Jasta 4指揮官 エルンスト・ウーデット少尉機。
撃墜スコア62機。ドイツ空軍エース第2位。機体の"LO !"は、婚約者エレオノア・ツィンクの愛称であります。第一次大戦後のウーデットは、曲芸飛行士となりましたが、1935年 第三帝国に空軍が発足すると、空軍省への参加を請われ、大将まで昇進しました。

キットは、ウクライナのローデン社1/72。
パーツの合わせが今ひとつで、下翼と胴体は全く合わず、パテで大手術。派手な塗装ですが、地上の友軍からの誤認を防ぐ為だったそうです。兵器とは言え、レーダーも無線機もない複葉機ですが、当時のパイロット達にはロマンを感じさせます。
ローベルト・リッター・フォン・グライムに戻る
ニューポール16Cに戻る