小さな化石の標本室
整理番号S−6
学名
シェドハリシテス・キタカミエンシス
Schedohalysites kitakamiensis
時代 シルル紀ラドロウ世
産地 高知県高岡郡越知町横倉山
大きさ 12cm


1973年3月13日採取。種名が示すように本来北上地方のシルル紀に 特徴的とされた種であるが、その後、西南日本外帯各地のG3石灰岩 中に普遍的に分布している。日本のシルル紀化石の代表的存在。