小さな化石の標本室
整理番号Q−2
学名
ナウマンゾウ
Palaeoloxodon naumanni
時代 新生代第四紀更新世
産地 岡山県倉敷市下津井沖
大きさ 16cm


日本の化石ゾウの中で生息年代が一番新しく、化石も一番多く見つかっている。