カラーパレット216色 Win・MAC共通色


 ホームページなどで色を使う場合、ブラウザの環境によっては意図した色とは違う色に見える場合があるようです。

 これは、OSの環境(WindowsとかMacintosh)、ブラウザの環境(Netscape CommunicatorとかInternet Explore)で色を再現するためのシステムパレット(色のパレット)に違いがあるためにそのようなことが起こるようです。

 ブラウザは、色の環境としてそのシステム(OS)の色のパレットを使用するようなので、WinとMacで共通に再現できる色を使用すれば、色が違うということが防げるようです。

 HTMLの書籍などにもこのことが書かれていて、その色見本が載っていたりするのですが、印刷された色と、実際にディスプレーで再現される色がずいぶん違うようなので、HTMLファイルで作ってみました。

 実際に、ディスプレーで発色が確認できるので便利です。

 下のリンク部分をクリックすると、別ウィンドウで、共通色の126色のパレットファイルが開きます。
 ファイル>保存の操作などで、ローカル環境にダウンロードされてもかまいません。


Win・MAC共通216色カラーパレット見本色

 ファイルの大きさは16KBです。
 別ウィンドウが開きますので、閲覧後閉じて下さい。