トップページ

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 佐伯祐三タイトル

 

「下落合風景」佐伯祐三の視線再び

このガードはひとつしかない。

鴟尾か鯱がのる赤屋根の豪邸。

当時も妙正寺川は溢れていたのか。

いつかどこかで、デジャビュ。

消えてしまった妙正寺川と旧・昭和橋。

寒くて遠出はひかえたものか。

下落合の銭湯を洗え。

雪だスキーだ、文化村の冬

80年前の開かずの踏み切り。

どうしてもわからない2枚の絵

佐伯祐三のアトリエ再び

中村彝タッチの下落合風景。

佐伯祐三の「下落合風景」描画ポイント

佐伯祐三は第二文化村周辺がお好き。

ヒントは佐伯祐三の「制作メモ」にあった

佐伯祐三お気に入りの「八島さん」ち。

この『下落合風景』は「八島さん」ちの門。

佐伯祐三の足取りを追え。

あと1年以上は楽しめる。

「門」の屋根はやっぱり赤かった。

『目白風景』は佐伯のちょっとした勘違い?

「タンク」は案外やっかいだった。

佐伯の諏訪谷は急速に宅地化された。

「草津温泉」は大繁盛していたか?

これでもか、「八島さん」ちの前通り。

下落合風景を描く佐伯祐三を描く笠原吉太郎。

『野菜』の野菜は下落合野菜?

大正期のもうひとつの“洗い場”。

阪本勝の「吹けば飛ぶような」下落合?

「森田さんのトナリ」に住んでいたのは?

二ノ坂付近での佐伯の足取り。

商店が途切れる目白通りはどこ?

寒いけど無理して遠出した佐伯祐三。

佐伯「制作メモ」を画像処理すると・・・。

「フビラ村の道」ではなく「アビラ村の首」だ。

佐伯が描く卒塔婆だらけの薬王院。

たまには換気の佐伯アトリエ。

下落合の郵便ポストを洗え。

「道」の近くに拡がる原っぱ。

「道」の下に「富永醫院」の看板があった。

この「く」の字カーブには見憶えが・・・。

また描いてもうた「八島さん」ちや。

「遠望の岡?」は二ノ坂だった。

中村彝と佐伯祐三の接点。

佐伯祐三の制作スピード。

「里見くんのトナリ」の森田さんは誰?

3Dの目白文化村とアビラ村を歩く。

X線の向こうに見える風景は?

二ノ坂から見える茶色いビル。

曾宮邸に現れた佐伯祐三の幽霊。

やっと出てきた第二文化村の遠景。

尾根道を西へとたどる佐伯祐三。

中井駅の見えない妙正寺川沿い。

光徳寺に「絵馬堂」はあったか?

この戸山ヶ原は、どこだかわからない。

佐伯「制作メモ」を写真から解析してみる。

下落合はこんな夢をみられる街。

上高田の光徳院は巨刹だった。

城北学園(目白学園)近くの夕暮れ。

この『下落合風景』は文化村の中だ。

1年半越しに手こずった『下落合風景』。

いまさらながら益満邸の「テニス」。

諏訪谷に繁った巨木のゆくえ。

未知の「下落合風景」を発見。

とってもうれしい『下落合風景』の話。

懲りずに「くの字のカーブ」の道に挑戦。

またまた未知の「下落合風景」を発見。

なんでも塗りこめてしまう佐伯キャンバス。

「かしの木のある家」だと思うが・・・。

佐伯祐三、「赤い鳥」野球チームに参戦。

佐伯の「制作メモ」と描画位置を整理する。

『下落合風景画集』を作ってしまった。

ゴッホ描画ポイントの作品プレート。

『絵馬堂』探しはまだまだつづく。

佐伯のデスマスクはとれなかった。

佐伯祐三の「テニス」を細見する。(上)

佐伯祐三の「テニス」を細見する。(中)

佐伯祐三の「テニス」を細見する。(下)

再現・益満邸テニスコート前の佐伯祐三。

「森たさんのトナリ」の空はやっぱりどんより。

アラハバキ神が奉られている「堂」。

「下落合風景」の贋作はすぐわかる?

佐伯の下塗りはいつもホワイト?

行商が通う文化村の「スキー場」。

まだ飽きへんし「八島さんの前通り」。

『下落合風景画集』Ver.2ができた。

金剛院と長崎氷川社と不動堂。

「アビラ村」丘上から眺める大隈講堂。

佐伯祐三の横顔ONとOFF

旧・池田邸をカラー写真で観察する。

未知の「下落合風景」をまた発見?

芹沢邸で燃えた佐伯の50号。

佐伯アトリエをちょっとだけ拝見。

ドラマ『襤褸と宝石』にみる佐伯像。

佐伯ニワトリの引っ越しルート。

自邸前の佐伯作が気に入らない曾宮一念。

寺町に「絵馬堂」を訪ねて。

佐伯祐三の「下落合風景」も悩ましい。

佐伯祐三の下落合画帖はどこに?

