外国人ビザ、日本国籍、帰化申請、中国語可

事例紹介




 Aさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

 Aさんは、かって日本人と結婚し、来日しました。しかし、言葉の
 問題もあり、来日直後、離婚してしまいました。帰国する気にもな
       れなかったため、そのままオーバーステイ状態になり、やがて7年
      の歳月が過ぎました。そんな時、職場で知り合った日本人と結婚す
      ることになり彼は在留特別許可の取得できますか。
 回答:在留特別許可を貰えます。

コメント:当事務所のアドバイスを受けて結婚手続きを済ませました。その後、申告に必要な書類を整えて、東京入管に出頭しました。1年2か月後許可が下りました。

 Bさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Bさんは、留学生として来日し、最初の4年間は真面目に勉強をし、日本語学校や専門学校を無事卒業しました。その後、就職を試みましたが、うまく行かず、結局別の専門学校に進学しました。
 ところが、この学校は生徒に真面目に授業をせず、卒業資格さえお金を払えばもらえるというとんでもない学校で、結局、Bさんは、この学校を中退することにしました。その後、日本で知り合った永住権を有する同国人と結婚しました。そして、留学生から永住者の配偶者への資格変更を申請しましたが、不許可になりました。彼は、在留特別許可を貰えますか。
 回答:貰えます。

コメント:いったん帰国して在留資格認定証明書で永住者の配偶者として再来日するという途もあったのですが、あつあつだった配偶者とひと時も離れたくないという気持ちから帰国せず、不法残留しました。 しかし、不法残留後、すぐに入管に出頭し、3か月後在留資格を貰えました。

 Cさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Cさんは、オーバーステイ中、日本人と知り合い、結婚を前提に付き合っていました。そして、その人の子供を身ごもりました。ところが
      その人とは結婚できず、シングルマザーとして子供を産みました。
      幸いにその人は認知だけはしてくれたので、子供の国籍は日本国
      籍となりました。Cさんは、在留特別許可を貰えますか。
 回答:もらえます。

コメント:その子供を育てながら日本で働いていましたが、当事務所のアドバイスで、このような場合、在留資格が得られるということを知り、在留を希望して入管に出頭しました。1年後、定住者の在留資格を得ることができました。

 Dさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Dさんは、オーバーステイ中、日本人と結婚し、その主人の子を身ごもっていました。その後、在留特別許可を求めて入管に出頭しました。そして、自宅で入管の回答を待っていましたが、やがて日本国籍の子供を出産しました。子供が生まれてから、子育てを手伝ってくれない主人に不満がつのり、結局、離婚することになってしまいました。
 回答:貰えます。

コメント:主人とは離婚しましたが、日本国籍の子供の親権者としてその子を養育監護していました。そのことは入管に報告しました。結局、1年半後、定住者として在留特別許可を得ることができました。

 Eさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Eさんは、オーバーステイ中、日本人と知り合い、結婚することになりました。すでに同居も開始していました。入管に出頭するつもりで当事務所のアドバイスを受け、書類の準備をしていました。そんな時、警察に捕まってしまいました。3日間の警察での拘留中、その日本人も警察からインタビューを受けましたが、結婚が真実のものであることは、信じてもらえました。
 回答:貰えます。

コメント:その後、起訴されることもなく、入管に送られ、収容されました。そして、収容中、入管の調べが有りましたが、2か月後、在留特別許可が下り、同時に釈放されました。

 Fさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Fさんは、過去に不法残留で強制退去させられました。その後、他人名義のパスポートで再び日本に入国し、働いていましたが、その時に知り合った日本人と結婚することになりました。当事務所のアドバイスに従って、本人名義で結婚手続きを行い、書類を整えて、入管に出頭しました。今回、他人名義のパスポートで不法入国したこと、
回答:貰えます。

コメント:過去、不法残留し、捕まったことがあることなども正直に申告しました。1年後、Fさんは在留特別許可を貰いました。

 Gさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Gさんは、ブローカーに頼んで、大使館で働くということで、公用ビザを取得し、来日しました。来日後、建築現場などでアルバイトしていましたが、日本である日本人と知り合い、結婚することになりました。そして、結婚手続き後、入管に在留を希望して出頭しました。Gさんは、在留特別許可を貰えますか。
 回答:貰えます。

コメント:公用ビザが嘘であったことも正直に申告しました。公用ビザには期限がないため、いつ大使館の仕事を辞めたのか、元々いなかったのか、大使館からの何らかの手紙で証明しない限り、彼が不法入国であることが認定できず、手続きを前に進めることも、外国人登録することもできず、かなり時間がかかりました。結果的には、不法入国が認定され1年半後に在留特別許可が出ました。

 Hさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

 Hさんは、オーバーステイ中に日本人と知り合い、結婚しました。そして、在留を希望し、入管に出頭しました。その後、しばらく自宅待機していましたが、その間、夫婦仲が悪くなり、結局、離婚することになってしまいました。しかし、その後、在日永住者を好きになり、この永住者と再婚しました。Hさんは在留特別許可を貰えますか。
 回答:貰えます。

コメント:入管への報告とともに、改めて書類を提出し、結局、当初の申告から2年半後、在留特別許可を得ることができました。

 Iさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Iさんは、10年前、他人名義のパスポートで入国しました。その後ずっと不法滞在のままで働きました。1年前、日本人と結婚しました。彼女が在留特別許可を貰えますか。 
 回答:貰えます。

コメント:現在、入管は在留特別許可に関してはかなり厳しく審査します。手続きも厳格に戻りました。在留特別許可を考える方が早めに専門家に相談した方がいいと思います。

 Jさん (個人情報保護のため、氏名、国籍、写真を掲載しません。)

Iさんは、5年前留学生として来日し、2年後、学費を払えなくなり、学校を中退しました。その後、在留資格の期限が到来しても帰国せず、不法残留しました。
 不法滞在中、親戚の紹介で、在日定住者と知り合い、結婚することに決めました。Iさんは、在留特別許可を貰えますか。
 回答:貰えます。

コメント:結婚する前に当事務所に相談しました。その後、在留特別許可の手続きを依頼しました。結婚手続きがスムースに済みました。横浜入管へ出頭してから7ヶ月で、在留特別許可が出ました。彼と奥さんは、2人とも初婚で、年齢的にもぴったりでした。全く問題がありません。それでも、違反審査の時に、朝9:00から夜7:00まで1日かかりました。
                                             




就労部門 
人文知識・国際業務
 技術ビザ
 技能ビザ
 経営管理ビザ
 企業内転勤
 家族滞在

 永住部門
 永住許可申請
 定住者ビザ申請
 日本人の配偶者ビザ
 永住者の配偶者ビザ
 永住許可申請の事例紹介

 在留特別許可
 在留特別許可とは
 在留特別許可手続きの流れ
 在留特別許可の種類
 在留特別許可の管轄
 在留特別許可の事例紹介

 帰化申請とは
 帰化申請のメリット
 帰化申請の条件
 帰化申請の管轄
 帰化申請の必要書類

 事務所に依頼する時基本知識
 事務所概要
 行動理念
 個人情報保護
 交通のご案内

 ビザ申請に関する事例
  永住許可申請に関する事例
 帰化申請に関する事例
 在留特別許可に関する事例
 外資企業の日本進出の事例
 外国人が日本で起業する事例

無料相談実施中!
完全予約制! 秘密厳守!
 お問い合わせ
03-3238-7690
中国語:080-3527-4022(SB)

ito-agen@js3.so-net.ne.jp
 平日:9:00~17:00
 土、日、祝日 要予約
 


 
営業時間や電話対応時間を教えて下さい。
 
営業時間:平日9:00~17:00
夜間及び土曜日は、予約可能
   事前にご相談ください。


      電話対応時間
平日、土曜日 9:00~夜8:00
休日(日曜日、祝日)は、メールでお願いします。



無料相談は、できますか?  

 
はい、1回目の相談は無料です。但し、ご来所の前に、電話やメールで具体的にお話を伺った上で、申請が可能かどうかなど、ある程度判断した後、ご来所いただきます。
  具体的な申請書の書き方や案件に特有な必要書類の内容などはご依頼のあったのちになります。


予約が必要ですか? 

 
 はい。すべては、ご予約必要です。ご来所の前日までにご予約ください。


こちらの会社や自宅に来ててもらうことはできますか? 
 
 原則的には、ご来所いただきますが、特別の事情がある方が電話でご相談ください


家族で同時にご依頼したときは割引はありますか?  
 
はい、ございます。ご依頼の時にご相談ください


依頼の際は、全額支払うのですか?  
 
いいえ、着手金(全体の半額)のみです。在留資格認定、更新、変更、永住申請の場合、着手金(全体の半額)は返金できませんが、成功報酬はいただきません。
  当事務所は、17年間の経験を持ち、相談の段階で、ある程度許可か不許可か判断できます。不許可の可能性の高いケースでは、申請をおすすめしていません。また、お引き受けできない場合もございます。
 ただし、帰化申請書類作成、及び在留特別許可手続きに関しては、もともと成功報酬をいただいていませんので、成功不成功にかかわらず、最初の段階で手続き料または書類作成料金しかいただいておりません。ご了承ください。