高円寺式カフェ。
七つ森。有名店。

もう、高円寺名物の一つとしてあまりに有名な 喫茶[七つ森(ななつもり)]。知らない高円寺 初心者のアナタに、このカフェのココチヨサを伝えませう。国分寺の[ほんやら洞]と[七つ森]だけは押さえないと、中央線は語れない。らしい。すよ。



店名、店ガマエ、メニュー、価格、雰囲気・・・ すべてが[高円寺です。よろしく。ゆるくネ。]と言っているような店。それが、七つ森。



店名[七つ森]は、宮澤賢治が好きな土地の名前 らしーんですが、詳しいコトはわかりません。森ってヤバいよね?村上春樹も森が好きでしょ? 森ってヤバい。首相もヤバい。そんな店。これは、メニューの表紙。なんだか、70年代的な匂いを80年代テクニックで描いて、90年代レイアウトして、結果0年代的なカンジの表紙。版下でMac。

んで、メニューをみてびっくり。すべての商品の 価格は、505円・285円・855円・・・と 1ケタが5円です。30年ほどずっとこれです。 消費税導入前も、バブル期もずっと・・・。

んで、おススメメニューにして、[東京のうまいカレー]にも掲載されるのが、この店の定番[野菜カレー]。ウマ過ぎて、無口になります。 ダイコン、入ってる。冬のうちに食すべし。でも、家帰ってカレーに、ダイコン入れてもムダ。秘伝。

冬が似合う。絶対に冬が似合う喫茶店ですよ。山崎ハコも似合うし、くるりも似合う。70年代も似合うし、00年代も似合う。 オヤジも似合うし、ヤングも似合う。[喫茶店]も似合うし、[カフェ]も似合う。男も似合うし、女も似合う。ロックも似合うし、歌謡曲も似合う。 漫画読むのにいいし、ブンガク読むのにもいい。新聞もいい。洋書もいい。
そんな店。
おススメを超越した、おススメ。すでに、メジャーです。