没後80年佐伯展を観に横浜へ。

大磯山王町418番地の佐伯祐三一家。

諏訪谷の斜面を考える。

機械に取り憑かれた佐伯米子。

佐伯の『下落合風景』を評価する藤川栄子。

佐伯祐三の「踏切」を細見する。

佐伯祐三と大阪府立北野中学校。

京都五中を敗った北野中学1915年。

安打で大量得点の佐伯祐三1916年。

佐伯祐三「踏切」の現場を歩く。

佐伯の「中原」看板は人名ではなく地名だ。

鈴木良三が垣間見た佐伯祐三。

会費1円で「こりゃ安い!」1930年協会。

特徴だらけなのに不明な「下落合風景」。

佐伯祐三は自宅を描いている。

1930年協会と野長瀬晩花の接点。

鶏舎の臭いがたまりませんの。

歴史博物館のみなさん、ありがとう。

佐伯アトリエの地主を追いかける。

佐伯作品を疎開できなかった「理由」。

失われた未知の『下落合風景』を再現する。

佐伯の仕事を背後から覗いてた林重義。

佐伯の姪は「タヌキ嬢」。

 

フランスの化け猫は三味線を弾くか?

杏奴は米子が大っキライ。

第一文化村の二間道路から前谷戸を望む。

お気に入り八島さんちのリニューアル。

佐伯祐三の「浅川ヘイ」を考える。

佐伯アトリエ+「母屋」のリニューアル。

佐伯一家の墓所へお参り。

桜ヶ池不動堂の昔の「堂」写真が見たい。

佐伯祐三のイーゼルは現存している。

縮まらない佐伯像の齟齬やズレ。

「佐伯」だらけ大正の関西野球界。

明治時代の山手線ガードを見つけた。

佐伯展のポスターとリーフレットができた。

画家ならやりたいアトリエ記者会見。

『下落合風景』を写す歴博ロケ隊。

もうこれでおしまひでございます。

前代未聞の「佐伯祐三」展。

描かれなかった下落合の風景。

描画ポイントの上に建つ新築一戸建て。

長崎・池袋まで含めた佐伯ご近所マップ。

小島善太郎の戯曲『猫の夢』。

わしな〜、天井の柱も削ってもうた。

池田象牙店から銀座西8丁目を眺める

佐伯が書いた2350分の1の「偶然」。

佐伯祐三と赤塚不二夫の「デコッ八」。

佐伯邸の建設スタートは1921年(大正10)

だんだん大きくなる「洗濯物のある風景」。

カメラマン佐伯祐三の視線。

くりかえす「カンナ」と鉋と神奈と鉄穴。

帰ったで・行てくるでの『下落合風景』。

あまり知られていない1930年協会前史。

佐伯米子の実家向かい江木写真館。

素描に残る佐伯祐三の「下落合風景」。

「佐伯祐三展」図録の第2刷ができた。

大震災をスケッチする佐伯祐三と河野通勢。

被災地見物が流行った関東大震災。

渡仏前の最後に描かれた「下落合風景」。(上)

渡仏前の最後に描かれた「下落合風景」。(中)

渡仏前の最後に描かれた「下落合風景」。(下)

『下落合風景』の納邸が建てられるまで。

消えてしまった斜面の『下落合風景』。

「花嫁」が手放せなくなった佐伯祐三。

佐伯アトリエの「布瓦」を考える。

ようやく『下落合風景画集』Ver.4ができた。

佐伯祐三は曙工場を訪ねたか。

最勝寺の大師堂は『堂』なのか?

佐伯祐三の『踏切』ガードが規定できた。

最勝寺・大師堂を子細に観察する。

佐伯アトリエへ配達した近所の魚屋。

未知の『下落合風景』1927年4月。

女子学生が少ない学習院の政治学科。

絵が売れたさかいぎょうさん食うたるで。

加藤道夫と中島丈博の『襤褸と宝石』。

佐伯の「下落合風景」を分類してみる。

佐伯祐三は笑わない。

佐伯祐三のアトリエ「便所風景」。

薬王院の太子堂は茅葺きだった。

久七坂筋を描いた佐伯祐三「散歩道」。

1935年の佐伯回顧展にみる『下落合風景』。

佐伯祐三をめぐる物語いろいろ。

佐伯米子をめぐる物語いろいろ。

「下落合風景」作品のゆくえ。

佐伯祐三『汽船』はどこの貨客船?

佐伯祐三が描いた配水塔。

佐伯祐三の『下落合風景』は8月以前から。

横手貞美のリアルタイムな佐伯証言。(上)

横手貞美のリアルタイムな佐伯証言。(下)

美術講演会と『新洋画研究』の連続性。

“物証”としての曾宮一念の年賀状。

戸山ヶ原から垣間見える下落合風景。

佐伯のスケッチは大阪の淀川周辺では?

「池袋シンフォニー」と小泉清。

山手線と山手貨物線が走る切り通し。

1966年3月7日の「下落合風景を囲んで」。

新発見の『ひるね(弥智子像)』。(上)

新発見の『ひるね(弥智子像)』。(下)

昭和二年四月下落合ニテ佐伯祐三君。

 

あのな〜、わし「サエキくん」ゆうねん。

ぬくいのんが、わし好っきやねん。

わしな〜、リフォームしてんねんで。

あっ、諏訪谷のソミヤはんでっか。

ママさん、カルピスないのかね?

新宿で83年ぶりの個展やねん。

サエキの野▲ソよりはるかにマシじゃ!

中村センセの木炭紙、貸してんか〜?

サエキ先輩、おとどけものでーす!

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 八島さん

佐伯祐三『下落合風景』1926(八島さんの前通り)

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: タンク

佐伯祐三『下落合風景』1926(第ニ文化村水道タンク)

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 8029547

佐伯祐三『下落合風景』1926(二ノ坂上のアビラ村)

 

Copyright © ChinchikoPapa. All rights reserved.

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: http://x8.shinobi.jp/bin/ll?096171400

 

 

ホームページ制作