自信を取り戻す


心の扉を開いて心で感じてみてください
変わるだれが変わる私が変わる


自信を失っている時は、もう一度今までの自分自信を取り戻すために、
具体的に考えて見ませんか?


なぜ自信を取り戻したいと思っていますか?
         

それは今あなたが自信を失っているからです。
あたり前の事だと思いますが、心が動揺するとそのあたり前の事に気づかず
身のまわりが見えなくなるからです。心を落ち着いて考えて下さい。

なぜ自信を失いましたか?
  


自信を失ったキッカケ、原因はなにか明確にしてください。

よくなる時も悪くなる時も必ずキッカケ、原因があります。
・好きな人に嫌われた      ・人前で恥ずかしい思いをした
・友人に嫌われた         ・仕事で失敗した
・出来ると思ったことが出来なかった  ・まわりの人が自分の気持をわかってくれない
・勝負に負けた           ・誰かに裏切られた
・誰かに怒られた


  自信を失った経験がありましたらその時のキッカケを教えてください。


自信がある時は
        

・勝負に負けることもある     ・誰かに嫌われることもある
・仕事で失敗することもある   ・自分の気持ちがまわりにうまく伝わらないこともある
・人に勘違いされることもある  ・人前で恥ずかしい思いをすることもある
・断られることもある        ・イメージ通りにいかないこともある
・間違うこともある          ・うそをつくこともある

同じ経験、体験をしても自信がある時と自信を失っている時では、感じ方が違います。
悩んでいても何も変わりません。自信を取り戻したいと思うなら悩むのではなく考えることです。

過去は変わりません
         

変えることができない事はガンバッテも、悩んでも変わりません。
これから先のことを考えて見ませんか?
天気と同じで晴れの日もあれば、曇りの日、雨の日、台風の日、雪の日
同じ雪でも吹雪になる日もあります。
人間生きていれば楽しいこと、悲しいこと、苦しいこと、嫌なこと、辛いことを経験します。
別にあなただけではありません。
生まれてから死ぬまで苦しいことや辛いことを、一度も経験しないで、いつもあなたが
中心で思い通りに一生を送ることはできません。

自信を取り戻すには


次に同じ失敗間違いをしないように心がけ、前へ進んで行く事です。
ショックを受けた時は少し休むことも大切です。
但し心の整理がついたらまた前へ進むことです。
立ち止まって休むのは普通2〜3日、長くても2〜3ヶ月程度です。
あまり長く立ち止まっていると前へ進むことができないと思い込むからです。

自信をつけてまた歩み始めるには
  

自信というのは自分自身を信じることです。
まわりの人は関係ありません。自分が感じることです。
自信をつけてくれるのは、他人ではなく自分自身でやらなければ本当の自信は付きません。
自信がついたかどうかは、まわりの人が決めるのではなく自分で感じることです。
自分自身とは生まれてから死ぬまでだれよりも一番長く常に一緒にいるはずです。
まわりの人ではなくあなたが自分自身を信じてあげなければ誰が信じてくれますか?
前へ進まなければ解決しないことは、あなたが一番分かっているはずです。
心の整理が付いたら少しずつ前へ進んでみてはどうですか
自信がない時は、心が臆病になり何でもないことにビクビクして、過剰な反応をするものです。
ちょうど子供が夜になるとお化けが出ると思い、一人でトイレに行けなくなるのと同じことです。
そう思い込んでいるだけでトイレにはお化けなどはいません。

 自信を失わない為に
          

何でも自分のイメージ通りになるとは思わないでことです。
ジャンケンをしても勝つ時もあれば負ける時もあります。
甘いものが嫌いな人は、いくら美味しいケーキがあっても食べることはないでしょう。
美味しいワインをもらってもお酒を飲まない人は、飲むことはないでしょう。
犬の嫌いな人は、かわいい仔犬でも嫌いなはずです。
みんな顔や性格、好きな物、趣味が違うように、いろいろな考え方、性格、感じ方があります。
負けたら次に勝てるようにすることです。失敗したらこの次失敗しないようにすることです。
嫌われたら嫌われないように悪い点があったら直すべきです。
しかし、あなたにも好き嫌いがあるようにすべての人に好かれるのは無理なことです。


 行動を起す
         

心の整理が付いたらまた行動を起すことです。
誰でも間違いや失敗をすることはあります。人に好かれることもあれば、嫌われることもあります。
楽しいこともあれば、苦しいこと、嫌なこともあります。
前へ進んでいくということは、このようなことの繰り返しです。
ショックを受け疲れたら立ち止まり休むことも大事なことです。
しかし心の整理が付いたらまた行動を起すことです。

気を付けなければいけないことは、嫌なこと、大変なこと、辛いことは誰でもやりたくありません。
みんな嫌だけれどがんばっているのです。
前へ進みたくないための言い訳に何かの出来事をいつまでも理由にしないことです。
そのようなことを言い続けても困るのは自分自身です。
苦しい思いをするのも自分自身です。
悩んでいるとどんどん心が臆病になり内にこもりまわりのことを気にする様になります。
悩むのではなく考えて行動を起すことです。   

自信を取り戻したと感じる時 
           

行動を起し、前へ進み今までの気持がだんだん小さくなって来ることを感じることが出来たら、 自信を取り戻すことができます。
なぜなら、今まで落ち込み、悩んでいたことが失敗ではなく、大変だけれど良い経験をしたと 思えるからです。心の整理がついたら、行動を起してください。

 
心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

ウイリアム・ジェームズ(アメリカの心理学者・哲学者)
           
変わるだれが変わる私が変わる

ご意見・ご要望がございましたらお気軽にお寄せください。












TOP
スラムダンク名言
スラムダンク登場人物
スラムダンク皆様が選んだ名言
スラムダンク皆様が選んだ名言ランキング発表

ワンピース名言
ワンピース皆様が選んだ名言
ワンピース登場人物ベスト3

NANA-ナナ名言

夢をかなえるゾウ名言
夢をかなえるゾウ皆様から寄せられたご意見
夢をかなえるゾウ 2 ガネーシャと貧乏神名言

スポーツ選手名言1
スポーツ選手名言2
スポーツ選手皆様が選んだ名言
WBC 日本代表候補選手の言葉

東日本大震災 スポーツ選手応援メッセージ

芸能人の言葉 1
芸能人の言葉 2

本音で語るひとり言
心のさけび
皆様から寄せられたさけび

怒り・怒りの川柳
自信を取り戻す

今日の言葉
ことばシリーズ
心に残る名言

辞世の句
皆様が選んだ辞世の句

社訓
社長の言葉
政治家の言葉
小説家・詩人の言葉
学者の言葉
世界の格言 1
世界の格言 2
世界の格言 3
日本のことわざ1 2
世界のことわざ