トップページ

 

説明: 説明: 説明: 説明: サークルトップ

 

まぼろしの瑠璃山殺人事件

氷川明神女体社のかたち

鋳成と荒神と目白

続・まぼろしの瑠璃山殺人事件

古墳刀を研いでみる

焼け跡の氷川明神社

二柱の御霊神の怨霊とは?

「目白」という地名は「地名」じゃないか?

七曲坂の大蛇(おろち)伝説。

下落合はミステリーサークルだらけ。(1)

下落合はミステリーサークルだらけ。(2)

下落合はミステリーサークルだらけ。(3)

下落合はミステリーサークルだらけ。(4)

下落合はミステリーサークルだらけ。(5)

下落合はミステリーサークルだらけ。(6)

下落合はミステリーサークルだらけ。(7)

下落合はミステリーサークルだらけ。(8)

下落合はミステリーサークルだらけ。(9)

下落合はミステリーサークルだらけ。(10)

下落合はミステリーサークルだらけ。(11)

鉄剣(鉄刀)は裏庭に眠っている。

海路やってきた1600年前の碧玉の輝き。

藤と御霊(五郎)伝説の糸をたぐると。

地面に刻まれた記憶の探し方。

大震災の焼け跡から現われたもの。

下落合の「丸山」と気になる芝丸山古墳。

東京に出雲が最接近したころ。

神田川と妙正寺川沿いの地勢相似。

バッケ出土の古墳刀を細見する。(上)

バッケ出土の古墳刀を細見する。(中)

バッケ出土の古墳刀を細見する。(下)

下落合駅前にあった「摺鉢山」。

「摺鉢山古墳」と「丸山古墳」の痕跡。

古代の下落合に「大王」はいたか?

王墓は街がよく見える川向こうに造ろう。

大きな「白鳥池」の埋め立て方法。

たまにはバッケの道じゃなくてハケの道。

上落合に浮かぶ巨大な幾何学フォルム。

「柴崎古墳」=将門首塚の面影。

戸山荘庭園絵図にみる「百八塚」の痕跡。

境内が古墳だった氷川明神の展開。

薬王院の境内は房州石だらけだ。

上落合の巨大なサークル跡を歩く。

「百八塚」の面影を多摩川段丘に見る。

島峰徹もビックリの地下式横穴古墳群。

相馬俊子は巨大古墳の丘上に立ったか。(上)

相馬俊子は巨大古墳の丘上に立ったか。(下)

 

南武蔵勢力の本拠地は東京都心?

小島善太郎は巨大古墳の上に立った。

高田八幡(穴八幡)は穴だらけ。

大鍛冶・小鍛冶たちの目白。(上)

大鍛冶・小鍛冶たちの目白。(中)

大鍛冶・小鍛冶たちの目白。(下)

金川(カニ川)の流域を概観してみる。

江戸湾を眺望できた待乳山古墳。

落合地域に散在する“ニキビ”を考える。

学習院の丘の南斜面を考える。

落合に残る東の「丸山」と西の「丸塚」。 new

 

八幡耕地(上落合453番地一帯)

説明: 説明: 説明: 説明: 摺鉢山1

摺鉢山(下落合847番地)

小上山麓(下落合1820番地一帯)

新宿駅西口の新宿角筈古墳()

 

Copyright © ChinchikoPapa. All rights reserved.

 

説明: 説明: 説明: 説明: http://x8.shinobi.jp/bin/ll?096171400

 

 

ホームページ制作