親守詩(おやもりうた)長崎県大会 本文へジャンプ

子から親へ 親から子へ 思いを伝える詩のコンクール



親守詩とは,子が五・七・五で,親が七・七で,“感謝”と“親心”を表すキャッチボール短歌です。


第5回親守詩大会 2017年 11月25日(土)13:00〜15:30



2016年 第4回 親守詩長崎県大会 受賞作品


<連歌の部大賞>

げんかんで いつも見送る おかあさん
声でわかるよ あなたの元気

<定型句の部大賞>

元気ですか 空から見守る 父思う 



2015年 第3回 親守詩長崎県大会 受賞作品


<連歌の部大賞>

おかあさん だいすきだから ゆるしてよ

しかるばめんで 笑みがこみあげ

 

<定型句の部大賞>

ママの笑顔 見ると元気が わいてくる 


2014年 第2回 親守詩長崎県大会 受賞作品


<連歌の部大賞>

まっしろの ユニホームきて かんしゃです

あせもなみだも あらいながしたよ (長崎市 小学生女子)

 

<定型句の部大賞>

お父さんの 仕事に行く背 男らしい (諫早市 小学生女子)

 第2回 親守詩長崎県大会 御礼新聞

2013年 第1回 親守詩長崎県大会 受賞作品


<連歌の部大賞>

ただいまと 両手の買い物 白い息

もりもり食べる 笑顔が大好き (長崎市 小学生女子)

 

<定型句の部大賞>

まっててね ぼくがお母さん 守るから (長崎市 小学生男子)








<第5回 親守詩コンクール作品募集>
@募集対象  長崎県内の幼児・小学生・中学生・一般(高校生を含む)
         ※応募点数に限りはありません。

A募集期間  2017年 月29(金) 当日消印有効

B応募方法   学校一括または個人で,FAX・郵送・メールのいずれか。
 
 【応募先】  〒859-3605 東彼杵郡川棚町百津郷386-11-303

                 親守詩コンクール事務局 松原貴大宛


C応募条件 応募作品は,五・七・五で子どもが作った「定型詩部門」,子どもが作った上の句に
        親が下の句を付けた親子の詩(五・七・五・七・七)の「連歌部門」とします。
        長崎県在住の方であれば,年齢にかかわらず応募いただけます。
        応募作品はご本人が創作された未発表のものに限ります。
        作品の発表や出版に関する著作権は親守詩コンクール事務局に帰属するものとし,
        事前の承諾無く作品及び作者名を展示発表会やホームページ,
        その他の媒体で使用する場合があります。

D参加賞  ありません。昨年は約1400作品が集まり,80の賞が授与されました。
        受賞された場合,各学校を通じて児童へ連絡します。




【 表彰式 】  2017年 11月25日(土)13:00〜15:30


【 会 場 】  長崎県歯科医師会館  〒852-8104 長崎市茂里町3-19









作品応募は,こちらからも可能です。



FAXで応募する際は,こちらをプリントアウトしてください。
親守詩応募用紙


親守詩のご案内のチラシです。
親守詩案内チラシ


主催TOSS長崎 

【後援】長崎県 長崎市 佐世保市 諫早市 大村市 島原市 平戸市 松浦市 壱岐市 対馬市 西海市 

    佐々町 長与町 長崎市教育委員会 佐世保市教育委員会 諫早市教育委員会 大村市教育委員会 

    島原市教育委員会 平戸市教育委員会 松浦市教育委員会 五島市教育委員会 対馬市教育委員会 

    雲仙市教育委員会 南島原市教育委員会 西海市教育委員会 佐々町教育委員会
    上五島町教育委
員会 小値賀町教育委員会 波佐見町教育委員会 川棚町教育委員会
    
彼杵町教育委員会 長崎
PTA連合会  長崎県議会 長崎市議会 佐世保市議会 諫早市議会
    
大村市議会 長崎県社会
祉協議会 長崎市社会福祉協議会 佐世保市社会福祉協議会
    諫早市社会福祉協議会 大村市社会
福祉協議会 NHK NBC長崎放送 KTN NIB
    NCC文化放送 長崎ケーブルメディア
 長崎新聞 読売新聞西部本社 西日本新聞 朝日新聞社
    長崎県医師会 長崎市医師会 長崎県歯
科医師会 長崎市歯科医師会 長崎青年会議所 長崎市保育会
    長崎県保育協会