目次

『実録外伝 ゾンビ極道』 '01 徳間ジャパンコミュニケーションズ

監督:佐々木浩久
脚本:佐々木浩久・田口洋
出演:小沢仁志・江原修・新藤栄作・木村栄・増田未亜・平沙織・小沢和義・室田日出男


 昭和に活躍した石川力夫風の武闘派ヤクザ(小沢仁志)の屍に、現代のヘナチョコ鉄砲玉(こちらも小沢仁志)の魂が乗り移り、ゾンビとなって復活。自らを騙し、死へと落とし込めたヤクザ達に復讐をする、という解り易いモンドムービー。余りにも佐々木浩久的なパロディセンスが全編に渡って繰り広げられる。

 そういう作品だから、どうせ実録でも何でもないんだろう、と思ったら大間違い。結構な具合に“実録”的雰囲気が出まくっている。まず、解り易いところから行くと、物語に対して重要な人物が最初に登場した時、その人物の肩書きと名前がテロップで入る。勿論、その人物が死ぬ時も同様に入る。『仁義なき戦い』方式だ。実録である。
 そして、物語についても実録だ。冒頭でも述べた様に、小沢仁志演じる武闘派ヤクザのストーリーは、深作欣次の『仁義の墓場』では渡哲也が、三池崇史の『新・仁義の墓場』では岸谷五朗が演じた、実在するヤクザ石川力夫のストーリーそのものである。そして、現代のヘナチョコ鉄砲玉が命を殺る場所が温泉というのは『頂上決戦』のあれだし、その命をとってからの展開は、『完結篇』の天政会みたいだし、で、兎に角、そこら辺に“実録”的な要素が転がっている。まぁ、でも、その全てがパロディになっていんだけど。

 完全なパロディを単なる際物に終わらせないところが、佐々木浩久の仕事の素晴らしさであり、この作品についてもそれは言える事だ。それぞれの登場人物のキャラクターを極限までディレクションし、尚且つ綺麗にまとめあげている。
 狂気の新藤栄作、聾唖の増田未亜、ヤリマンの平沙織、そしてゾンビの小沢仁志。どれもこれも、非現実的すぎるキャラクターで、それらが一同に介すると一気に全てが崩壊しそうなものだが、しっかりとギリギリのバランスを保っている。そして、いつしかそれらのキャラクターがまるで自然であるかの様な錯覚に陥るのだ。
 特に、小沢仁志のゾンビは異常。完全にオーバーディレクション、遊び過ぎやり過ぎの演技であるが、何故だか「うまい」と思えてくる。コキコキした首の動きはゾンビ以外の何物でもない。SFXを駆使したゾンビ以上にゾンビだった。間違いない、あれは本物のゾンビだった。
 そして、増田未亜の美しさ。際物の中の女優の美しさを追究する佐々木浩久の真骨頂である。『発狂する唇』の三輪ひとみと同じくらい、『血を吸う宇宙』の中村愛美以上の美しさ。増田未亜を観るだけでもこの作品を十分に楽しむ事が出来る。

 佐々木浩久の馬鹿馬鹿しさと、役者の凄さが上手くハマった作品。もっとしっちゃかめっちゃかしていても良いかも、と思わないでもないが、まぁこれくらいが多分丁度いいのだと思う。壊れない程度のバランスが良いのだ。