小さな化石の標本室
整理番号Q−5
学名
ヤズモガニ
Pugettia incisa
時代 新生代第四紀完新世
産地 愛知県知多市古見南四区
大きさ 2.2cm


眼後棘と肝棘とが一体となりヤハズ(矢筈)状を 呈していることによりこの名前がある。