1959年 大分県別府市の観世流能楽師の家に生まれる

1962年 父の舞台に子役として上げられそうになるが
6歳上の兄と違って生来のやる気のなさに父断念する

1963年 ハイヒールとダイヤモンドのお絵かきに興じていた時
たまたま兄が描いた馬の絵に感動を覚え、馬の絵ばかり描くようになる

1964年 馬の絵を描く幼児が珍しかったのか、
大人達が描いてみせろとせがむので
調子にのって尻っぽからやひづめから描いてみせたりして
パフォーマンスを大いに楽しむ

1965年 小学校入学
写実主義を真剣に考える。
写真のような絵を描こうとするが、所詮お子様芸に終わる

1971年 中学校入学
友人に誘われてバスケ部に入るが、
部員減らしの基礎練習三昧に3ヶ月で退部
やっぱり絵しかないと思い美術部に入部。
しかし描きあげた絵は一枚もなし

1974年 高校入学
それまでの私を見ていた母が「やっぱり絵しかない」と思い
美大付属校への入学を勧める
※高校時代の話は、講談社刊「終わるハードじゃねえ」に収録されている
「エデンで会おう」にほぼ集約
1977年 大学受験失敗
浪人生活を送るが、なかば強制的になるとなぜかやる気をなくす
性分のため絵に対して急激に熱が冷める

1978年 止むなく就職
―――がフリーターの方がやはり向いていることを知り3ヶ月で退社
以後アルバイトを転々とする

1979年 そんな私を見兼ねた母が何か「手に職を」と
服飾の専門学校へ通うことを勧める

1980年 服を作ることが意外と面白かったらしく、
勢いで師範免状も取ってしまう
調子にのって装苑賞に出品しようかと目論むが、資金繰りに苦労する

1982年 そのときたまたま友人が置いて(捨てて)いった雑誌に
「新人漫画賞公募」の記事を発見
賞金100万円に釣られてとりあえず見様見真似で描いた作品を
ダメもとで投稿
100万円の10分の1の10万円(佳作)をもらって
デビューが決まる
しかし投稿作が枚数や原稿サイズ等、
規定外のことだらけだったため印刷できず
速攻掲載できる原稿を1本依頼されいきなり〆切に追われる

服飾学校卒業と同時に別冊少コミックでデビュー

無事デビューしたものの、私自身にはなんの承諾もなしにガンガン、
スケジュールをいれていく別コミの当時の担当にさすがに閉口し、
せめてこちらの都合ぐらい聞いてくれないかと訴えたところ、
皆喉から手がでるほどページを欲しがっているんだ、
甘い事言ってる場合じゃないだろと言われてしまい、
この世界はどうやらそういうものらしいと認識する。

―――が、この頃父の具合が最悪になり、
母が看病疲れで入院する事態が発生、
病人続出でとても漫画なんて描いてられませんと編集部に電話したところ、
あまり深刻に受け止めてもらえなかったらしく、
プロの漫画家としてデビューしたのだから一度受けた仕事はやるべきといわれ
(注:受けたつもりはないが、いつのまにかやる事になっていた)
それがプロというものなのか?・・・と、不承不承認識する。

―――が、父急死。(静脈瘤破裂による窒息死)
さすがに担当も驚き、原稿の差し替えを提案してくれたが、
すでに父は死んで、私的にはもう何もするべき事がなく、
こうなったらやりかけた仕事ですので・・・と結局仕事を続行する事を決意する。

―――が、祖母が急死。(蜘蛛膜下出血)
父方の祖母だったため、父の死がかなり痛手だったらしく
これにはさすがに私もショックをうけ仕事を受けた事を後悔する。
結局母の入院から始まり、3ヶ月間に渡り病院→葬儀場をピンポンしながら
原稿を描くような事態となり、冗談のようだが喪服を着たまま下絵を入れる、
通夜の合間にペン入れをするという、半ばコントのような日々が続く。
これがプロなのか・・・といい加減うんざりしつつもプロを認識する。

―――が、雑誌に掲載された作品に誤植発見。
担当に問い合わせたところ、

人間だから仕方ない、僕はきみのほかにも20人も作家を抱えているんだから。
と言われ人生で初めてキレるという事を経験する。

プロの漫画家になるためにはプロの編集者と仕事がしたいと、
当時の編集長に言ったところ「生意気だ」(半分ごもっとも)と、一喝されたので
なんとなく面倒くさくなって漫画家を辞める事を決意する。


1983年 82年の後遺症からか何もする気が起こらなくなっており
再就職もままならぬ状態が続く。

何気に生活という現実がのしかかってきて、どうしたものかと思っていたところ、
デビュー当時世話になった担当者から電話があり、
再度漫画家になる事を勧められる。

考えさせて欲しいと言って、人生で初めてこれほど考えた事ないというくらい
自分の今後を考える。(この間約2日)

―――が、別コミを辞める際に、当時の別コミの編集長から雑誌社なんか
どこも同じと言われてしまったその言葉が妙にひっかかっており、
それならば本当にそうなのかどうか確かめてみようと、以後雑誌を転々とする。

結局、漫画家になる事を決意する。
その担当者から、せっかくデビューできたのに、もったいないと言われたのが
最終的な決め手となった。


1984年 原稿料欲しさにいくらでも描くと思われたらしく、
いきなり月刊(ピンクなキミにブルーなボク)と
週刊(同じくらい愛)の連載が決まる
九州在住でアシスタントもなくひとりでこなすには困難を極めるため
先行して月刊1回分週刊6回分(約200ページ)を
まとめ描きすることを決心
とりあえず下絵まで入れた原稿を持って上京、
小学館付近のホテルにてペン入れ開始
この間20日、2日に一度アシスタントが入って仕上げていくという
態勢で着々と完成していく
これならいくらでも描けそうと思った矢先、
180ページ目でジンマシンがでる
いくらでも描けそうにないことを知る
2日程休みをもらい結局22日で終了。
九州へもどって残りの回数を仕上げる

1985年 前年のことをふまえた上で
新連載(ボーイフレンド小学館/講談社刊)に向けて上京を覚悟する

―――以降、諸々を経て現在に至る


長々と読んでいただきお疲れ様でした。で、わかった事ですが、
私的には編集部はそれぞれ微妙ではありますが、違っているように思われます。
大きなところで売上重視は変わらないですが、編集部、または編集者には
個々の性格があり、また作家との相性もあるので、これから漫画家になろうと
している方はある程度の基礎体力がついたらいろんな雑誌で描いてみるのも
いい経験なのではと思います。