目次

『実録やくざ抗争史 LB熊本刑務所 刑務所前バス停』 '02 ジーピー・ミュージアム

監督:田代まさし
脚本:大学中庸
出演:武蔵拳・嘉門洋子・本宮泰風・比企理恵・神保美喜・松田ケイジ・山本集・十勝花子


 あのマーシー、監督作品。はっきり言って、演出は甘いし、別段面白い映像がある訳でもない。素人にしては、まあまあ撮れている、くらいの作品だ。しかし、それを差し引いても、十二分に楽しめるだけの、素晴らしき脚本と圧倒的な俳優達の存在感が、この作品を最高の域にまで押し上げている。名作だ。

 主演の二人は掛け値なしに、格好良い。武蔵拳の無骨さ、不器用さ、強さ、弱さ。どこをどう切り取ってもヤクザであり、それは勿論、現実世界に沢山いるのであろう経済的な力で世を渡る現代ヤクザではなく、銀幕の中に住むヤクザである。若しくは、戦後間もない頃、その侠気だけで渡世を張った伝説の博徒達であろうか。文句の付け用がない。
 そして、嘉門洋子。このところ映画界、Vシネマ界に於いて、存在をアピールしている彼女は、この作品によって絶対に欠かせない存在にまで登り詰めたと言っても構わないだろう。女の持つ強さ、悲哀、艶やかさ、愛する心、世を恨む心、それら全てを生々しく演じきっている。ここに一切の迷いは感じられない。観ているこちらは、彼女に平伏すしかなかった。

 物語そのものは、有り触れたものなのかも知れないが、だからと言って、軽んじる事はない。寧ろ、この様な有り触れた物語こそを観る者は求めている訳であり、その期待にどう応えるか、という事が重要なのである。その点で、この作品はこちらの欲望を完全に満たしてくれた。ヤクザの殺し合いと、男女の物語、そして、人情。
 更に、この脚本の素晴らしいところは、有り触れた物語の中で、しっかりと裏切りを見せるところである。その裏切りにえも言われぬ快感を覚え、頬を涙が伝う。完璧だ。

 解り易く、格好良く、どんでん返しもある。これだけの要素が詰まっていれば、十分すぎる程だ。単純である事がまるでいけない事であるかの様な現在の映画界。この作品以上に面白い映画は一体どれだけあるのだろう。
 内容には殆ど触れていないが、兎に角面白い作品だ。傑作だ。

 この作品を観た時程、日本の警察組織の偉大さを感じた事はない。よくぞこの日本の治安を守ってくれた。どんなちっぽけな条例違反も、どんな卑しい軽犯罪も許さない、正義の結社を本当に尊敬する。だって、マーシーが盗撮で警察組織に咎められたからこそ、こんな素晴らしい作品が出来上がったのだから。もし、日本の警察組織がマーシーの犯罪を見逃す様なボンクラ集団だったら、マーシーはいつまで経っても小ネタを仕込んでダジャレを言ったり、似顔絵を描いたりして悠々と暮らし、こんな名作が世に落とされる事がなかったのだろうから。嗚呼、素晴らしき警察組織。