痛みを取りのぞく鍼灸治療別窓 鍼灸治療の回数

鍼灸に治療をもとめる方の多くは、腰や膝、肩や首など身体のさまざまな部位に
痛みを抱え、ひどいときは動作の制限なども伴ってしまい、

『この痛みをなんとかしてほしい』

と訴えて来院されます。

鍼灸がなぜ「痛み」や「身体の不調」に有効かについては

@血液循環の改善
A筋肉の過緊張の緩和
B脳内鎮痛物質の分泌
C自律神経・免疫系への作用

など、科学的にも少しずつ解明されてきています。

すべての場合が1回の治療で改善するかというと必ずしもそうとはいえませんが、
症状が出始めてから日にちがあまり経過していなかったり、歪みかたの度合いが
激しくないようなときは、少数回の施術でほぼ解決をみることができます。

発症から3ヶ月以上のような長い時間を経過してしまっているものの場合、
患部のみならず繋がりのある他の部位にまで影響を及ぼして歪みが複雑化したり、
自然治癒力が十分に機能できず『改善しにくい悪循環』をおこしていることが
見受けられます。

この悪循環を断ち切るためには、大元になっている部分と、必要に応じて
枝葉・末葉にあたる各所への施術が必要になります。

また、

『日頃どのような姿勢でいることが多いか』
『からだの使い方のクセはないか』

に目を向けることも、とても大事になります。


ほとんどの場合、痛みが改善すれば治療は終了となりますが、

『同じ痛みに二度と苦しみたくない』
『予防のために』
『からだの管理に』

と、定期的なからだのチェックに引き続きお見えになる方も増えています。
言ってみれば、歯医者さんにおける定期検診のような受診の仕方をして
くださる方が多くなりました。

東洋医学の本来の考えが

『未病を治す(病気になる前に芽を摘む。病気になりにくいからだづくり)』

というものであることから、このように受診されることは大変喜ばしいことと
感じています。

受診の際は細かい問診と身体状態のチェックを行います。
どうか面倒くさがらずに細かいことまでお伝えください。
情報量が多ければ多いほど、術者の知識・経験から導き出される像が
明確化されていきます。

伝えるだけ伝えたら、あとは施術者におまかせください。


自律神経調整の鍼灸治療       


当院のコンセプトは
『こころとからだ、健康の再構築』です。
まず診察では、患者さんが抱えている症状や、それに伴う不安などを細かく
お話しいただきます。
その情報を元に身体所見を丁寧にとり、それらをベースに治療のアセスメント
をたてていきます。

当院の考える鍼灸治療の根幹は、現代の生活環境の中で乱れがちな自律神経、
中でも
身体の充電的役割を持つ『副交感神経』の機能レベルを高める治療
主眼を置いています。

そしてもうひとつは腸の働きを整える治療。
胃や腸の機能を整えると、摂取した栄養をきちんと消化(分解)・吸収できる
ようになり、余分なものは速やかな排泄が促され、内臓のストレスを減らすこと
ができます。

(同時に腸内の善玉菌を増やす乳酸菌やビフィズス菌を摂るようにすると、
より効果的です。腸内細菌のバランスをよくすることで消化吸収が効率よく
行われて、血液の質が良くなり、その血液を全身にめぐらせる血流をコント
ロールする自律神経を整えていきます)。

ストレス度が高く、鍼灸治療の効果が持続しない方には

『自分でできる自律神経コントロール法』

もご紹介いたします。
是非そちらも毎日の生活の中に取り入れていただきたいと思います。

 

自律神経調整の鍼は大変「浅い」鍼です。
深く刺さないのでほとんど痛みは感じません。

但し、訴える症状の原因が診察の結果、身体の深部にある筋の過緊張
により痛みやシビレを誘発しているような時は、目的の部位に達する
刺鍼を行なった方が即効性がある場合もあります。
(例えば、小殿筋や大腰筋など)

このような時はしっかりとした解剖学の知識に基づき、強い刺激感覚を
与えないよう十分に注意を払いながら、治療をおこなってまいります。

お灸も自律神経を整える大変効果のある治療法です。

当院ですえるお灸は米粒の半分くらいの大きさで、ほとんどの場合「灸点紙」
を用いたり、「紫雲膏」を下に敷いておこなったり、燃えつきるタイミングを
見計らってつまみ消すので、身体に跡は残りません。

もし小さいかさぶた的な跡がついたとしても、一時的で、治療が終了し
お灸をしなくなれば、綺麗になくなるのでご心配はいりません。

 

潤天堂のめざす自律神経調整の基本は

『自律神経→交感神経と副交感神経の両方を高いレベルに機能させること』

です。

これはよい意味でのアンチエイジングにもつながり、避けられぬ老化の進行を
ゆっくりにさせる期待ができるものでもあります。

鍼灸治療を継続していると基礎代謝が上がり、免疫力の向上も期待できます。
実際、長く健康管理で受診されている高齢の方で、基礎体温が若い頃より高く
なり、長年ひきやすかった風邪もほとんどひかなくなっている方もいらっしゃ
います。

鍼灸は本来、


「病気を治すためのもの」


というよりは


「(免疫力を高めて)病気にならない身体をつくる」

ことが主な目的でした。

が、近年の医学の急速な進歩や保険制度の導入などにより、
多くの場合、まず具合が悪くなると病院へ行き、そこであまり改善が見られ
ないと、藁をも掴む思いで鍼灸やマッサージ、整体などを受診するパターン
が多く見受けられるようになりました。

病気には、
重篤なものにつながる隠れた病も見つかることも多いので、
現代医学の診察をきちんと受けておくことは非常に大事なことです。

私達鍼灸師も現代医学をきちんと学び、常に新しい情報を収集し、
頼ってきてくださった方々すべてに、よい治療と情報提供ができるように
していかなければなりません。

 

鍼灸治療を受けてみようと思われた方にひとつお願いです。

治療を受ける前日はできるだけ夜更かしせず早めの就寝を心掛けてください


※様々なつらい症状のため眠れなかったというものは仕方ありません

なぜかと言うと


寝不足だと副交感神経の機能が上がりにくい』

というデータがあるからです。

せっかく受ける治療ですから、より効果を引き出しやすい体内環境を準備して
受けていただきたく思います。

鍼灸治療はマユツバのものではありません。
「経絡」や「脈」など、古典を基にした東洋医学独特と言われるような
診察方法や治療方法も、近いうちに科学的な根拠としても解明され、
「安心・納得」の上でより多くの方々に受け入れ易くなる時はそう遠くないと
思います。

                      
                     トップへ