Chichiko Papalog 「気になる目白文化村」オルタネイト・テイク

O邸周辺に残る第三文化村の面影

image001

 すでに屋敷の建てかえが、かなり進んでしまった第三文化村の中で、おそらく開村当時とまったく変らない風情を保っているのがO邸周辺の緑地帯だ。O邸自体も、前面にある建物の屋根と外壁がリニューアルされただけで、ほとんど大正期の面影をそのまま今に伝えている。

 わたしが70年代の半ばに、初めて第三文化村を訪れたときにも、O邸のお屋敷はひときわ目立っていた。それは、武蔵野原生林をうまく取り入れ、手入れがゆきとどいた庭木を配した邸宅のデザイン全体が、とても洗練されているように感じたからだ。当時は敷地を囲むように、真っ白な背の低い木製の垣根が連なっていて、その白さがいつ見ても変らなかったところをみると、こまめにペンキを重ね塗りされていたに違いない。門から玄関まで123mもあるだろうか、和洋折衷のどこかロッジ風の古い建物も、たいへんしゃれた印象だった。

 現在は、前面の2階家の外壁がリニューアルされ、明るい色彩に変わったが、玄関の扉や窓枠など、元の屋敷そのままの装いが保たれている。旧屋敷に対する愛着が強く感じられて、とても好ましい。このリニューアルがあったぶん、背後の和風建物の部分が少しかすんでしまった。

また、このO邸をすぎた西坂の手前左手にも、こんもりとした森がそのまま残っている。お屋敷自体は森に隠れて見ることはできないが、涼やかな竹林と和風の門構えから、純和風建築の邸宅だと想像できる。このお宅をすぎると、すぐ左手に西坂公園があり、そのまま西坂を下っていくと下落合駅へと抜けることができる。

@ A

B

うっそうとした森の中に建つO邸。この一画だけがまるで別世界のように、文化村がそのまま息づいている。(方向@AB

リニューアルした屋敷の背後には、ひっそりと和風建築が見えている。この和風住宅とロッジ風の屋敷との和洋折衷が、絶妙に調和していた。

C  D

O邸をすぎるとすぐ右手に、やはり樹木が密生した一画が見えてくる。(写真左/方向C) 屋敷森がうっそうとしていて、道路側から家屋を直接見ることはできない。濃い竹薮が繁り、10mほど入ったところに、瀟洒な和風の門がかろうじて見える。(写真右/方向D)

写真左、クルマ進入禁止のガードのあるところが、区立西坂公園の入口。道なりに右手へ進むと二叉路があり、左は西坂をおりて下落合駅へ、右は霞坂から落合第一小学校、そして第四文化村方面へと通じている。

E

 

 

二叉路を左へ出たところにある西坂。(方向E)

この坂の両側にも、武蔵野原生林の名残をそこここに見ることができる。左側の屋敷が大正期には徳川別邸だった現・徳川邸。この邸宅の南斜面にも、濃い屋敷森があったのだが、昨年(2004)に土地を切り売りされたものか、斜面を削って大きなマンションが建ってしまった。

 

Copyright © October, 2004-2005 ChinchikoPapa. All rights reserved.