南部氏について
 
「南部」とは,固有名詞としては,岩手県の北部約3分の2と,青森県の東部を指す地理的呼称であるが,この「南部」の由来は,これらの地方を治めた,領主の姓である。この南部氏がなぜこの地方を治めるに至ったのかは,なぞが多い。

 
 

南部氏の発祥

 南部氏がどのように発祥したかについては,さほどの謎はない(多分)。前九年の役で東北を侵略してきた源頼義の息子で,有名な八幡太郎義家の弟である新羅三郎義光がその祖である。義光の息子か孫で,加賀美二郎遠光の三男光行が源頼朝の平氏征伐に軍功があったために,甲斐国の南部郷を与えられて,以後南部氏と称したとのことである。
 ちなみに,この光行さんは,我が小笠原家の祖である長清公とは兄弟であり,長清公は頼朝から甲斐国の小笠原郷を与えられた。

南部氏系図

三戸南部と八戸南部

 一口に南部氏と言っても,大きく分けて二つの系譜がある。一つは三戸南部氏と言って,光行の二男実光の系譜である。三戸は,八戸の南西にある盆地であり,港町である八戸とは対照的な街である。もう一つの八戸南部氏は,光行の三男実長の系譜であり,八戸根城(ねじょう)を根拠に活動していた。これらの両南部氏がどのようにして東北に来たかはさておき,その後の歴史について。
 三戸南部氏は,戦国時代といわれる室町時代末期に勢力を飛躍的に伸ばし,特に24代晴政の時代に,西は安藤氏などの津軽地方,北は下北半島,南は葛西氏,斯波氏などの岩手県の3分の2を獲得し,「月の満つるまで南部領」と呼ばれるほどであった。
 その後,晴政の後継者争いに乗じて,津軽地方を裏切り者大浦(津軽)為信に切り取られたが,豊臣,徳川にいち早くよしみを通じて,南部藩の成立を見た。
 これに対し,八戸南部氏は,南北朝時代はかなりの威勢をふるっていたが,次第に勢力が弱くなり,三戸南部氏の家臣のような立場となった。その後,南部藩が成立すると,八戸南部氏は遠野(十戸・とおのへ?)に遷り,遠野南部氏となった。
 ちなみに,八戸藩というのが江戸時代にできたが,これは,三戸南部の後継者問題と,幕府の分藩政策により建てられたもので,三戸南部の系統である。 
三戸南部氏の遺跡


三戸城


盛岡城

なぜ南部氏が東北に来たか

   公文書によれば,平家討伐で功を立てた光行が,今度は頼朝の泰衡追討名目での奥州侵略に従って功を立てたので,八戸を中心とする糠部群を与えられた。光行は,甲斐には三男実長を置いたのみで,一族を引き連れて,奥州に来た。これが三戸南部氏となった。
 その後,鎌倉幕府が滅び,後醍醐天皇が政権を執って,北畠顕家が奥州に来た際に引き連れてきたのが,甲斐の南部氏の師行であった。師行は,八戸を与えられ,そこに根城を造り,八戸南部氏となった。師行は,北畠顕家とともに転戦し,最後は堺で足利軍と戦い戦死したが,その子孫は,南朝方として八戸に拠点を置いた。
 これだけ見ると,謎なんかどこにもないようにも思われる。しかし,これはあくまで「公文書」によるものである。江戸時代になると,各大名は幕府に系図と由緒書きを提出しなければならなかった。そもそも徳川家からが,そのへんの旅坊主の成り上がりなのに,新田家の末裔だと称したりするものだから,「公文書」における家系偽造が横行した。南部家も,この例に漏れないのである。
 この公文書の由緒が疑われる理由としては,私的には次の3点。@光行が,せっかくもらった甲斐南部郷を去る理由がない。A前記の由緒が正しいとすれば,三戸南部こそが本家筋となるわけだが,家紋を見ると,八戸南部が「向かい鶴」なのに対し,三戸南部は「丸に向かい鶴」。オリジナルの家紋に何かを付け足すのは,分家の常であるから,これは不自然。B八戸南部氏が来るまでの間の三戸南部氏の動向が不明。よっぽど弱小勢力だったのか。
 では三戸南部氏はどこから来たのか。
 この点司馬遼太郎氏は,南部氏が,はるばる甲斐から,海を渡って八戸近くまで来たという伝承から,甲斐にいられなくなった南部氏の一部が,海を渡って北東北まで来て,馬賊か山賊のような生活をしてきたのではないかというのである。
 司馬氏の,いつもながらの大胆な推理だが,案外これが当たっているのではないかという気がする。まさか,先祖は馬賊でしたとは書けないであろうし,加えて,戦国時代の結果,「本家」筋の八戸南部氏を押さえて勢力拡大した分家の自己正当化。これが先述の「公文書」を作らせたのではなかろうか。

(04/06/21更新)
八戸南部氏の遺跡


八戸・根城本丸跡


遠野・鍋倉城
    
関連リンク
山梨県南部町ホームページ:http://www.town.nanbu.yamanashi.jp/
   
重兵衛歴史館へ戻る