットアップCDを入れてセットアップを実行します。
 今度はハードウエアの非互換性の話だけがレポートされ、セットアップが継続できるはずです。

 なお、このときにUSB FDDはUSBポートに繋いでおくこと。

 セットアップに当たっては、Windowsのアップグレードを選択します。
 新規インストールでもできると思いますが、ここでは説明しません。理由は、先に述べたようにc:Windows2000の
ディレクトリにLibL1専用のWindows2000ドライバーが入っていて、万一消すと面倒なことになるからです。

 基本的に、デフォルトの設定でセットアップを進めていけばOK。

さて、延々ハードディスクにファイルをコピーするはずです。コピー終了後のブートの際にいくつかの操作が必要なので
我慢して付き合ってください。




3)ブート直後〜セットアップ終了まで
 再起動すると、見なれたブート画面とは違う表示が出て、英語で "もしSCSIとかRaidとかのデバイスを使うならF6を押
す" と出るので、これが表示されているときにF6を押します。その後、「追加ドライバーがあればSを押す」と英語表示
されるので、Sを押し、USB FDDにCD-ROMドライブのWindows2000ドライバの入ったFDをセットします。
 その後は画面の指示にしたがってセットアップを続けます。

約30〜40分後にはVGA画面のWindows2000が起動しているはずです。




4)東芝ドライバーの導入

 後少しです。

 Administratorでログインします。
 ログイン後、マイコンピューターのC:Windows2000を開き、
 (1)Commonディレクトリのセットアップを実行
 (2)VIDEOディレクトリのセットアップを実行
 (3)TPS\DISK1ディレクトリのセットアップを実行
 (4)TDPSディレクトリのセットアップを実行
 (5)Audioディレクトリのセットアップを実行
 (6)Modemディレクトリのセットアップを実行
 (7)Tosutilディレクトリのセットアップを実行
 (8)(必要なら)CDRWディレクトリのセットアップを実行




5)ビデオドライバーの更新
 4)完了後、最初に準備したSavageIXビデオドライバの最新版をセットアップします。

 以上で、Windows2000にアップグレード完了です。
 あとは、アンインストールしたソフトの再セットアップになります。




補足:
 Windows2000に関しては、01年06末時点でSP2(サービスパック2)がリリースされています。
 ウチでは早速入れてみました。特に動作に変化はありませんでした。


トップへ
トップへ
戻る
戻る