これは月夜野ファームさんから教えていただいたそのままのコピーです。
月夜野ファームさんのURLはこのPageの文末に掲載してあります。

コオロギの飼育法
 コオロギにとって日本は比較的過ごしやすい土地ですが、真夏や真冬、
そして地域によっては適切な生育環境を整えてやらなければなりません。
コオロギの健康を保つ生育環境を整えるには温度・湿度・水分・栄養・清潔・
隠れ家の6つが重要なポイントになります。

【温度】
 月夜野ファームがお届けするコオロギたちは摂氏25度〜30度の範囲で活発
に生育します。一般のご家庭でこの温度範囲を保つには注意が必要です。
とくに、真夏に冷房無しで閉め切った室内の温度は40度を越えることもあるの
で気をつけましょう。
また、コオロギは明るい光を好みません。
日陰の通気性の良いところで飼いましょう。

【湿度】
 コオロギは多湿を好みます。私達の経験では、湿度50%を下回ると乾燥が過
ぎて健康を損ねてしまいます。しかし、あまり湿度が高くなりすぎると有害細菌
やカビ、ダニの繁殖の原因となるので気をつけましょう。
完全に密封した容器での飼育はよくありません。

【水分】
 コオロギも人間と同じように水分が必要です。しかし、水をそのまま与えるこ
とは避けてください。
とくに幼く小さいコオロギでは水に浸って溺れて死んでしまいます。 
水分を与える際には、スポンジやミズゴケに水を含ませたものを飼育容器の
中に入れてやるなど、直接に水でコオロギが溺れてしまうことの無いように気
をつけましょう。

【栄養】
 餌が不足するとコオロギたちは共食いを始めてしまいます。
また、栄養が偏ると体に艶が無くなったり、病気に罹りやすくなります。
野菜はコオロギたちの大好物ですが,与えるときには細心の注意が必要
です。というのも,最近の野菜はそのほとんどが農薬の影響を受けていて,
人間には無害かもしれませんがコオロギたちには致命的なダメージを与える
ことがとても多いのです。
私達は理想的な栄養配分でご家庭でのコオロギ飼育に適した特製配合飼料
「プレミアグロー」のご使用をおすすめします。

【清潔】
 コオロギたちは清潔を好みます。餌の食べ残し、排泄物、脱皮殻などを丁寧
に除去し、水を含ませたスポンジやミズゴケの水質にも気をつけてください。
不潔な環境で育ったコオロギは望ましくない雑菌やカビ、ダニ、寄生虫などに
汚染されることが多く、そのような汚染されたコオロギは、コオロギを食べる
ペットにも悪影響を与えてしまいます。
コオロギの好む温度湿度は、雑菌やカビ、ダニにとっても快適です。
飼育容器内をこまめに掃除して、カビやダニなどの繁殖を抑えましょう。

【隠れ家】
 コオロギたちは薄暗い隠れ家が大好きです。また、隠れ家を用意することで
小さな飼育容器でも立体的に広く活用することができます。
私達月夜野ファームでは,コオロギたちと特製の隠れ家を一緒に梱包して
お客様のお手元に発送しております。
この隠れ家をそのまま飼育容器の中でも使い続けていただくのが一番です
が,自作する場合にはアコーディオン状に折り曲げたボール紙などが手軽
でしょう。
隠れ家の材質は何でも良いのですが、あまり重いものはいけません。
掃除などのときにコオロギを押しつぶしてしまう事があります。
また、プラスチックや印刷物の場合には含有成分やインクがコオロギたちに
とっては有害な場合がありますので注意しましょう。

……………………‥‥‥・・・・・
★月夜野ファーム★
E-mail  tsukiyono-farm@office.email.ne.jp
URL   http://www.tsukiyono-farm.com/

冷凍ピンクマウス,活ハーブコオロギ等の通信販売



Home