小さな化石の標本室
整理番号Q−14
学名
マダラトビエイの一種
Aetobatis sp.
時代 新生代第四紀完新世
産地 愛知県知多市古見南四区
大きさ 7cm


個々の歯が分離して産する。貝類などをすりつぶして食べていた。